メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    ニコチン中毒

    1:
    【AFP=時事】たばこのフィルターの周りに空いた穴から空気を吸い込み、煙を薄めるとされてきたいわゆる「軽いたばこ」が、実はここ数十年で肺腺がんが増加している要因になっていたと、米大学の研究グループが22日付の医学誌に掲載した論文で明らかにした。


    肺腺がんは最も一般的な肺がんの一つで、多くの場合、肺の奥の方で発生する。過去50年の喫煙者減少に伴い、他の種類の肺がんの発症数は減っているが、肺腺がんの発症数は増加している。


    英医学誌「ジャーナル・オブ・ザ・ナショナル・キャンサー・インスティテュート(JNCI)」に掲載された論文の中で研究グループは、たばこのフィルターに穴を空けることで「喫煙者がより多くの煙を吸い込み、その中には高いレベルの発がん性物質や突然変異誘発物質、他の有毒物質が含まれている」と指摘。肺腺がん患者の増加の原因として挙げている。


    論文の筆頭著者、オハイオ州立大学総合がんセンター(The Ohio State University Comprehensive Cancer Center)のピーター・シールズ(Peter Shields)副センター長は「フィルターの穴でたばこの燃え方が変わり、より多くの発がん性物質を生み出す。そして肺腺がんが多く発生する肺の奥の方まで煙が到達する」と述べている。


    シールズ氏は「われわれのデータは、(フィルターに)穴が開いたたばこと、過去20年に見られた肺腺がんの発症数増加の明確な関連性を示唆している」と明らかにしている。その上で「特に懸念しているのは、現在吸われている事実上すべてのたばこに穴が開いていることだ」と指摘。米規制当局に対し、こうしたたばこを禁止するよう求めた。


    たばこメーカーは約50年前からフィルターに穴を開けたたばこを販売し、「軽いたばこ」「タールの量が少ない」とアピールしてきた。しかしシールズ氏は「喫煙者や公衆衛生のコミュニティーを欺き、これらのたばこはより安全だと思い込ませてきた」と批判している。


    論文では「このような(軽い)たばこは、実際はより多くの害を及ぼす」と指摘。実際には、軽いたばこが重いたばこよりも健康に良いとは限らないというこれまでの研究結果を裏付けるものとなった。【翻訳編集】 AFPBB News

    AFP=時事 5/23(火) 10:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000012-jij_afp-int

    引用元: ・【健康】“軽いたばこ”が肺腺がん増加の要因に~肺の奥まで煙が到達 [無断転載禁止]©2ch.net

     “軽いたばこ”が肺腺がん増加の要因に。 肺の奥まで煙が到達 の続きを読む

    1:
    渋谷駅、ハチ公横の囲い付きの喫煙所が撤去された結果…

    ピークタイムではないのに30人くらいタバコ吸ってるし、灰皿なくてこんな感じ。警察も通りかかっても注意しようがない。嫌がられることだからこそちゃんと隔離しないと無法地帯になっちゃうの残念だけど当たり前だよね…。

    渋谷区なんとかして
    https://twitter.com/a_kisida3/status/810446470734172160

    no title

    no title

    引用元: ・【画像】渋谷駅前の喫煙所が撤去された結果とんでもないことになるwww日本人の民度() [無断転載禁止]©2ch.net

     【画像】渋谷駅前の喫煙所が撤去された結果とんでもないことになるwww 日本人の民度… の続きを読む

    店内禁煙
    1:
    非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙を経験した場所は飲食店が41.4%で最多だったことが厚生労働省の2015年国民健康・栄養調査で分かった。防止対策を望む場所も飲食店が最も多かった。飲食店などでの受動喫煙防止対策は現在の健康増進法では努力義務にとどまる。厚労省は2020年東京五輪・パラリンピックに向け、罰則付きで義務化する新規制を検討している。


    一方、習慣的に喫煙している人の割合は18.2%で、過去最低を更新した。男性は30.1%で14年調査より2.1ポイント下がり、女性は7.9%で同0.6ポイント下がった。10年前の05年は男性が39.3%、女性が11.3%で、同省は「たばこの値上がりや健康に悪影響を与えるとの認識が広がり、減少傾向が続いている」と分析している。


    国民健康・栄養調査は15年11月、無作為抽出した全国の約5300世帯を対象に実施。効回答を得た約3500世帯を分析した。


    非喫煙者を対象に過去1カ月間に受動喫煙を経験した場所を尋ねたところ、飲食店のほか、遊技場が33.4%、職場と路上が30.9%、子供が利用する屋外の空間が11.6%。防止対策を希望する場所は飲食店が35.0%、路上が34.8%、子供が利用する屋外の空間が28.2%だった。


    厚労省の新しい規制案では、飲食店は建物内を原則禁煙とし、喫煙室の設置は認めるとしている。だが、外食産業で構成する日本フードサービス協会は「売り上げ減少につながりかねない」などとして反対している。一方、厚労省は14日、受動喫煙防止対策の推進を訴えかけるロゴマークを公表した。たばこの煙に困っている子供の顔をイメージし、長崎市のデザイナー、草野敬一さん(61)の作品。同省のホームページから自由にダウンロードできる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161205-00000007-nikkeisty-bus_all
    [日本経済新聞2016年11月15日付朝刊

    引用元: ・【社会】受動喫煙「飲食店で」最多41%、対策望む声根強く [無断転載禁止]©2ch.net

     非喫煙者が受動喫煙した場所はとの問いに「飲食店」が最多41%、対策望む声根強く の続きを読む

    日田市立日隈小学校

    1:
    大分県日田市立日隈小学校(同市日ノ隈町)の40~50代の男性教員3人が、学校敷地内全面禁煙の決まりを破り、校舎内で喫煙を繰り返していたことが、市教委への取材で分かった。 事務室で鍵を借りた上で、ふだんは施錠している校舎1階の機械室で喫煙していたという。現校長が昨年4月に赴任してすぐ気づき、やめるよう何度か注意したが、聞き入れなかったという。


    学校現場では、児童生徒の受動喫煙の防止のほか、「たばこを吸わない姿を先生が率先して見せることで子どもたちへの喫煙防止教育につながる」との観点から、分煙も認めず、学校の敷地内を全面的に禁煙とする動きが全国的に広がっている。県教委と市教委は3教員の喫煙について「問題がある行為」としており、今後くわしく事実関係を確認した上で、処分すべきかどうか検討するとしている。


    市教委や日隈小の校長によると、教員3人のうち2人は2年前から、1人は昨年から、校舎1階にある、
    貯水槽などが入る機械室で休み時間や放課後に喫煙していたという。菓子の空き缶を灰皿代わりに持ち込んでいたという。機械室のある1階には職員室や事務室があり、児童の教室は2階と3階にあるという。


    校長によると、赴任後に注意した以後も、3教員が機械室に出入りする姿を見かけて注意したが、やめなかったという。市教委は、今月4日になって報道機関から取材を受け、学校に聞き取りをして事実を把握したという。校長は朝日新聞の取材に「本人たちの自覚に任せていたが、止められず反省している」と話した。校長によると、3人は反省の言葉を口にしているという。


    県教委は2005年4月、受動喫煙の防止について定めた健康増進法に基づき、県立高校、特別支援学校の敷地内での全面禁煙を実施。市町村教委にも促し、日田市内では05年度末までに全市立小中学校で全面禁煙となった。市教委は今回の件を受け、全面禁煙を徹底するよう市内の各校に通知を出した。

    http://www.asahi.com/articles/ASJCJ3C8SJCJTPJB002.html

    引用元: ・【社会】全面禁煙の小学校で教員3人喫煙、校長の注意も無視  [無断転載禁止]©2ch.net

     全面禁煙の小学校で教員3人喫煙、校長の注意も無視 ← これで教育者www の続きを読む

    タバコ2



    1:
    <たばこ>喫煙で遺伝子変異増加…長く多く吸う人ほど蓄積 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000003-mai-soci


     ◇がん研究センターなど発表

     世界約5000人のがん患者の遺伝子データを解析し、たばこを多く、長く吸う人ほど遺伝子に突然変異が起きることが分かったとの研究成果を、国立がん研究センターや理化学研究所など日米英韓の研究チームが、4日付の米科学誌サイエンスに発表した。細胞ががん化する原因とされる遺伝子の突然変異が、たばこの化学物質によって誘発されることが明らかになった。

     チームは、17種類のがん患者5243人を対象に、たばこを吸う人と吸わない人で遺伝子に違いがあるかを解析。その結果、肺、喉頭、口腔(こうくう)、膀胱(ぼうこう)、肝臓、腎臓のがんは、喫煙者の方が遺伝子の突然変異が多かった。最も多い肺がんでは、毎日1箱(20本)を1年間吸うと150個の突然変異が蓄積すると推計された。

     詳しく調べると、肺、喉頭、肝臓のがんは、たばこの化学物質が突然変異を直接起こし、咽頭(いんとう)、口腔、食道、膀胱、腎臓のがんも、直接ではないものの喫煙が突然変異を誘発していた。通常、遺伝子の突然変異は自然に修復されるため、大量に蓄積することはない。【野田武】



    1:
    毎日たばこを1箱吸うと、1年間で、肺の細胞の遺伝子150個が、突然変異するという研究結果が発表された。国立がん研究センターなどによると、1年間、毎日たばこを1箱吸い続けると、肺の細胞の遺伝子150個に傷がつくなどの突然変異が起こるという。これらの変異は、蓄積すると、がん発症の危険性を高めるとされている。


    遺伝子の変異は、肺のほか、咽頭(いんとう)や膀胱(ぼうこう)、肝臓(かんぞう)などでも確認されたという。研究グループは、喫煙によって傷つけられる遺伝子の数が、具体的に判明したのは初めてだとしている。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00340869.html

    引用元: ・毎日たばこを1箱吸うと1年間で肺の細胞の遺伝子150個が突然変異 [無断転載禁止]©2ch.net

     毎日たばこを1箱吸うと1年間で肺の細胞の遺伝子150個が突然変異を起こし、修復されずに蓄積される の続きを読む

    このページのトップヘ