メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    ダイエット

    1:
    【海外発!Breaking News】飲尿療法を始めて6年 50kgの減量に成功した男性(英)

    世の中には様々な“健康法”が存在するが、実際にどれほど効果があるのかは人によって様々だ。このほど自分の尿を飲むという飲尿療法を6年間続けている男性が、そのおかげで体重が約50kg減量し以前よりずっと健康的になったと英紙『Mirror』や『Metro』に話している。


    自分の尿を飲む…考えただけで身震いする人も少なくないだろう。しかし英エセックス州バジルドンに住むデーブ・マーフィーさん(54歳)は、6年前に飲尿療法を始めてからというもの病気ひとつしたことがないそうだ。25歳の娘と21歳の息子の父であるデーブさんは、過去に体重が127kgもあった。米ニューヨークでPCプログラマーとして働いていた時期もあり、その頃は自分の体調管理に杜撰で「昼夜外食で、スナックといえばチョコレートを一日中食べているような生活をしていました」と語るほど、食生活は酷いものだった。


    ところがある日、友人と飲尿療法の話を冗談交じりにしたところセラピーのイベントに参加することになった。「自分の尿を飲むなんて」と乗り気でないまま参加したデーブさんだったが、とりあえずやってみようと友人と決め、2011年5月から飲尿療法を始めた。最初は試すことにも不安があった。温かい自分の尿をそのまま飲むことに気が引けたため、デーブさんは尿をコップに入れ冷蔵庫で冷たくなるまで冷やした。それでも口にすることに抵抗を感じ、数週間はグレープフルーツジュースと混ぜて飲んでいたそうだ。


    やがて体に変化を感じ、体重が減っていった。そこでデーブさんは2012年6月の30日間、思い切って飲尿のみで過ごすことにした。尿だけでは体力がつかないと思いきや、デーブさん曰く尿のおかげで血圧も通常値に戻り腸内の働きが改善され、これまで患っていた喘息もすっかり治ったという。


    現在は127kgだった体重が76kgにまで減り、一日2杯の尿とグレープフルーツ1個、週に3回は贅沢をしてチップスを食べるという生活をしている。かなりの体重が落ちたデーブさんに周りは驚きを隠せないようだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13055493/

    引用元: ・究極のダイエット&健康法見つかる!!お手軽簡単無料!!自分の小便を飲むだけ! [無断転載禁止]©2ch.net

     究極のダイエット&健康法見つかる!!お手軽簡単無料!!自分の●●を飲むだけ! の続きを読む

    1:
    http://www.news24.jp/articles/2017/03/07/06355884.html

     健康志向が強まる中、糖質を抑えた食品の人気が高まっている。その波は、外食産業でも広がり、お馴染みのる「糖質オフ」定番メニューでも糖質オフの新商品が続々と登場している。顧客取り込みに向けた各社の動きを取材した。


    ■都内にあるイタリアンレストラン「ファロ資生堂」が、11日から提供するイタリアンのコース料理。実はこのメニューにはある工夫がある。 たとえばニョッキには、じゃがいもの代わりに大豆を使うことで、糖質が抑えられるという。気になるのは、その味だが―
    記者「ニョッキだ」「マッシュポテトのようなしっとりとした食感ですね」


    メニューづくりには医師が監修。それにより、このコース料理の糖質の量はごはん1杯分の糖質よりも半分ほどに抑えられたという。こうした糖質オフの食品などの市場は年々拡大傾向に。去年の見込みは3400億円を超え、5年前と比べると4割ほども拡大している。


    ■糖質に配慮したメニューを出すお店は他にもある。 都内にある長崎ちゃんぽんのチェーン店。2015年から出している糖質を抑えたメニューには麺(めん)抜きのものがある。これにより、糖質が60%カットされるという。 都内にあるパスタ店「ジョリーパスタ扇店」で、今月から発売しているというのが現行の麺に比べて25%糖質を抑えたパスタだ。また、7日から牛丼チェーンの大手・松屋が始めたメニューが、牛焼肉定食のご飯が湯豆腐になったものだ(プラス50円)。 店側によると糖質が94パーセント抑えられるという。


    ■なぜ今、外食産業で糖質を抑えたメニューが増えているのだろうか。専門家は―
    「外食業界では今、人手不足により、人件費が上昇傾向にある。円安によって原材料価格の上昇も中長期的に見込まれる。そういった中で単純に値上げすることは難しいですが、『糖質オフです』とみなさんにアピールすることで選択肢を与えてより高い単価のメニューを選んで頂くことが可能」(野村証券・皆川さん) 外食産業でも導入が広がる糖質オフメニュー。健康志向の消費者を取り込む動きは今後も続きそうだ。

    引用元: ・【健康】ご飯の代わりに湯豆腐…外食でも導入広がる「糖質オフ」 [無断転載禁止]©2ch.net

     ご飯の代わりに湯豆腐…外食でも導入広がる「糖質オフ」 の続きを読む

    1:
    <食欲の衝動>脳内神経回路が原因 遺伝学研助教ら解明

    毎日新聞 4/20(木) 18:00配信

    食べものを見ただけでつい衝動的に食べたくなる気持ちは、目で見た情報を食欲に転換する脳内の神経回路が原因になっていることを、国立遺伝学研究所の武藤彩(あきら)助教らのグループが熱帯魚のゼブラフィッシュの稚魚を使った実験で明らかにした。


    こうした食欲の衝動は、本能なのか生後の経験なのか解明されていなかった。赤ちゃんが何でも口にくわえたがる行動や、ダイエットがなかなか成功しない理由も、こうした神経回路が原因になっている可能性がある。20日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。


    グループは、特定の神経回路が興奮すると光るようにゼブラフィッシュを遺伝子操作し、その稚魚にえさのゾウリムシを近づけたところ、興奮して光る脳内の神経回路が新たに見つかったという。


    この回路は、視覚をつかさどる部分から食欲をコントロールする部分につながっており、偽のゾウリムシを映像で見せても光った。遺伝子操作でこの神経回路を働かないようにすると、稚魚はゾウリムシに興味を示さず何も食べなくなったことから、経験ではなく神経回路が作用していることが分かったという。


    グループの川上浩一・同研究所教授は「食欲の制御や、摂食障害の治療法の開発につながる可能性がある」と話す。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000069-mai-sctch

    引用元: ・【生物】食欲の衝動、目で見た情報が原因だった ダイエット法の開発につながる可能性も?©2ch.net

     食欲の衝動、目で見た情報が原因だった ダイエット法の開発につながる可能性も? の続きを読む

    1:
    [グアダラハラ 17日 ロイター] - 世界で最も重いとされるメキシコの男性が、減量のため胆膵バイパス手術を受けた病院から近く退院することが決まり、17日に担当医師らとともにメディアの取材に応じた。この男性、フアン・ペドロ・フランコさん(33)は体重が一時595キロあった。若干の体重を落とす減量処置を受けたが健康問題解決には不十分だったため、入院して手術を受けた。


    9日に行われた手術後も経過観察のため入院していたが、回復も順調で厳しいダイエットも続けている。ただ、依然としてかなりの肥満状態で、さらに減量しないと糖尿病、心臓発作、臓器不全などのリスクがあるという。世界保健機関(WHO)によると、メキシコは肥満の割合が高く、青年期の人口の35%が肥満体。

    フアン・ペドロ・フランコさん 2017年 
    no title


    配信 2017年 05月 18日 14:06

    ロイター
    http://jp.reuters.com/article/heaviest-idJPKCN18E0E9

    引用元: ・【メキシコ】体重600キロ近かったメキシコ男性が減量手術、近く退院へ [無断転載禁止]©2ch.net

     体重600キロ近かったメキシコ男性が減量手術、近く退院へ の続きを読む

    1:
    地域の坂の傾きが約1.5度上がると、住民が中等度の糖尿病になるリスクが18%低下するとの調査結果を、東京医科歯科大などの研究チームが8日、発表した。同大の藤原武男教授(公衆衛生学)は「日常的に坂を歩くことで、運動と同じ効果が得られている可能性がある」と分析している。


    研究チームは2010年、愛知県武豊町など6市町46地域に住む65歳以上の男女計8904人の調査を実施。住んでいる地域の坂の傾斜と、糖尿病との関連を調べた。


    各地域の坂の傾斜は約1~10度で、平均は約3度。1カ月の血糖値の状態を表すHbA1cが7.5%以上である中等度の糖尿病だったのは223人だった。坂の傾きが1.48度上がると、中等度の糖尿病になる可能性は18%下がっていた。


    軽度も含めた糖尿病(HbA1cが6.5%以上)になるかどうかでは、違いがみられなかった。研究チームは「自治体が運動用の道を造る際、軽い坂のあるコースを設けるなどしてもいいのでは」と指摘している。 

    配信 (2017/05/08-17:49)

    時事ドットコム
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050801007&g=soc

    引用元: ・【研究】中度の糖尿病、軽い坂で抑制?傾斜1.5度で18%減-医科歯科大など [無断転載禁止]©2ch.net

     中度の糖尿病、軽い坂で抑制か。 傾斜1.5度で糖尿病リスク18%減 - 東京医科歯科大など の続きを読む

    このページのトップヘ