じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    オプジーボ

    1:
    日本人の2人に1人が生涯でがんになるといわれ、がんで死なないためには検診や早期発見・早期治療が大切だと多くの人が疑いもなく信じている。そんな常識に異議を唱えるのが、2月に出版された『がん検診を信じるな 「早期発見・早期治療」のウソ』(宝島社新書/鳥集徹)だ。そこで今回は、本書執筆者のジャーナリスト・鳥集氏に、がん検診と早期治療のデメリットや、それらを指摘する声が世間で広がりをみせない背景について話を聞いた。



    ――鳥集さんは本書のなかで、「がん検診を受けて、がんを早期発見・早期治療したとしても、命拾いできるとは限りません。そればかりか、早期発見したがために無用な検査や治療を受けることになり、結果的に命を縮めることもあるのです」と書いています。早期発見・早期治療が大切であるという見解が一般的ですが、何が問題なのでしょうか。


    『がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ』(鳥集徹/宝島社新書) 鳥集徹氏(以下、鳥集)

    医学界全体としては早期発見・早期治療が大切であるという流れが支配的だと思いますが、世界の動向を勉強している医師はがん検診に限界があることや、過剰診断が深刻であることに気づき始めています。それは、エビデンス・ベースト・メディスン(EBM)、つまり「科学的根拠に基づく医療」を提供しなければならないと考える医師が増えたからだと思います。


    元慶應義塾大学医学部講師の近藤誠医師が『患者よ、がんと闘うな』(文春文庫)など、がん検診を見直す一連の本を書き始めたのは1990年代ですが、その頃はまだ医師の間でもEBMの概念は知られていませんでした。それに、がんは小さなサイズから段階的に大きくなっていくものだと大半の医師が思っていて、早く見つけて早く治療すれば、あるいはがん細胞の取り残しがないように大きく取れば治るはずだと思い込んでいました。




    ――アナウンサーの逸見政孝さんが93年にがんで亡くなった後だっただけに、近藤さんの問題提起は波紋を呼びましたね。


    鳥集 ところが、ここ数年、欧米からいろいろな臨床試験の結果が出てきました。欧米では1970年代から、がん検診を受けた人と受けない人を無作為に選んで、何万人もの人を対象に何十年も追跡し、その効果を科学的に検証してきたのです。その結果、がん検診でもっとも効果が確実だと考えられるのが大腸がんの便潜血検査で、複数の臨床試験のデータを統合して解析した研究によると、死亡率が16%減るという結果でした。




    ――16%減れば一定の効果があるようにみえますが、どう評価すべきなのでしょうか。

    鳥集 16%は大きな数字に見えますが、1000人が15年間まじめに大腸がん検診を受け続けたとすると、大腸がんで6人死ぬはずが5人に減るといったぐらいの数字です。つまり、15年間で1000人のうち1人の命を救うぐらいの効果しかないのです。しかも、大腸がんによる死亡は1人減りますが、あらゆる要因で亡くなった人すべてをカウントする「総死亡率」で見ると、その効果はなくなってしまいます。


    総死亡率で見ると効果がなくなる大きな理由は、手術や薬によるダメージで命を縮めてしまう人もいるので、早期発見・早期治療の効果が相殺されてしまうからだと考えられています。こうした事実が国民に知らされていないことが一番の問題です。がん検診は皆が思うほど効果がないことを、まずは知っておく必要があります。




    ■ 過剰医療の問題

    ――本書では、がん検診を受けることによって、がん患者が増えることも指摘されています。がんに限らず検診を受ければ、必然的に病気と認定される機会は増えますね。


    鳥集 多くの人は、がんという病気はきちんと調べて見逃しなく発見すれば、いい結果になると思い込んでいます。しかし、がんと診断される病変のなかには、発病してからすごいスピードで進行してしまうものもあれば、放っておいても全然進行せずに、なかなか死に至らないものもあります。後者のような「のんびりがん」のほうが体内に存在する期間が長いので、がん検診をすればたくさん見つかりやすいのですが、もともと放置しても命取りにならならないことが多いので、早く見つけて治療してもあまり意味はないのです。

    ※続きます

    2:
    ※続きです

    とくに、前立腺がんや乳がんなどで、命取りにならない「のんびりがん」が多いと考えられており、検診が普及した結果、これらのがんは患者が不自然に増えてしまいました。前立腺がんは20年間で患者数が約7倍にも増えています。しかし、死亡者数はそれに比べると増えておらず、患者数と死亡者数とのギャップがどんどん開いています。

     
    本来、がん検診は、がんを早期に発見して治療することで、命が奪われてしまうのを予防するのが目的です。ですから、がん検診をいくら実施しても、死亡率が下がらなければ意味がありません。それどころか過剰にがんを見つけてしまうと、医療費を膨大に使うことになり、患者さんに対しても相当な心理的負担をかけることになります。


    こうした、命取りにならないがんを見つけてしまうことを“過剰診断”と言い、海外ではたくさんの論文が発表され、メディアでもしばしば問題として取り上げられています。今、がん治療に真面目に取り組んでいる医師たちの間では、過剰診断と、これにともなう過剰治療をいかに減らすかが、重要なテーマの一つとなっています。



    ――日本では、関連学会が過剰診断と過剰治療に対するガイドラインなどを発表していないのですか。


    鳥集 たとえば、日本乳癌学会なども診療ガイドラインで過剰診断のことを課題として取り上げていますが、問題はそのことが国民にほとんど知らされていないことです。がん検診で「あなた、がんですよ」と診断されたら、多くの人は放置するのは嫌なので治療するでしょう。その治療で治るかもしれませんが、過剰治療の場合は命を縮めてしまう可能性もあるわけです。


    ですが、どの患者が過剰診断にあたるのか、現代の医学では区別ができません。実は、米国で発表された論文によると、検診で見つかった乳がんの約3分の1が過剰診断で、過去30年間に130万もの女性が無用な検査や治療を受けたと推計されています。


    しかし、日本の新聞やテレビなど大手マスコミは、ほとんど過剰診断の問題を取り上げません。週刊誌などが取り上げることはありますが、なぜ大手マスコミが取り上げないのか、そのカラクリも国民は知る必要があるでしょう。




    ■ 善意がデメリットを見えなくさせる

    ――カラクリとは、たとえばマスコミの広告スポンサーに医療関連企業が含まれていることなどですか。

    鳥集 それもあるでしょう。人間ドックや検査機器メーカーなど、検査・検診をビジネスにしている医療機関や企業にとって、過剰診断問題が明らかにされることは非常に都合の悪いことです。また、新聞社などは対がん協会などと一緒に、がん検診の普及キャンペーンに一役かってきました。しかし、それ以上にマスコミが勉強不足なことが問題だと思います。


    がん検診の記事を書くときに、国立がん研究センターが中心となって作成したガイドラインを読み込んでいる記者がいるでしょうか。乳がんの記事を書く記者は、日本乳癌学会のガイドラインを読んでいるでしょうか。さらにいえば、システマティック・レビューで世界的に評価の高い「コクラン・レビュー」で、がん検診がどのように評価されているかを調べて記事を書いていますか。




    ――そうした事前調査は医療専門記者もやっていないのでしょうか。

    鳥集 やっている人は少ないでしょう。そうなると、記者にとって記事を書くうえで何が安心材料になるのかといえば、偉いお医者さんに話を聞くことなのです。偉いお医者さんが「がんは早期発見、早期治療が大切ですよ」とコメントしてくれたら、自分は無責任でいられるわけです。


    それに、「がんは早期発見、早期治療をしたほうがいいですよ」と書いたほうが、世の中にいいことを書いているような気がする。しかし、EBMで最も信頼性が低いとされているのは「個人の意見」です。


    偉いお医者さんの意見も個人の意見なので、EBMにおいては信頼性が低いのです。ですから、偉いお医者さんのコメントだけに頼るのではなく、記者たちも記事を書くときにはガイドラインや原著論文などにあたって、裏付けをとってから書くべきなのです。


    それに、毎年がん検診を受けている人や、がん治療を受けた人は、無駄な医療を受けたと思いたくないでしょう?お医者さんも、自分が検診をすすめたり、手術や投薬したりした患者さんが損をしていると思いたくないはずです。

    ※続きます 

    3:
    ※続きです

    皆、いいことをしていると思いたいのです。そうした患者、医者、関係者、マスコミ、みんなの「善意」が、デメリットを見せないようにしているのです。でも、国立がん研究センターが運営する「がん情報サービス」や、日本対がん協会のホームページを見れば、過剰診断などがん検診のデメリットについても、ちゃんと書かれているんですよ。私が本書で伝えたかったことは、多くの人が「早期発見・早期治療」はいいことだと思い込まされているということと、医療者やマスコミががん検診のメリットだけでなくデメリットもちゃんと伝えないと、国民を誤解させて、不利益を被らせる危険性もあるということなのです。




    ――医師たちは、そうしたデメリットを認識しているのでしょうか。

    鳥集 勉強不足の医師は知らないと思います。ただ、海外の動向などを勉強している医師たちは、デメリットについてもよくご存知ですよ。




    ――知っていても、あえて言わない医師がいるわけですね。商売としての検診にマイナスになるからですか。


    鳥集 EBMに詳しいある医師が、関連の学会で乳がん検診の限界についてデータを示して発言したら、「乳がん検診の邪魔をする奴は許さん!」と言われたそうです。たった3~4年前の話です。確かに商売という側面もあるでしょうが、一番の問題は、皆が早期発見・早期治療が大切だと善意で思いたがっていることです。




    ■ がん検診に多額税金

    ―ところで、医師たち自身はがん検診を受けているのですか。

    鳥集 受けている人のほうが多いと思いますが、「僕は受けていないですよ」とはっきり言う医師も結構います。ある大学病院の医師に取材したら「僕はインフルエンザワクチンも打たないし、がん検診もやりません」と話してくれました。でも、大学病院での立場を失うので、表向きは発言しないと言っていました。それに、インフルエンザワクチンやがん検診をやる必要がないと主張したところで、医療界は損をするだけです




    ――鳥集さんは、がん検診に年間1000億円近い公費がつぎ込まれているのは間違いないと指摘しています。


    鳥集 1000人に1人の割合でしかがんによる死亡を回避できず、しかも命が延びる証拠もありません。それでも「受けたほうが安心」という人は、受ければいいと思います。ただし、その検診に公費を使うべきかどうかは別問題です。


    たとえば国は前立腺がん検診(PSA検診)を推奨していません。にもかかわらず、一部の自治体では、70歳以上の男性を対象に無料で検診を受けられるよう公費を出しています。高齢になって前立腺がんにかかっても、進行がゆっくりなことが多いので、直接死に至ることが少ないにもかかわらずです。


    あるがん検診の専門家から、こんな嘆きも聞いたことがあります。自治体の担当者は国のガイドラインを理解していて、PSA検診もやりたくないと思っているのだけれど、議員たちが「他の自治体では無料検診をやっているのに、なぜうちではやらないのか?」とねじ込んでくるんだそうです。


    選挙対策として、高齢者に優しいことをアピールをしているわけですね。そんな利己的な思惑で、我々の血税が浪費されているかと思うと、ほんとうに情けない気持ちになります。がんの早期発見・早期治療が本当に多くの人を幸せにしているのか。公費によるがん検診の実施は一度撤廃して、あらためて科学的評価に基づき見直すべきだと私は考えています。




    ――ありがとうございました。

    ※以上です 



    http://biz-journal.jp/2017/08/post_20040.html

    ★1:2017/08/03(木) 07:31:05.85
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501713065/

    引用元: ・【医療】がん検診・早期治療、医師が口をつぐむ「寿命は延びない」という真実★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     がん検診・早期治療、医師が口をつぐむ「寿命は延びない」という真実 の続きを読む

    1:
     神奈川県茅ケ崎市は18日、市立病院から抗がん剤など16種類の医薬品(1億427万円分)が不正に持ち出されていたと発表した。薬剤師として勤めていた石川賢悟被告(33)=休職中=が4月、抗がん剤の窃盗容疑で神奈川県警に逮捕されたため、病院が詳しく調べていた。


     市によると、昨年9月から今年3月までに、高価ながん治療薬のオプジーボのほか、白血病や関節リウマチの薬など計851箱が持ち出されていた。処方されたように見せ掛けるため、在庫を管理するコンピューターが不正に操作されていた。医薬品が減ると薬品卸業者に自動発注され、2日以内に納品されるシステムになっており、病院は今春まで気づかなかったという。


     石川被告はこれまでに、約203万円分の抗がん剤などの業務上横領罪で起訴されている。捜査関係者によると、石川被告は医薬品を東京都内の業者に転売していたという。(遠藤雄二)
    http://www.asahi.com/articles/ASK7L5GNMK7LULOB02B.html

    引用元: ・【窃盗】オプジーボなど1億円分、不正持ち出し 神奈川の病院に勤務していた薬剤師©2ch.net

     茅ケ崎市立病院の薬剤管理がザルな件  オプジーボなど1億円分を薬剤師が不正に持ち出し の続きを読む

    1:
    自分が進行がん患者だったら抗がん剤治療を受けるか――。

    そんな質問に対し、医師と薬剤師の4人に1人が消極的という調査結果を、大森赤十字病院(東京都大田区)の佐々木慎・外科部長がまとめた。抗がん剤は、再発や他の臓器への転移がある進行がん患者の標準治療だが、効果や副作用に課題があるだけに、医療関係者の本音が表れた形だ。


    調査は昨年、同病院に加え東京都と神奈川県でがん治療を手がける大規模病院計5施設を対象に実施。胃がん患者になったと仮定した場合の抗がん剤治療に対する考え方などについてアンケートした。医師53人、薬剤師29人の計82人が回答した。


    自分が進行がん患者だったら「受けたくない」「限定的なら受けても良い」と消極的な回答をしたのは21人で25・6%。理由として「根治しない」「時間が無駄」「延命を望まない」「副作用がつらい」ことを挙げた。

    http://www.yomiuri.co.jp/science/20170609-OYT1T50010.html?from=ytop_ylist

    引用元: ・【調査】自分が患者なら…医師の25%が抗がん剤に消極的 表面に表れた医療関係者の本音「根治しない」「時間の無駄」 [無断転載禁止]©2ch.net

     自分が進行癌患者なら…医師の25%が抗がん剤に消極的 の続きを読む

    1:
    https://medley.life/news/5924fe93cb89401d058b4570/

    2017.05.27 | ニュース
    FDAがキイトルーダに異例の承認
    no title

    (C) vitanovski - iStock

    アメリカ食品医薬品局(FDA)が、がんが発生した臓器ではなく遺伝子の状態を基準とする史上初の扱いにより、すべての臓器の固形がんに対する治療薬としてペムブロリズマブ(商品名キイトルーダR)を承認しました。




    ■FDAがキイトルーダの適応を原発臓器によらず承認

    2017年5月23日、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、成人または小児患者の切除不能または転移がある固形腫瘍で、以前に治療が行われたあとさらに進行し、ほかに十分な治療選択肢がなく、検査によりMSI-HまたはdMMRが確かめられたものに対する治療として、ペムブロリズマブを承認しました。




    ■何が史上初なのか?

    がんは発生した臓器によって性質がまったく違います。たとえば前立腺がんは「すぐには治療しない」という選択肢があるほど進行がゆっくりですが、膵臓がんは多くの場合急速に進行します。使える薬もがんが発生した臓器によって違います。


    FDAががんの治療薬を承認するにあたって、適応(効果が期待できると判断される病気や状態)の基準をがんが発生した臓器によらず、遺伝子の状態によるとしたのは史上初めてです。つまり、ペムブロリズマブは遺伝子の状態などが基準に合っていれば、どんな臓器のがんにも使用可能と認められました。

    ※FDAはアメリカの機関であり、日本での承認とは別です。




    ■ペムブロリズマブとは?

    ペムブロリズマブは最近登場したがん治療薬です。免疫チェックポイント阻害薬に分類されます。同じ分類にあたる薬のひとつがニボルマブ(商品名オプジーボR)です。


    免疫チェックポイント阻害薬は、体の免疫の働きを利用してがんを攻撃します。免疫は本来、正常な自分の体と異物を見分け、異物を攻撃します。ところが、がん細胞は免疫からの攻撃を逃れるしくみを持っています。免疫チェックポイント阻害薬は、がんが免疫から逃れるしくみを阻害し、免疫ががんを攻撃できるようにすることで、治療効果を現します。


    ペムブロリズマブは以前からがん治療に使われています。日本でもメラノーマ(皮膚がんの一種)の一部と肺がんの一部に対して、一定の条件を満たした場合の治療として承認されています。




    ■MSI-H、dMMRとは?

    がん細胞が持っている遺伝子の状態を調べることにより、特定の治療薬の効果を予測できる場合があります。現在の日本でも、ペムブロリズマブを肺がんに使おうとする場合には、あらかじめ遺伝子の状態を調べることが条件とされています。

    MSI-HとdMMRは、どちらもがんに関係する遺伝子の状態を調べた検査の結果です。MSI-Hは「マイクロサテライト不安定性検査で2マーカー以上陽性」、dMMRは「ミスマッチ修復遺伝子欠損」という検査結果を指します。FDAによれば、転移がある大腸がんのうち5%ほどが当てはまり、ほかのがんでも当てはまる場合があります。

    以前の研究で、MSI-HやdMMRによりペムブロリズマブの効果を予測できるとした報告が出ていました。



    ■ペムブロリズマブに何が認められたのか

    FDAは今回、あらゆる臓器のがんをペムブロリズマブの適応とすることを、迅速承認制度に基づいて承認しました。迅速承認制度は、応えられていない医療需要がある深刻な病気や状態に対して、体感できる利益に結び付く可能性が高いと合理的に考えられる代替評価項目に基づいて承認を可能にする制度です。


    今回の例で言えば、ペムブロリズマブの適応はほかの十分な選択肢がない場合に限られています。評価には、「がんが小さくなる」といった指標が使われました。がん治療では、画像上の見た目でその後の経過を正確に予測することは困難です。画像上に目立った変化がなくても症状が重くなることや死に至ってしまうこともあります。そのため、治療の効果を正しく知るには、治療後の生存期間など体感できる指標を使うべきです。


    しかし、研究によって治療後の生存期間を知るには、多くの研究参加者が死亡するまでの時間をかける必要があります。迅速承認制度は予測に基づいてすみやかに承認を出すことを可能にする制度です。迅速承認制度で承認された薬剤が実際に効果を現しているかを確かめるために、製薬企業は市販後調査を行う義務を課せられます。治療として十分な利益が示されなかった場合は承認が取り消されるか、適応が変更となる可能性があります。

    (つづきます)

    引用元: ・【医薬】アメリカ初、「全ての臓器に使える抗がん剤」は本当に「夢の薬」なのか [無断転載禁止]©2ch.net

     アメリカ初、「全ての臓器に使える抗がん剤」は本当に「夢の薬」なのか の続きを読む

    オプジーボ5

    1:
    「オプジーボ」、頭頸部がんも 高額薬、適用拡大続く
    【写真説明】 新型がん治療薬「オプジーボ」(提供写真)
    no title

    徳島新聞 2017/3/3 18:12
    http://www.topics.or.jp/worldNews/worldScience/2017/03/2017030301001930.html

     高額な薬価が話題になったがん治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省の部会は3日、治療に使う対象を新たに頭頸部のがんにも拡大することを了承した。約1カ月後に正式承認され、保険適用される。

     対象は、頭頸部がんのうち再発や遠隔転移のある症例。頭頸部がんの患者は年間約2万5千人とされる。 オプジーボはまず皮膚がんで認められ、非小細胞肺がんや腎細胞がん、悪性リンパ腫に適用が拡大してきた。患者本人の免疫の働きを利用する仕組みの薬剤で、患者の一部に優れた効果が期待される。オプジーボは、高額な薬価が問題視され、今年2月に半額に引き下げられた。



    オプジーボ、頭頸部がんでも承認へ 厚労省部会
    朝日 2017年3月3日18時20分
    http://www.asahi.com/articles/ASK3352WSK33ULBJ00M.html


     がん免疫治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省の部会は3日、新たに頭頸部(けいぶ)がんの一部の治療に使うことを了承した。約1カ月後に正式に承認され、保険適用が認められる。対象は、再発または遠隔転移のある頭頸部がん。

     オプジーボは免疫の働きを利用した新しい仕組みの薬で、小野薬品工業(大阪市)が開発した。承認は、皮膚がん、肺がん、腎細胞がん、血液がんのホジキンリンパ腫(いずれも一部)に続き、5種類目となる。頭頸部がんの国内の患者は約2万4千人と推定されている。同社は昨年末、胃がんの承認申請もしている。

     オプジーボをめぐっては、患者1人で年間約3500万円かかるとされた薬価が高額だとして、2月に半額に引き下げられた。

    引用元: ・【がん治療薬】オプジーボ、頭頸部がんも 高額薬、適用拡大続く 年間3500万円を2月に半額引き下げ©2ch.net

     高額癌治療薬のオプジーボ(年間1750万円)、頭頸部がんにも適用 の続きを読む

    このページのトップヘ