メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    エイズ

    後天性免疫不全症候群

    1:
    2017.3.26 10:00
    (1/4ページ)
    エイズとの闘い
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n1.html?view=pc

     かつて「死の病」だったエイズは日本人が開発した世界初の薬が1987年に発売され、治療の道が開かれた。多様な薬の併用で現在は命を落とすことはほとんどなくなり、感染者や死者は激減したが、完治というゴールへの道はまだ遠い。(伊藤壽一郎)



    日本人が開発

     ウイルスで感染するエイズは、体内に侵入した病原体を攻撃する免疫機構が破壊され、肺炎やがんを発症する。81年に米国で初めて患者が報告された。4年後には日本でも見つかり、有効な治療法がないまま世界中に感染が拡大し、死者は増え続けた。


     だが87年4月、米国立衛生研究所(NIH)の上級研究員だった満屋(みつや)裕明氏が開発した初の治療薬「AZT(アジドチミジン)」が登場し、状況は一変した。 エイズウイルスが酵素を使って増殖する仕組みを阻害する働きがあり、この原理に基づきこれまでに数十種類の治療薬が生まれた。満屋氏は「多様な新薬開発のきっかけを作れてよかった」と振り返る。


     適切な治療を受ければ現在の死亡率はほぼゼロで、感染者からパートナーへの2次感染も93%は防げる。国立国際医療研究センターの岡慎一エイズ治療・研究開発センター長は「きちんと診断し治療すれば、もはやエイズはたいした病気ではない」と話す。

    続きを読む
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n4.html

    引用元: ・【クローズアップ科学】 エイズ治療薬発売から30年 「死の病」克服、多剤療法が奏功 [無断転載禁止]©2ch.net

     エイズ治療薬発売から30年 「死の病」克服、多剤療法が奏功 の続きを読む

    1:
    「検査しないとおしおきよ!!」 セーラームーンが性感染症予防呼びかけ 厚労省が起用
    http://www.sankei.com/life/news/161121/lif1611210025-n1.html
     
    no title


    10代後半から30代の女性で平成25年ごろから患者が急増している梅毒などの性感染症の予防や早期発見につなげようと、厚生労働省は21日、女性に人気の美少女戦士セーラームーンを“モデル”に起用したポスターを作成した。


    性行為によって感染する性感染症の啓発は男女双方に行うことが必要だが、厚労省は今回、若い女性に対象を絞って啓発活動を実施。「若い女性が子供の頃ヒロインだったセーラームーンの力を借り、患者が増加しているこの局面を打破したい」と意気込む。


    性感染症は性行為によって感染が広がる感染症で、梅毒やクラミジア、HIV(エイズ)などが含まれる。感染してもすぐに症状が出ないことも多く、発見が遅れたり、別の人に感染を広げたりする恐れもある。


    性感染症の中でも、ここ数年、急増しているのが梅毒だ。平成23年には827人と、90年代から年1000人を下回ってきたが、今年は10月初旬までに3284人とすでに3000人を上回った。年齢別でみると20代前半では女性が男性を上回るなど、特に若い女性の増加が顕著だ。妊娠中の女性が梅毒に感染すると、死産や胎児に重い障害が出る恐れもある。


    こうした状況に危機感を抱いた厚労省は、昨年から女性向けに梅毒の検査を呼びかける啓発ポスターを作成。若い女性に訴えるため、ピンクやハートといったモチーフを検討した結果、患者が増えている世代が子供の頃から親しんだセーラームーンに白羽の矢が立った。原作者の武内直子さんも厚労省の申し出を快諾。ポスターは、月に座ったセーラームーンが「検査しないとおしおきよ!!」と検査を呼びかけるものに決まった。


    厚労省の担当者によると、「エイズ・性感染症予防 まずは検査から始めよう」といった無難なキャッチコピーも提案したが、武内さんとやりとりする中で、セーラームーンの決めぜりふ「月に代わっておしおきよ!」をアレンジしたキャッチコピーに決まったという。
    (略)

    引用元: ・セーラームーン「性病検査しないとおしおきよ!!」 どういうお仕置きなんですかね… [無断転載禁止]©2ch.net

     セーラームーン「性病検査しないとおしおきよ!!」 美少女戦士(中学生)が性感染症予防を呼びかけ の続きを読む

    性行為
    1:
     今、日本では梅毒の流行が続いています。一般的な感染症の流行は、ある程度の期間でおさまることがほとんどです。しかし、梅毒については、減る気配どころか、増え続けるいっぽうなのです。そして以前は、同性間での流行が中心でしたが、今は異性間の男性や、20代の女性の中でも急増しています。


     梅毒は、昔の病気ではありません。それどころか、若い世代を中心とした、身近な性感染症となってきています。今、スマホの画面を見ているあなたへ、今回は梅毒についての重要なメッセージをお届けしましょう。


    今、日本では梅毒が流行しています。
    同性間だけでなく、異性間でも増加。
    特に20代女性での増加が顕著です。

    梅毒は、性器だけではありません。
    オーラルセックスでは 咽頭いんとう に感染します。
    アナルセックスで直腸にも感染します。

    梅毒は、何回でも感染します。
    パートナーも治療しなければ、治療しても、また感染します。

    梅毒の初期症状は局所の潰瘍など。
    ふつうは痛みがないことも多く、自然に良くなってしまいます。

    経過中に発疹が出ることがあります。
    でも、短期間で消えてしまいます。

    梅毒は、自分も感染に気づかないまま、他の人にも感染させていきます。

    梅毒は、ほとんど症状なく経過します。
    そして、気づかずに病気は進行します。

    梅毒は、進行すると合併症を起こします。
    眼、脳、心臓などに障害が出ます。
    失明することもあります。
    認知症のような症状も起こします。
    妊婦の感染は先天性梅毒の原因となります。

    しかし、梅毒には有効な治療薬があります。
    早期に診断して治療すれば治せます。
    よく知られている抗菌薬で治せるのです。

    特に、性感染症を扱っている診療所、感染症診療を行っている病院は、経験も多く、安心して治療を受けられます。

    検査は一般病院や診療所でも受けられます。 梅毒の検査を行っている保健所もあります。


     繰り返します……。
     今、梅毒が流行しています。
     梅毒の多くは、症状がありません。
     検査してみなければ、わからないのです。
     不安があるなら、ぜひ検査してください。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00010000-yomidr-sctch

    引用元: ・【社会】20代女性に梅毒が流行…合併症で失明も [無断転載禁止]©2ch.net

     【悲報】 20代女性に梅毒が流行…合併症で失明もあり得る の続きを読む

    このページのトップヘ