じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    エイズ

    1:
     福岡県を中心に、九州でエイズ患者やエイズウイルス(HIV)感染者が増えている。東京や大阪など都市部を含めて全国的には減少か横ばい傾向にあるだけに、九州の増加が目立つ。専門家は、感染者の多いアジアとの往来が増えてウイルスが持ち込まれるケースや、予防啓発活動の不十分さが一因とみており「危機的状況で、より効果的な予防啓発が必要だ」と警鐘を鳴らしている。
     国のエイズ発生動向調査によると、2016年の福岡県のHIV感染者、エイズ患者の新規報告者数は、いずれも46人で計92人と過去最多。15年と比べて61%増えており、特に40代や50歳以上が増加している。佐賀計9人、熊本計19人も過去最多となった。16年の地域別では九州が計169人で32%増。これに対し、関東・甲信越は695人で4%増と横ばい、近畿は265人で11%減など、5地域は前年より減少していた(福岡県以外は速報値)。
     新規報告者数(15年)で全国の感染者・患者の内訳は、日本人男性が約9割、感染原因は同性間性的接触が最多の約6割だった。福岡県も全国と同様の傾向だが、患者が3割程度の全国データに対して、福岡県の患者比率はほぼ半数で、発症してから報告されるケースが際立っている。
     エイズ治療の九州ブロック拠点病院、国立病院機構九州医療センター(福岡市)のAIDS/HIV総合治療センターの山本政弘部長は「福岡での感染の広がりが九州全体に広がっている印象。患者の比率から、実際の感染者は報告よりもかなり多いはずだ」と指摘する。
     各自治体では無料検査を定期的に実施。山本部長は「感染、発症が分かっても、今は薬でウイルスの増殖を抑えられる。検査を受けて早期に発見・治療できれば、感染者自身の健康も維持でき、感染拡大のリスクも減らせる。心当たりがある人は早く検査に行ってほしい」と呼び掛けている。

    https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/359651/
    no title

    ★1)9月19日(火)10:06:59.90
    前スレhttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505783219/

    引用元: ・【社会】九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多……外国からの持ち込みも一因★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多……外国からの持ち込みも一因 の続きを読む

    1:
    国連(UN)の世界保健機関(WHO)は20日、AIDS(エイズ、後天性免疫不全症候群)の新規感染と死者数の増加、治療費用の急増を防ぐために、世界の国々はAIDS治療薬に対する薬剤耐性の拡大に歯止めをかける必要があると警鐘を鳴らした。


    WHOによると、調査を行ったアフリカ、アジア、中南米の11か国のうち6か国で、AIDSを引き起こすHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染して抗レトロウイルス治療を開始した患者の10%以上で、最も広く使われているAIDS治療薬の一部が効かないHIV株への感染を確認したという。


    ウイルスが薬剤耐性を持つようになる可能性があるのは、患者が処方された薬剤の用量を正しく服用していない場合だ。薬剤耐性ウイルスは、他人から直接感染する恐れもある。


    WHOのテドロス・アダノム事務局長は、「抗菌薬剤への耐性は、世界の保健と持続可能な発展にとってより深刻な課題の一つとなっている」と述べ、また「2030年までのAIDS撲滅という世界目標を達成するためには、HIV治療薬に対する耐性水準の上昇に積極的に対策を講じていく必要がある」と指摘した。WHOは世界の国々に対して、薬剤耐性が過剰に高くなった場合は第一選択肢の代替薬に切り替えるよう推奨している。


    最も一般的に用いられる薬剤が効かない場合には、さらに高価で、入手困難となり得る薬剤を試す必要がある。数理モデルによると、何も対策を講じなければ、今後5年間で新規感染者が10万5000人、死者が13万5000人増える上、治療費用も6億5000万ドル(約730億円)増加する恐れがあるという。


    世界エイズ・結核・マラリア対策基金のマライケ・ベインロクス氏は、薬剤耐性はその現状に歯止めがかからなければ、AIDS防止活動の「重大なリスクとなる」ことを指摘している。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3136488

    引用元: ・【医療】AIDS(エイズ)薬剤耐性が世界で拡大 WHOが警鐘 [無断転載禁止]©2ch.net

     AIDS(エイズ)薬剤耐性が世界で拡大 WHOが警鐘 の続きを読む

    1:
    HIV郵送検査の陽性者、その後の受診は2%のみ
    朝日新聞:2017年6月7日05時01分
    http://www.asahi.com/articles/ASK505GMDK50ULBJ00F.html?iref=pc_rellink

     民間会社が実施するエイズウイルス(HIV)の郵送検査を2015、16年に受けて「陽性」と判定された248人のうち、医療機関の受診を確認できたのは6人(2%)にとどまることが、厚生労働省研究班の調査でわかった。HIV感染の診断には、医療機関での検査が必要で、専門家は「受診して確認と治療を」と呼びかける。7日までHIV検査普及週間。


     郵送検査は、専用の器具で採血して企業に郵便で送ると、その会社や提携先での検査結果がウェブなどで確認できる。人の目が気にならないと利用者が増えている。研究班によると、昨年は10年前の2倍超の約9万件。一方、職員らと顔を合わせる保健所などでの検査は、10年以降は13万件前後で推移する。


     研究班は13の検査会社に郵送でアンケートし、11社が回答した。全社が陽性判定の場合には医療機関を受診するようホームページで勧めるが、会社側が電話やメールで医療機関の受診を確認できたのは、陽性だった248人のうち6人だった。一方、保健所などでは、対面で…

    残り:436文字/全文:858文字
    ※無料公開はここまで
    ※無料登録して全文を読むことが出来ます

    引用元: ・【健康】HIV郵送検査の陽性者、その後の医療機関の受診は2%のみ 厚労省研究班©2ch.net

     HIV郵送検査の陽性者、その後の医療機関の受診は2%のみ - 厚労省研究班 の続きを読む

    1:
    http://www.bbc.com/japanese/39880346

    HIVに感染した若者の平均余命が、非感染者とほぼ変わらない水準まで伸びていることが、英ブリストル大学の研究でこのほど明らかになった。研究チームによると、2010年に20歳で抗レトロウイルス薬の治療を開始した人は、1996年に治療を開始した人よりも平均余命が10年長いという。治療の早期開始が、長寿で健康な生活を送るために非常に重要だというのが、専門医たちの意見だ。慈善団体は、ウイルス感染の事実を知らずにいる人がいまだに多すぎると指摘する。



    より効果的な予防法

    ブリストル大学の研究者らによると、HIV治療がこれほどまでに成功しているのは、副作用が少ない新薬が開発され、ウイルスの遺伝子転写による増殖を止める効果が高まったおかげだという。さらに最新の治療薬については、ウイルスが薬剤耐性を持ちにくくなっているという。


    また、HIV検査の技術改善や感染予防活動、HIV感染にともなう各種の健康問題への治療が向上していることも、平均余命の延長に役立ったとされる。しかし、HIV感染者が予想よりも早く死亡する事例も多い。特に薬物使用による感染者にこれが多いという。抗レトロウイルス薬の治療では、体内のHIV活動を抑えるため3種類かそれ以上の薬を組み合わせる。HIV治療の進歩は、「医療における過去40年で最も偉大な成功の一つ」とされている。


    ブリストル大学の研究者らは、欧州と北米で行われた18の調査に参加したHIV感染者8万8500人の事例を調べた。平均余命の予測は、薬による治療開始から3年間の死亡率に基づいて算出した。調査の結果、2008年から2010年にかけて治療を開始した人の方が、1996年から2007年にかけて治療を始めた人よりも死亡率が低かったことが分かった。2008年以降に、ウイルス量が低い状態で抗レトロウイルス薬治療(ART)を始めた20歳患者の、治療開始1年後の平均余命は78歳。つまり、感染していない人とほぼ同じだった。



    抗レトロウイルス薬による治療とは?

    ・1996年に開始。3種類かそれ以上の薬を組み合わせてウイルスの遺伝子転写を抑える
    ・HIVウイルスが免疫システムを攻撃するのを予防し、感染拡大を食い止める
    ・より最近になって開発された薬は効果が高く、副作用が抑制されている
    ・世界保健機関(WHO)は、感染判明後には可能な限り早期に抗レトロウイルス薬の治療を開始するよう推奨している


    英国のHIV・エイズ関連慈善団体、テレンス・ヒギンズ財団の医療ディレクター、マイケル・ブレイディ博士は、1980年代に始まったエイズ流行以来、いかに時代が変わったかを今回の研究は物語っていると述べた。


    一方で、今回の研究は、HIV感染者の3人に1人が50歳以上に達したことの表れでもあると、ブレイディ博士は指摘。「現状では、医療や介護、福祉制度はHIV感染者の高齢化に対応する準備ができていない」と語る。「プライマリーケアとHIV専門治療を、より良く融合させた新しいモデルが必要だ。そして、HIVと高齢化に関する認識や訓練の大きな変革も必要だ。それによって、高齢者が人生の後半をより良く生きるのを、支援できるようになる」




    「医療的な成果」

    英国一般医師会の会長を務めるヘレン・ストークス=ランパード教授は、「かつてはHIV感染と診断されたら、実に恐ろしい闘病期間が待ち受けていたものだが、それをこれほど上手に管理できるようになり、HIV感染者の余命が相当伸びたのは、素晴らしい医療の成果だ」と話した。


    「研究の結果が、HIVにつきまとう悪いイメージをようやく払拭(ふっしょく)するのに成功し、さらにHIV感染者が就職に困らず、医療保険が必要な国では保険に入ることができて、長寿と健康が享受できるようになるのを期待している」ストークス=ランパード教授は、一般医による適切なHIV検査の機会を増やす措置が取られていると語った。


    過去20年間で、HIV感染を知らずにいる人の割合は減少している。しかし、推計では依然として8人に1人のHVI感染者が感染の事実を知らずに生活している。

    (英語記事 HIV life expectancy 'near normal' thanks to new drugs)

    2017/05/11

    引用元: ・【健康】HIV感染者の平均余命、今では一般とほぼ変わらず=英研究 [無断転載禁止]©2ch.net

     HIV治療が劇的な進歩! HIV感染者の平均余命、今では一般とほぼ変わらず - 英ブリストル大学の研究 の続きを読む

    後天性免疫不全症候群

    1:
    2017.3.26 10:00
    (1/4ページ)
    エイズとの闘い
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n1.html?view=pc

     かつて「死の病」だったエイズは日本人が開発した世界初の薬が1987年に発売され、治療の道が開かれた。多様な薬の併用で現在は命を落とすことはほとんどなくなり、感染者や死者は激減したが、完治というゴールへの道はまだ遠い。(伊藤壽一郎)



    日本人が開発

     ウイルスで感染するエイズは、体内に侵入した病原体を攻撃する免疫機構が破壊され、肺炎やがんを発症する。81年に米国で初めて患者が報告された。4年後には日本でも見つかり、有効な治療法がないまま世界中に感染が拡大し、死者は増え続けた。


     だが87年4月、米国立衛生研究所(NIH)の上級研究員だった満屋(みつや)裕明氏が開発した初の治療薬「AZT(アジドチミジン)」が登場し、状況は一変した。 エイズウイルスが酵素を使って増殖する仕組みを阻害する働きがあり、この原理に基づきこれまでに数十種類の治療薬が生まれた。満屋氏は「多様な新薬開発のきっかけを作れてよかった」と振り返る。


     適切な治療を受ければ現在の死亡率はほぼゼロで、感染者からパートナーへの2次感染も93%は防げる。国立国際医療研究センターの岡慎一エイズ治療・研究開発センター長は「きちんと診断し治療すれば、もはやエイズはたいした病気ではない」と話す。

    続きを読む
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n4.html

    引用元: ・【クローズアップ科学】 エイズ治療薬発売から30年 「死の病」克服、多剤療法が奏功 [無断転載禁止]©2ch.net

     エイズ治療薬発売から30年 「死の病」克服、多剤療法が奏功 の続きを読む

    このページのトップヘ