じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    アルツハイマー病

    1:
    http://www.bbc.com/japanese/40664963

    認知症の3件に1件は、生活習慣など生涯を通じて脳の健康のために意識的に行動することで予防できる――。英医学誌ランセットにこのほど掲載された研究が指摘した。研究では、低学歴や聴力の低下、喫煙や運動不足を主なリスク要因として挙げている。研究結果は今月ロンドンで開かれている国際アルツハイマー病会議(AAIC)で発表された。


    2050年には世界中で認知症患者が1億3100万人に達する可能性がある。現在は4700万人が認知症だと推計されている。論文の筆頭著者を務めたユニバーシティー・コレッジ・ロンドンのジル・リビングストン教授は、「認知症は人生の後半で診断されるものだが、脳の異変は通常、何年も前から始まっている」と話す。


    「今すぐ行動すれば、認知症患者や家族の生活を大きく改善できるし、それが社会全体の将来を変えることになる」世界各地の専門家24人による研究に基づいてまとめられた今回の論文は、認知症の予防には生活スタイルが大きく影響すると指摘している。


    研究では、人生の過程で頭を使うことによって蓄えられる「認知的予備力」が、脳が損傷した時にも、いかに機能を維持するのに貢献するかを調べた。中等教育を修了しないのは大きなリスクで、論文の著者たちは、大人になっても学び続ければ脳の「予備力」を増やせる可能性が高いと述べている。


    また、中年期に聴力が低下すると、周囲から通常受け取るたくさんの情報が得られなくなり、社会的にも孤立し、うつになる可能性が高まる。これも認知症のリスク要因としては予防が可能だという。

    (中略)

    認知症の予防可能な要因のリスクの度合い

    中年期の聴力低下 9%
    中等教育の未修了 8%
    喫煙 5%
    うつ 4%
    運動不足 3%
    社会的孤立 2%
    高血圧 2%
    肥満 1%
    2型糖尿病 1%
    予防が可能とされる上記要因のリスク度を合計すると35%になる。残りの65%は個人の努力では変えられないリスク。
    (認知症予防・介入・治療のためのランセット委員会の資料から)

    (英語記事 Nine lifestyle changes can reduce dementia risk, study says)

    ファーガス・ウォルシュ医療担当特派員

    2017/07/20

    引用元: ・【健康】予防できる認知症、9つの要因=英論文 [無断転載禁止]©2ch.net

     予防できる認知症、9つの要因 - 英論文 の続きを読む

    1:
    日本人の成人の80%以上がかかっているといわれる歯周病。その原因菌が作り出す「酪酸」がアルツハイマー病を引き起こす一因になる可能性があるという。日本大学歯学部の落合邦康特任教授(口腔<こうくう>細菌学)らの研究チームが5月12日、福岡市で開かれた日本歯周病学会でラットによる実験結果を発表した。


    歯周病とアルツハイマー病の関連性については、これまでも指摘されていたが、動物の体の中で歯周病とアルツハイマー病の関連を示唆する現象が起きているのを確かめたのは初めてという。


    ◇脳の機能が徐々に失われていくアルツハイマー病

    アルツハイマー病は認知症の一種で、脳の神経細胞が徐々に死に、脳の機能が失われていく病気だ。国内に約500万人いる認知症患者の6~7割を占めると考えられている。細胞死は記憶や学習に関わる海馬の周辺から始まり、最終的には脳全体に広がる。発症すると、まず、少し前の出来事が思い出せなくなる。


    そして、時間や場所が分からなくなって、言葉が使えなくなる。仕事や家事など段取りが必要な行動ができなくなり、人の顔や物を見ても判別がつかなくなる。さらに進むと、食事や入浴、着替えもできなくなって寝たきりになる。発症後は平均10年で死に至る。



    ◇歯周病菌が作る「酪酸」が酸化ストレスを引き起こす

    アルツハイマー病を発症する要因はまだ完全に解明されていないが、考えられている仮説の一つに、体内での酸化反応が組織や細胞などにさまざまな害を与える「酸化ストレス仮説」がある。チームはこれまでの研究で、歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」などが作る酪酸が細胞内に取り込まれると、「鉄分子(ヘム)」「過酸化水素」「遊離脂肪酸」が過剰に作り出され、細胞に酸化ストレスを起こして壊してしまうことを明らかにしている。


    そこで今回は、酪酸が動物の脳にどのような影響を与えるのかを調べた。健康なラット3匹の歯肉に酪酸を注射。6時間後に、海馬▽ホルモンの分泌に関わる松果体と下垂体▽さまざまな高度な活動をつかさどる大脳▽主に運動機能の調整を行う小脳--について、酸化ストレスの状態などを分析した。



    ◇記憶形成に関わる海馬に大きな影響

    すると、酪酸を注射したラットは、通常のラットに比べ、全ての部位で平均35~83%も「ヘム」「過酸化水素」「遊離脂肪酸」の濃度が上昇していることが分かった。中でも海馬での上昇率が最も高く、ヘムは平均79%▽過酸化水素は平均83%▽遊離脂肪酸は平均81%--濃度が上昇していた。


    また、細胞の自殺を誘導する酵素「カスパーゼ」の活性を測定すると、海馬で平均87%増加していた。さらに、アルツハイマー病の患者の脳神経細胞内では、物質輸送に関わるたんぱく質「タウ」が異常に蓄積するが、酪酸を注射したラットは通常のラットに比べ、海馬で平均42%もタウの量が増加していた。



    ◇歯周病の放置は厳禁

    チームは実験結果について、注射した酪酸が血流に乗って脳内に入り込み、さまざまな異常を引き起こしたとみている。歯周病患者では、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯肉の間から、健康な人の10~20倍も酪酸が検出されるという。


    落合特任教授は「歯周病巣の酪酸が長期間にわたって脳内に取り込まれれば、アルツハイマー病を引き起こす一因になることは十分に考えられる。歯周病はすぐに生死に関わる病気ではないので放っておく人が多いが、重大な別の病気につながる可能性があることを忘れてはいけない。早めに治療をすべきだ」と指摘する。


    チームは今後、歯肉から脳内にどれだけ酪酸が入り込むのかを調べる。また、酪酸を注射した動物がアルツハイマー病を発症するかどうかを、行動分析などで検証する予定だという。

    配信 5/27(土)
    毎日新聞 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000015-mai-soci

    引用元: ・【医療】歯周病はアルツハイマー病の一因か? [無断転載禁止]©2ch.net

     歯周病はアルツハイマー病の一因か? の続きを読む

    1:
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170604/k10011006221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

    認知症の人たちがはいかい徘徊するなどして行方がわからなくなった際に、スマートフォンのアプリを使って捜し出す訓練が、神奈川県藤沢市で行われました。神奈川県藤沢市では、スマートフォンのアプリに登録した人たちに、徘徊するなどして行方がわからなくなった認知症の人たちの服装や特徴などの情報を送り、捜してもらう取り組みを来月から始める予定です。


    4日は、市内の企業の従業員や近くの住民ら、およそ40人が参加して、自宅からいなくなった女性を見つける想定で訓練が行われました。参加者は5人1組になって、行方がわからなくなった人の特徴を基に似ている女性を捜し出し、見つけた際の連絡方法や保護の手順などを確認しました。


    参加した30代の男性は「見守りには近所の人の声かけが大切です。アプリを活用できるようになれば有効だと思います」と話していました。


    引用元: ・【健康】認知症の行方不明者 アプリを使って捜す訓練 [無断転載禁止]©2ch.net

     認知症の行方不明者や徘徊老人をアプリを使って捜す訓練 - 神奈川県藤沢市 の続きを読む

    1:
    【サプリで認知症予防&健康長寿】
    苦み成分がイイ!ビールにアルツハイマー予防効果 ノンアルでも
    ビールにアルツハイマー予防効果
    no title

    zakzak 2017.04.26
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170425/dct1704251629006-n1.htm

     明日はわが身の認知症。厚生労働省の推計では、現在500万人近い認知症の患者数が、2025年には約700万人に達するといわれています。わが国の最大の社会問題に違いありません。そんな中、少しでも発症を遅らせることはできないものかと連載を始めて4年目に入りました。


     今回はうれしい話題です。日本の研究チームは、マウスを使用した研究で、ホップ由来のビールの苦み成分であるイソα酸にアルツハイマー型認知症予防効果がありそうだ、ということを明らかにしました。適量のアルコールは認知症の予防になりそうなことは経験的に分かっていました。特に、赤ワインのポリフェノールは認知症への効果に関して多く研究がありますが、ビールはあまり研究されていませんでした。


     イソα酸を投与されたマウスは、何も投与されなかったマウスに比べて脳内のβアミロイドの量が明らかに低下していました。さらに、脳内の炎症が改善されており、ミクログリアが老廃物を除去するはたらきが向上していることがわかりました。また、脳内の神経細胞の量が増加し、認知機能も改善していたのです。


     βアミロイドはアルツハイマー型認知症の原因の1つである、脳内に蓄積する異常タンパクのことです。ミクログリアは、脳内に存在する免疫細胞で、傷ついた脳細胞を修復する働きがあるといわれています。


     残念ながら、マウスの実験結果に基づいたものですが、ヒトの脳機能への作用も現在急ピッチで進められています。左党には久しぶりの朗報です。ただし、ビールでも飲みすぎるのはよくないのは当然です。中ジョッキ2杯までの話です。ノンアルコールビールにもホップが使用されているので、同じ効果が期待されます。これからのビールの季節、認知症予防の福音となるかもしれません。


     ■栗原毅(くりはら・たけし)医学博士。栗原クリニック東京・日本橋院長。前慶応大学特任教授。「血液サラサラ」という言葉を提唱し、著書やメディア出演などを通じて予防医療の大切さを訴えている。



    【サプリで認知症予防&健康長寿】「ダイエット脂肪肝」急増のナゼ 極端な糖質制限→飢餓と錯覚→肝臓に集結
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170419/dct1704190730002-n1.htm
    【サプリで認知症予防&健康長寿】1日5回の「チョコ・ファースト」 脂肪肝改善させる食べ方とは
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170412/dct1704120730002-n1.htm
    【サプリで認知症予防&健康長寿】食前チョコレートで脂肪肝予防 原因の第1位は「果物のとり過ぎ」
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170405/dct1704050730001-n1.htm

    引用元: ・【健康】苦み成分がイイ!ビールにアルツハイマー予防効果 ノンアルでも©2ch.net

     ビールにアルツハイマー予防効果 ノンアルでもOK! の続きを読む

    1:
    炭酸飲料を含む砂糖入りの飲料を日常的に飲むことの危険性については、科学的にはっきりしている。虫歯、肥満、糖尿病や心臓発作、脳卒中のリスクを高める。その他にも発症する可能性のある病気は枚挙にいとまがない。ダイエットの炭酸飲料についての科学的知見は、そこまで確かでない。コーラからダイエットコーラに切り替えれば、砂糖の消費量は減らせるが、他の問題を引き起こすかもしれない。人工甘味料は、必ずしも原因だとはされていないものの、体重増や糖尿病、心臓病との関連が指摘されている。


      20日に同じ研究者グループが発表した2つの研究結果は、ダイエットにせよ通常のタイプにせよ炭酸飲料を飲む人に、その習慣を完全にやめさせるよう促す全く新しい理由を提示した。一つは医学誌「ストローク」に掲載された論文で、人工甘味料の入った飲料摂取と脳卒中やアルツハイマー病を含む認知症のリスク増加との間に関係があることが分かったとしている。もう一つは「アルツハイマー・アンド・ディメンシャ」に載った研究報告で、砂糖入り飲料の消費増とアルツハイマー病発症前のパターンとの関連を指摘している。


      研究は米ボストン大学医学大学院の研究者らが、数十年にわたる観察データを蓄積している「フラミンガム心臓研究」のデータ分析などを通して行った。フラミンガム心臓研究は1948年に5000人超のボランティア参加者に対する観察・研究からスタートし、71年からはその子どもたちを含め、2002年からは孫たちも含めるといった世代をまたぐ研究で知られる。


      アルツハイマー協会科学イニシアチブのディレクター、ディーン・ハートリー氏は、相関関係は必ずしも因果関係を意味するものではないと指摘。その上で、今回の研究は今後のさらなる研究のための重要な出発点となったと評価した。同氏は炭酸飲料についてはダイエットも通常のタイプも共に避けるのが最も安全だとし、「両方共に悪いと思う。普通の水が常に良い」と話した。

    ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-21/OOQRJD6KLVR401

    引用元: ・【医療】炭酸飲料の飲み過ぎ、アルツハイマー病と関連か-米国で最新研究©2ch.net

     炭酸飲料の飲み過ぎ、アルツハイマー病と関連か - 米国で最新研究 の続きを読む

    このページのトップヘ