メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    アルツハイマー病

    1:
    【サプリで認知症予防&健康長寿】
    苦み成分がイイ!ビールにアルツハイマー予防効果 ノンアルでも
    ビールにアルツハイマー予防効果
    no title

    zakzak 2017.04.26
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170425/dct1704251629006-n1.htm

     明日はわが身の認知症。厚生労働省の推計では、現在500万人近い認知症の患者数が、2025年には約700万人に達するといわれています。わが国の最大の社会問題に違いありません。そんな中、少しでも発症を遅らせることはできないものかと連載を始めて4年目に入りました。


     今回はうれしい話題です。日本の研究チームは、マウスを使用した研究で、ホップ由来のビールの苦み成分であるイソα酸にアルツハイマー型認知症予防効果がありそうだ、ということを明らかにしました。適量のアルコールは認知症の予防になりそうなことは経験的に分かっていました。特に、赤ワインのポリフェノールは認知症への効果に関して多く研究がありますが、ビールはあまり研究されていませんでした。


     イソα酸を投与されたマウスは、何も投与されなかったマウスに比べて脳内のβアミロイドの量が明らかに低下していました。さらに、脳内の炎症が改善されており、ミクログリアが老廃物を除去するはたらきが向上していることがわかりました。また、脳内の神経細胞の量が増加し、認知機能も改善していたのです。


     βアミロイドはアルツハイマー型認知症の原因の1つである、脳内に蓄積する異常タンパクのことです。ミクログリアは、脳内に存在する免疫細胞で、傷ついた脳細胞を修復する働きがあるといわれています。


     残念ながら、マウスの実験結果に基づいたものですが、ヒトの脳機能への作用も現在急ピッチで進められています。左党には久しぶりの朗報です。ただし、ビールでも飲みすぎるのはよくないのは当然です。中ジョッキ2杯までの話です。ノンアルコールビールにもホップが使用されているので、同じ効果が期待されます。これからのビールの季節、認知症予防の福音となるかもしれません。


     ■栗原毅(くりはら・たけし)医学博士。栗原クリニック東京・日本橋院長。前慶応大学特任教授。「血液サラサラ」という言葉を提唱し、著書やメディア出演などを通じて予防医療の大切さを訴えている。



    【サプリで認知症予防&健康長寿】「ダイエット脂肪肝」急増のナゼ 極端な糖質制限→飢餓と錯覚→肝臓に集結
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170419/dct1704190730002-n1.htm
    【サプリで認知症予防&健康長寿】1日5回の「チョコ・ファースト」 脂肪肝改善させる食べ方とは
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170412/dct1704120730002-n1.htm
    【サプリで認知症予防&健康長寿】食前チョコレートで脂肪肝予防 原因の第1位は「果物のとり過ぎ」
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170405/dct1704050730001-n1.htm

    引用元: ・【健康】苦み成分がイイ!ビールにアルツハイマー予防効果 ノンアルでも©2ch.net

     ビールにアルツハイマー予防効果 ノンアルでもOK! の続きを読む

    1:
    炭酸飲料を含む砂糖入りの飲料を日常的に飲むことの危険性については、科学的にはっきりしている。虫歯、肥満、糖尿病や心臓発作、脳卒中のリスクを高める。その他にも発症する可能性のある病気は枚挙にいとまがない。ダイエットの炭酸飲料についての科学的知見は、そこまで確かでない。コーラからダイエットコーラに切り替えれば、砂糖の消費量は減らせるが、他の問題を引き起こすかもしれない。人工甘味料は、必ずしも原因だとはされていないものの、体重増や糖尿病、心臓病との関連が指摘されている。


      20日に同じ研究者グループが発表した2つの研究結果は、ダイエットにせよ通常のタイプにせよ炭酸飲料を飲む人に、その習慣を完全にやめさせるよう促す全く新しい理由を提示した。一つは医学誌「ストローク」に掲載された論文で、人工甘味料の入った飲料摂取と脳卒中やアルツハイマー病を含む認知症のリスク増加との間に関係があることが分かったとしている。もう一つは「アルツハイマー・アンド・ディメンシャ」に載った研究報告で、砂糖入り飲料の消費増とアルツハイマー病発症前のパターンとの関連を指摘している。


      研究は米ボストン大学医学大学院の研究者らが、数十年にわたる観察データを蓄積している「フラミンガム心臓研究」のデータ分析などを通して行った。フラミンガム心臓研究は1948年に5000人超のボランティア参加者に対する観察・研究からスタートし、71年からはその子どもたちを含め、2002年からは孫たちも含めるといった世代をまたぐ研究で知られる。


      アルツハイマー協会科学イニシアチブのディレクター、ディーン・ハートリー氏は、相関関係は必ずしも因果関係を意味するものではないと指摘。その上で、今回の研究は今後のさらなる研究のための重要な出発点となったと評価した。同氏は炭酸飲料についてはダイエットも通常のタイプも共に避けるのが最も安全だとし、「両方共に悪いと思う。普通の水が常に良い」と話した。

    ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-21/OOQRJD6KLVR401

    引用元: ・【医療】炭酸飲料の飲み過ぎ、アルツハイマー病と関連か-米国で最新研究©2ch.net

     炭酸飲料の飲み過ぎ、アルツハイマー病と関連か - 米国で最新研究 の続きを読む

    アザミ

    1:
    野草のアザミから取れる物質に、アルツハイマー病の症状を改善させる効果があると、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)や京都大などのチームが4日付の英専門誌電子版に発表した。新たな治療薬となる可能性があり、人での有効性や安全性を確かめるため、2017年度中に治験を始め、25年ごろをめどに臨床応用を目指す。


    アルツハイマー病は、脳内にアミロイドベータという老廃物タンパク質が凝集し、神経細胞を死滅させるために起きるとみられている。


    チームは、野草のアザミから抽出される「タキシフォリン」にアミロイドベータの凝集を抑制する作用があることに注目。マウスの実験では脳内のアミロイドベータの蓄積量は、投与しないマウスに比べて4分の1程度に減少、記憶力を測るテストでも正常なマウスと同等の結果となった。

    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170406/dct1704060700001-n1.htm

    引用元: ・【医療】野草でアルツハイマー改善 新たな治療薬となる可能性 ©2ch.net

     野草のアザミから取れる物質「タキシフォリン」でアルツハイマー改善 - 国立循環器病研究センターなど の続きを読む

    認知症

    1:
     「最近、もの忘れが増えてきたけど、もしかして認知症では?」と、本人あるいは家族が不安になることがある。しかし、周囲に相談すると、「もの忘れは誰にでもある」「トシのせい」と言われることは多い。実際、「単なるもの忘れ」と「認知症」の違いはどんなところにあるのか。


     認知症の早期発見のために「もの忘れ検査ドック」を実施している番町診療所表参道(東京都渋谷区)の院長、山田正文医師が説明する。


     「『もの忘れ』には、単に加齢で起こる正常の延長線上のものと、病的な症状が始まっているものと、大きく分けて2つあります。なかでも、最近注目されているのは、認知症ではなく、その前段階と言われる軽度認知障害(MCI=Mild Cognitive Impairment)です」

     まずMCIになり、そこからさまざまなリスクファクター(危険因子)があると、一般に言われる認知症へ移行していくと考えられている。つまり、MCIの段階で適切な対処をしないと、認知症になってしまう確率が高いという。反対に、MCIの段階で早期に発見し、リスクファクターを治療していけば、認知症への移行を食い止める、あるいは遅らせることも可能というわけだ。



     では、認知症に移行する危険な兆候にはどんなものがあるのか。

     「一般的に高脂血症、高血圧、糖尿病、心臓病などはすべて血管に変化をもたらすリスクファクターと言えます。他にも、甲状腺機能の異常など、さまざまなものがあります」

     基本的に脳腫瘍以外の脳の病気は、血管が詰まる・破けるなど、脳の血管の変化によって起こるものだという。血管に変化が起こり、血流が悪くなることで、脳の機能が落ち、認知症に移行してしまう可能性があるのだ。



     では、MCIの段階で発見するにはどうしたら良いのか?

     「記憶力が低下する、空間認識ができないなど、脳の機能的変化について、本人が『少しおかしい』と思う段階では、まだ認知症は始まっていない可能性が高いです。ですから、『最近少し変だな』と思った時点でMCIの検査を受けましょう」

     検査により、MCIの疑いありと判定された場合には、採血などでリスクファクターの有無を調べるほか、MRI画像で脳の器質的変化をみる、本人や家族に詳しく問診をするという流れが一般的だそう。リスクファクターがあった場合には、その治療が必要になる。

     もの忘れなどが気になる人は、地域の“もの忘れ外来”や認知症を診る医療機関に相談してみては?

    http://www.zakzak.co.jp/smp/health/doctor/news/20170207/dct1702071530001-s1.htm

    引用元: ・【医療】【キレる老人と認知症】「単なるもの忘れ」と「認知症」の違いは… 「少し変だな」の段階で早めに検査を©2ch.net

     「単なるもの忘れ」と「認知症」の違いは… 「少し変だな」の段階で早めに検査を の続きを読む

    サルバドール・ダリ

    1:
    巨匠の筆遣いに神経疾患の兆候、早期診断の一助に 研究

    【12月30日 AFP】絵画界の巨匠であるサルバドール・ダリ(Salvador Dali)やウィレム・デ・クーニング(Willem de Kooning)ら、神経変性疾患を患っていたことで知られる画家の作品を分析した結果、筆遣いの変化を病気の早期診断に役立てられる可能性があることが分かったとの研究結果が、29日に発表された。


    研究チームは、パーキンソン病を患っていたスペイン出身のダリやカナダ先住民画家ノーバル・モリソー(Norval Morrisseau)、アルツハイマー病を患っていたオランダ出身のデ・クーニングや米画家ジェームス・ブルックス(James Brooks)の作品を含む絵画2029点の分析を実施。

     
    比較対象として、これらの疾患がなかったとされるマルク・シャガール(Marc Chagall)やパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)、クロード・モネ(Claude Monet)の作品も加え、絵画の真贋(しんがん)鑑定でのパターン分析に使用されるフラクタル解析を用いて作品の相対的複雑性を計測した。

     
    分析の結果、デ・クーニングとブルックスについては、アルツハイマー病と診断されるずっと前の40歳前後で複雑性の明らかな低下がうかがえた。デ・クーニングが正式な診断を受けたのは85歳を迎えた1989年、ブルックスは79歳の時だった。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:AFPBBNews 2016年12月30日 07:19 発信地:ロンドン/英国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3112780

    ▽関連
    Maynooth University
    Can paint strokes help identify Alzheimer’s?
    https://www.maynoothuniversity.ie/news-events/can-paint-strokes-help-identify-alzheimer-s

    引用元: ・【神経心理学】巨匠の筆遣いに神経疾患の兆候 病気の早期診断に役立てられる可能性 ©2ch.net

     巨匠の筆遣いに神経疾患の兆候 病気の早期診断に役立てられる可能性ってマジか の続きを読む

    このページのトップヘ