じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    アイコス

    1:
    大人気で供給が追い付かない製品もある加熱式タバコ。アイコス(IQOS)、グロー(glo)、プルーム・テック(Ploom TECH)の三大加熱式タバコは、それぞれどんな機能を持ち、どんな吸い心地、使い心地がユーザーを惹きつけているのか。2ヵ月にわたって3種類を「吸い比べ」した筆者が詳しく報告する。



    ● 筆者を唸らせた加熱式タバコは? 個人的なテスト結果を中間報告

    最近、カバンが重くてしようがない。タバコが重いのである。3種類の加熱式タバコ機器とそれぞれ2、3個のタバコパッケージ、おまけに充電器まで持ち歩いているからだ。


    3種類の加熱式タバコが出そろって、なんとか全部入手できたのが6月末だから、全種類を試飲(試吸)してからほぼ2ヵ月経過した。そろそろ一つに絞る時期である。個人的なテストの中間報告をしておこう。発売順に3方式の形状、重さ、大きさ、特徴を記しておく。カタログ数値ではなく、実測した。


    「アイコス」(IQOS)はフィリップ・モリス(本社アメリカ)の製品で、日本で大量に発売された最初の加熱式タバコだ。タバコの葉を燃やさず、充電池で熱した器具(金属ブレード)によって加熱し、タバコ葉の蒸気を吸うという仕組みである。燃やさないのでタール(黒褐色の有害物質の液体)や一酸化炭素が出ないか、非常に少なくなるという触れ込みだ。メーカーの資料には有害物質を90%カットしている、と書いてある。


    アイコスの本体は充電器とホルダー(葉巻のような形の加熱器)で構成されているので、けっこう重い。本体の重さは119.6g(うちホルダーが20.1g)もある。本体の大きさは、 高さ113mm×幅52mm×奥行き10mmから20mmだ。奥行きに差があるのは、曲面で構成されたデザインだからだ。手に馴染みやすい。ホルダーはタバコのスティックを挿入する葉巻状のもので、高さ(長さ)94mm、直径は最大で14mmだった。


    タバコ葉の銘柄は「マールボロ」で、アイコス専用の製品が6種類発売されている。パッケージ1箱20本入りで21.8g。箱の大きさは高さ48mm×幅73mm×奥行き14mmと小さい。タバコ(スティック)1本の重さは0.8g、長さ45mm×直径7mmだ。ふつうのタバコの半分に近い長さである。


    これをホルダーに挿入する。ホルダーには電熱器の金属ブレードが入っており、ここに差し込むと加熱され、タバコ葉が蒸し焼きになって蒸気とともにニコチンを吸入することになる。1箱460円だから、普通の「マールボロ」と同じだ。


    燃えているわけではないので、スティックが灰になって容積が減ることはない。ホルダーで加熱する時間はホルダーの電気がなくなるまでの時間で、約6分間である。6分もあれば十分だ。ちょうどふつうのタバコ1本を喫する時間と同じくらいか、やや長いだろう。よく計算されている。


    燃えてはいないが、吸殻(と言っていいのか)を見ると紙の部分がときどき焦げているので、多少の一酸化炭素と有害物質は出ていることがわかる。燃えカスではないとはいえ、少し焦げているのでゴミ箱に捨てるのははばかられる。


    肝心の味だが、6種類の製品を全部試してみた。味は大きく2種類に分かれている。普通のタバコ系3種類、ミント・メンソール系3種類だ。普通のタバコ系は独特の味で、ポップコーン臭と言う人が多いが、慣れると普通のタバコのように感じる。ポップコーン臭がいやだという人は、ミント・メンソール系を選んでいるようだ。



    ● アイコスの難点は本体が重いこと 第2世代は充電タイミングがわかりやすい

    アイコスの難点は、本体が重いことだ。119.6gである。筆者のスマホは139.1gだから、同じくらいだ。ズボンのポケットに入れると確実に型崩れする。


    写真:大人気の加熱式タバコ3種類、右からアイコス(IQOS)、グロー(glo)、プルーム・テック(Ploom TECH)。吸い心地・使い心地を徹底検証した。

    no title
     

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00139206-diamond-bus_all



    3:

    それに充電器の本体でホルダーを充電するので、電気的な回路が多く、エラーがかなり頻繁に起きる。一度タバコを引っこ抜いてリセットすることも多く、面倒くさい。最近の製品は留め金などの故障は減っているようだ。


    第2世代のアイコスは、ホルダーにバイブレーターが仕込んであり、電気がなくなったときにすぐ分かるようになっているので便利だ。本体にも充電する必要があるので、別にUSB接続の充電器が付属している。これも持ち歩くととうていポケットには入らないことになる。


    ★6種類を2ヵ月試飲(試吸)したところ、筆者に合っているのは「SMOOTH REGULAR」と「MINT」で、それぞれ中庸の製品だ。



    ● 小型紙パックのジュースのよう 充電器本体で吸う手軽なグロー

    アイコスの次に発売されたのが「グロー」(glo)である。これはブリティッシュ・アメリカン・タバコ(本社イギリス)の製品で、タバコの銘柄は「ケント」である。


    グローが面白いのは、充電器本体にタバコのスティックを挿入して、挿入したまま吸うところにある。つまり機器は一つしかないから、便利ではある。本体ごと吸っているから、はた目にはストローで小型紙パックのジュースを飲んでいるように見える。


    本体の重さは104.3gだから、アイコスより少し軽い。大きさは高さ83mm×幅44mm×奥行き17mmから22mmだ。奥行きに差があるのはアイコス同様、曲面デザインだからである。奥行きに差があるので手から滑り落ちることはない。高級感はある。


    タバコ(ネオスティックという)は普通のタバコと同じ形態で、ちょうど「ケント」のエス・シリーズと同じように細長い。専用のネオスティック「ケント」は3種類あり、やはり普通のタバコ系とミント・メンソール系である。後者が強弱2種類ある。味は、普通のタバコ系はかなり強いポップコーンというか、焼いたトウモロコシのような味がする。


    タバコ・スティックは1箱(20本入り)16.2gで、1本わずか0.4gだから、アイコスの半分しかない。1箱の大きさは高さ86mm×幅56mm×奥行き11mm。1本の長さは82mm、直径5mmと細い。1箱420円、普通の「ケント」エス・シリーズが410円だから、ほぼ同じだ。


    ネオスティックを本体の穴に挿入し、スイッチを入れてスティック全体を加熱する。加熱完了まで、インジケーターが作動しているのでわかりやすい。グローの難点は、紙パックをチューチュー飲んでいるようなスタイルと、細長いスティックの出し入れに注意が必要なことだ。


    電気的なメカニズムは単純なので、エラーしようがない。必ず動作する。喫煙スタイルは慣れれば問題ないだろう。気にしているのは自分だけかもしれない。


    軽くて細長いタバコのスティックを小さな穴に挿入するので、途中で折れそうになる。私の友人(巨大金融機関の幹部)は、吸い終わって取り出すときに折ってしまい、熱いカスを出そうとしてパニックになっていた。吸殻は、燃えたわけではないので容積は減らない。細長い分、ゴミも大きい。灰皿に入れにくい。携帯灰皿には入らない。したがって、しばらく放置して冷まし、ゴミ箱に捨てるしかない。燃えてはいないものの、残滓の紙部分は若干焦げているので、一酸化炭素やタールが少し出ているのだろう。


    グロー本体はアイコスより軽いとはいえ、100gを超えているので、やはりズボンのポケットには入れにくい。アイコスもグローも専用の収納ケース(本体や充電器や掃除セットも収納)を売っている。はなからポケットに入れて持ち歩くことは想定していない。


    専用ケースを買う必要性を感じるかどうかはユーザー次第。グローにも専用のミニUSB充電器が付属していて、やはり持ち歩きには面倒だ。


    ★3種類試飲して2ヵ月、レギュラー味は1種類なのでこれしかない。メンソールは弱いほうが筆者には合う。



    5
    ● 最後発のプルーム・テックは 先行製品とはまったく違う発想

    そしてわが国のJT(日本たばこ)が最後発として東京で発売開始したのが「プルーム・テック」(Ploom TECH)である。これは先行する2社とはまったく違う発想の製品だ。


    ボールペンのような形状の棒が本体である。本体は2つに分かれ、バッテリー側の棒の重さが10.5g、タバコのカプセルを入れた使い捨てカートリッジが7g、計17.5gしかない。これしかないのである。長さは本体のバッテリー側63mm、使い捨てカートリッジ側70mm、接続して全長130mm、そして直径9mmだ。まさしくボールペンサイズである。接続はオスメスのねじ式だ。


    タバコ・カプセルは1箱5個入りで発売されている。パッケージは17.8g、大きさは箱の高さ97mm×幅56mm×奥行き15mmとタバコのパッケージに合わせているが、カプセルは1個0.6g、長さ24mm、直径9mmの小さな円筒である。箱にはちょうど5カプセル分のカートリッジが一つ付いている。1箱460円。1カプセルは50回吸って終わるので、だいたいタバコ20本と同等だと考えられる。


    プルーム・テックのカプセルには「メビウス」由来の粉が入っている。使い捨てカートリッジには、グリセリン(保湿、保存、甘味)、プロピレングリコール(保湿、殺菌)、トリアセチン(溶媒、保湿)、水が入っていて、バッテリーを作動させて液体を瞬間的に気化する。そのガスをカプセルのタバコ葉の粉を通して吸い込むというわけだ。もちろんタバコのニコチンが標的である。ボールペンのように胸のポケットに入れて持ち歩く。3種類ではもっとも持ち歩きやすい。吸い込むときだけ電源がオンになるので、充電のスパンは長い。充電器はUSB接続だ。


    味だが、3種類あり、普通のタバコ系1種類、ミント・メンソール系2種類である。前者は若干のアルコール臭を感じる。グリセリンの味だろう。したがって、慣れるまでは時間がかかるだろうが、ミント・メンソール系なら普通のタバコとあまり変わらない。アイコスやグローと違い、タバコ葉や紙を加熱することはないので、タールや一酸化炭素は99%減少しているとメーカーは言っている。タバコ葉と紙を加熱していない分、グリセリンの甘い味が他の2種類より強いように思う。


    プルーム・テックは軽くて小さく、携帯にはいちばん便利だ。ただし、ボールペンをくわえているようなスタイルが気になる。気にはなるが、これも周囲は関心をもたないかもしれない。


    最大の利点は、ゴミがほとんど出ないことである。タバコ1箱分で、小さな使い捨てカートリッジ1個とカプセル5個しかゴミは出ない。樹脂製だと思われるので、だいたいどこの自治体でも燃えるゴミである。


    バッテリー側の棒が本体だが、製造が追いつかず、いちばん入手しにくい。しかし、どういうわけか互換性のあるバッテリー棒が大量に出回っていて、筆者もそれを使用している。正規品はまだ抽選に当たらず、購入できていない(8月の抽選にもはずれた!)。純正カートリッジとカプセルは、通販か専門店でいつでも購入できる。



    ★レギュラーは1種類しかない。ミント・メンソール系では弱いほうが筆者には合う。





    ● 共通の利点はタールがほとんど出ないこと 加熱式タバコにしてから頭痛が消えた!

    そろそろ1つに絞ろうと思いつつ、まだ結論が出ない。したがって3種類の機器とタバコのステッィクやカプセルを全種類持ち歩くはめに陥っているわけだ。充電器は共用できるので1種類だが、まとめるとかなり重く、かさばるのだけれど。3種類に共通する利点だが、やはりタールがほとんど出ないことにある。私は40年以上、頭痛に悩まされてきた。

    バファリンを常時携帯し、毎日のように起きる頭痛に対応していた。ところが、加熱式タバコに変えた日から、なんと一度も頭痛が起きていない。頭痛はタールが原因だったと思われる。これは、最大のメリットとなった。


    【本稿は個人的な体験を元にしており、科学的な根拠はない。加熱式タバコの人体に与える影響がデータとして明確になるのは、何年も先のことだろう。吸引は自己責任で。周囲に迷惑をかけないように】

    ※以上です

    引用元: ・【愛煙】加熱式タバコ「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」を吸い比べ “満足度”レポート [無断転載禁止]©2ch.net

     加熱式タバコ「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」を吸い比べ “満足度”レポート の続きを読む

    1:
    液体を蒸気(エアロゾル)にして吸引できる「電子たばこ」にはさまざまなフレーバーがあり、タバコの代わりの嗜好品として一部で人気になっています。ニコチンを加えることもできる電子たばこで吸引するエアロゾルを科学的に調べたところ、タバコに含まれるのと同じDNA損傷の可能性のある物質が含まれているという調査報告が挙がっています。

    Automated 3-D Printed Arrays to Evaluate Genotoxic Chemistry: E-Cigarettes and Water Samples - ACS Sensors (ACS Publications)
    http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acssensors.7b00118
     

    E-cigarettes 'Potentially as Harmful as Tobacco Cigarettes' - UConn Today
    http://today.uconn.edu/2017/06/e-cigarettes-potentially-harmful-tobacco-cigarettes/
     

    コネチカット大学のKarteek Kadimisetty氏らの研究チームは、電子たばこで吸引する液体の中に含まれる化学物質が健康に悪影響を与えないかを調べました。調査では、電子たばこリキッドに含まれるあらゆる化学物質を調べるのではなく、普通のタバコに含まれる「DNA損傷を引き起こす可能性がある物質」として知られている3つの発がん性化学物質に狙いを定めた上で、発がん性物質が検出されるかを調べています。


    環境試料の遺伝的な有害性を判断するには、数万ドル(数百万円)の費用がかかる専用機器を使用する必要があるとのこと。そこで、Kadimisetty氏らは時間と費用がかかる従来の方式に代わる方法として、3Dプリンターを使って非常に目の細かい微細なアレイ(マイクロウェル)を出力して、その中に特定のヒト酵素を含ませた上で、サンプルの液体を吸着させて遺伝的な毒性の強さを計測しました。


    この手法では、ヒト酵素と反応してDNA損傷を引き起こす可能性がある場合は電気化学発光法(ECL)によって光の強度が測定され、わずか5分以内でDNA損傷を引き起こす相対的な強度を調べることができ、マイクロウェルの製造にかかるコストは1ドル(約110円)と、低廉かつ迅速な検証が実現されています。


    実験では電子たばこの20回の吸引(20パフ)でタバコ1本分の喫煙に相当するという基準で評価が行われ、20パフ・60パフ・100パフでサンプルが集められました。実験の結果は、吸引回数が多くなるほどDNA損傷の可能性が高まるというもので、電子たばこはタバコと同程度のDNA損傷を引き起こす可能性があることが分かりました。オレンジ色(nf-TC)がフィルターを使わないでタバコを喫煙するときで、緑色(EC)がニコチン入りフレーバーを電子たばこで吸引するときのDNA損傷を引き起こす発行の相対的な強度を示したグラフ。ニコチン入りの電子たばこは通常のタバコに勝るとも劣らない影響を及ぼすことが分かります。


    研究を主導したKadimisetty氏は、「当初、電子たばこによるDNA損傷の程度がタバコと同程度だとは予想していなかったので、結果からショックを受けました。サンプルを希釈して実験をやり直しましたが、DNAに損傷を与えうる傾向は依然として残っており、電子たばこに含まれる何かがDNA損傷を引き起こしていたのです」と述べています。


    今回の実験では既知の発がん性物質3種類に限定して調査が行われましたが、電子たばこには健康に被害を与えうる数百種類の化学物質が含まれているという指摘もあります。「電子たばこだから普通のタバコのような健康被害がない」と考えるのは正しくないと言えそうです。

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://gigazine.net/news/20170614-e-cigarette-harmful-as-tobacco/

    引用元: ・【化学】電子たばこは普通のタバコと同じくらい健康を害することが判明(コネチカット大研究) [無断転載禁止]©2ch.net

     電子たばこは普通のタバコと同じくらい健康を害することが判明 - 米コネチカット大研究 の続きを読む

    1:
    現在、紙巻タバコに代わって、電子タバコの市場が劇的に拡大している。我が国における人気のほども、街中の販売店に立ち並ぶ購入希望者を見れば一目瞭然だろう。特に、米「フィリップモリス」社の加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」の普及には驚かされるばかりだ。



    ■IQOSに高濃度の発がん性物質、受動喫煙の危険も

    しかし、ここにきて、安全性を謳う「IQOS」に暗雲が立ち込めている。スイス・ベルン大学の研究者らが「IQOS」の危険性を独自に調査した結果、直接的に“がんの原因”となる化学物質が「紙巻タバコよりも多い」ことが分かったというのだ。


    国際ニュース通信社「Reuters」(5月26日付)によると、「フィリップモリス」社から販売されている「IQOS」用タバコに「一酸化炭素」、「多環式芳香族炭化水素」、「揮発性有機化合物」といった有害物質が含まれていることが分かったという。分析にあたった研究者らは、「これらの有害物質に安全な最低基準は存在しない」ため、どんなに少量でも人体に有害であるとの見解を示している。


    さらに、「フィリップモリス」社の紙巻タバコ「Lucky Strike Blue Lights」と比較したところ、IQOS用タバコには、これより高濃度の有害物質が含まれていたというから驚きだ! 「従来のタバコに比べて90%の有害物質をカット」を謳う「IQOS」にとって、これは致命的だろう。


    no title

    no title


    「IQOS」ユーザーには大悲報だが、非喫煙者にとって問題となる「受動喫煙」はどうなのだろうか?加熱式電子タバコは煙をほとんど出さないため、周囲の非喫煙者が意図せずして(副流)煙や、有害物質を吸い込んでしまう「受動喫煙」の防止には有効そうだ。事実、「IQOSストア」では、「煙が出ないから、もっと快適に」と謳われており、煙の排出が全くない=周囲への害がない、というイメージを消費者に訴えている。



    ■IQOSにも受動喫煙の恐れ

    しかし、世界五大医学雑誌の1つ『JAMA Internal Medicine』の副編集長であり、医学博士のミッチェル・カッツ氏によると、加熱式タバコからも「発がん性物質」が周囲に流出するため、公共の場での利用は非喫煙者の健康も害する恐れがあるという。一部の飲食店などでは、禁煙スペースでのIQOSの使用を認めているが、これは大きな問題となりそうだ……。


    一方、「フィリップモリス」社の広報担当者は、上述の研究を歓迎しつつも、「加熱式タバコは、紙巻タバコに比べて、有害物質のレベルを大幅に削減した」と、強気な姿勢を見せている。紙巻タバコよりも有害物質の濃度が高いという点については、実験方法の違いを挙げて反論しているが、さほど説得力は感じられない。


    以前トカナでもお伝えした先行研究では、電子タバコの原料に安全レベルの250倍以上の有害物質が含まれているとの調査報告もある上、2016年に行われたノースカロライナ大学の調査では、電子タバコも紙巻タバコと同じく、喫煙者の53もの遺伝子に変化を及ぼすことが分かっている。ちなみに、禁煙先進国であるシンガポールでは、電子タバコの所持自体が禁止されているほどだ。


    no title


    電子タバコには確かに「臭いが少ない」、「火傷の危険が少ない」といったメリットもあるが、健康面では、利用者がイメージしているような安全性には達していない、というのが現状なのかもしれない。研究チームのレト・アウエル教授も「加熱式タバコの有害性については分かっていないことが多く、評価が定まるまで使用は制限されるべき」と語っている。

    http://tocana.jp/2017/05/post_13365_entry.html
    http://tocana.jp/2017/05/post_13365_entry_2.html

    引用元: ・【電子タバコ】IQOS(アイコス)は紙巻タバコより高濃度発がん性物質を含んでいることが判明!科学者「副流煙も有害。使用制限を」 [無断転載禁止]©2ch.net

     IQOS(アイコス)は紙巻タバコより高濃度発がん性物質を含んでいることが判明!副流煙も有害だから使用制限を の続きを読む


    1:
    http://www.mag2.com/p/news/242147

    過熱する電気加熱式タバコの人気

    社会的な禁煙、嫌煙の流れや健康志向の高まりを受けて、健康に害を及ぼす煙を発生しない電気加熱式タバコの人気が過熱しています。火をつけたのはフィリップモリスジャパン(PMJ)のiQOS(アイコス)。2015年9月に発売された新商品ですが、現在までの累計販売台数はすでに300万台を突破するほどの人気振りで、まだまだ品薄の状態が解消できずに、全国の販売店ではいまだにiQOSを求める長蛇の列が続いています。


    このようなタバコ業界において近年稀に見る爆発的なヒットを目の当たりにして、ライバル企業が指をくわえて見過ごすわけがありません。特に電気加熱式タバコは、タバコを加熱するための本体をまずは購入する必要があり、初期費用として4,000円から1万円程かかります。


    その後、400円程の専用タバコを交換していく仕組みのため、ひとたび購入されれば他社の商品が入り込む余地のないプラットフォーム型のビジネスになっています。つまり、いかにいち早く自社のプラットフォームに多くの顧客を取り込むかで、ビジネスの成否が大きく左右されることになるのです。


    そこで、日本のタバコ市場で圧倒的なシェアを誇るJTは、2016年3月に福岡市の一部販売店とオンラインショップで、iQOSの対抗商品となる「プルーム・テック」を発売。JTは、特に福岡の飲食店などの施設でブルーム・テックの利用を促進する営業に力を入れ、プルーム・テックのみが使用できる施設が50か所以上に上るなど、後発組として巻き返しを狙っています。


    また、ラッキーストライクで馴染みの深い世界シェア2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)も2016年12月に仙台市限定で電気加熱式タバコ「glo(グロー)」のテスト販売を開始しました。BATも、スターターキットが通常価格で8,000円のところ、当初はおよそ半額の3,980円で提供するキャンペーンを実施するなど、積極的に顧客の取り込みを図ります。


    迎え撃つPMJは、現在旺盛な需要に生産が追い付かない状況を解消すべく、増産態勢を強化。加えて3月3日には、充電機能の強化や本体の強度を高めた第2世代機「iQOS 2.4 Plus」を投入し、強力なライバル2社が本格的に電気加熱式タバコの市場に参入する前に少しでもシェアを高めること全力を注ぎます。PMJは先行企業として、今後予想される「電気加熱式タバコ戦争」の幕開けに対して備えは万全といっても過言ではないでしょう。


    そんな電気加熱式タバコ市場のさらなる過熱を予感させる現状に冷や水を浴びせる事態が発生しました。それが、受動喫煙対策の強化を目的とした健康増進法の改正です。


    政府は、世界中から注目を浴びる2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、世界の中で最低レベルにある日本の受動喫煙対策を問題視。厚生労働省によれば、調査した世界188カ国のうち、公共の場所すべてに屋内全面禁煙義務の法律があるのは49カ国であり、屋内全面禁煙義務の法律がない日本は、世界最低レベルの水準にあることが判明したのです。


    現状、各企業や飲食店は分煙化を進めるなど受動喫煙対策に取り組んでいますが、このままでは世界的な水準から見ても不十分と言わざるを得ません。そこで、世界中から多くの人が訪れる2020年の東京オリンピックで「受動喫煙後進国」のイメージを持たれることを避けようと、状況の改善に向けて厳格な罰則規定を設けて飲食店での全面禁煙の導入を図るなど、規制の大幅な強化に乗り出しているのです。


    そして、この健康増進法の改正において、煙を出さず周囲への健康被害は少ないとされてきた電気加熱式タバコは、当初規制の対象から外れる見込みでしたが、一転してまだ検証が十分ではないとの結論に至り、規制対象に加わることになったのです。


    政府は今後も電気加熱式タバコの調査を進め、健康への悪影響がないと判明した段階で電気加熱式タバコを規制対象から外すことに方針を変更したのです。もし、電気加熱式タバコが規制対象から外れなければ、成長軌道にある売り上げにも大きな打撃を与えることはまず間違いないといえるでしょう。

    引用元: ・【煙草】やっぱりiQOSも規制対象に。加熱式タバコ人気に水を差す法改正 [無断転載禁止]©2ch.net

     やっぱりiQOSも規制対象に。加熱式タバコ人気に水を差す法改正 の続きを読む

    このページのトップヘ