メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    はげ

    1:
    隠すでも増やすでもなく時代は「魅せる」へ


    薄毛に悩む男性に似合う服装やヒゲの形、メガネなどのコーディネートをアドバイスし、新たな価値観を提示するユニークな企業が出現した。大阪市北区の「カルヴォ」だ。会社名は、イタリア語やスペイン語で「はげ」を意味するといい、昨年8月に設立された。4月には、薄毛モデルを起用したイベントを開催する予定で、大型連休の前後には、一般向けの本格的なサービスを開始するという。「コンプレックスを肯定できる社会を目指す」。代表者は壮大な〝夢〟を描いている。



    ■堂々!薄毛モデル

    昨年11月、大阪市内で開かれた撮影会。「カジュアル」と「フォーマル」の2つのテーマでコーディネートされた5人の薄毛の“モデル”が、御堂筋を歩いたり、中之島公会堂をバックにカメラマンのフラッシュを浴びたりした。カルヴォの松本圭司社長(44)によると、5人は会社経営者やサラリーマン。薄毛であることに、以前から悩みを抱えていたが、プロのスタイリングをはじめとする同社のサービスを受けて華麗に変身し、スーツ姿などで堂々とモデル役をこなした。


    撮影会の目的は、コーディネートを受ける前後の心理状態の変化を知るため。参加者は「自信になった」「髪形を気にして写真に撮られることを避けてきたが、今日は快感だった」と話していたといい、松本社長も事業への手応えを感じた。

    http://www.sankei.com/west/news/170313/wst1703130008-n1.html
    no title

    no title

    no title

    ※長いので続きはソースで

    引用元: ・「ハゲはもう隠すな」 薄毛新時代は「魅せる」がトレンド 頭を曝け出せ [無断転載禁止]©2ch.net

     「ハゲはもう隠すな」 薄毛新時代は「魅せる」がトレンド 頭皮を曝け出せ の続きを読む

    薄毛

    1:
    背の低い白人男性は薄毛になりやすい、欧州研究
    2017年03月10日 12:35 

    【3月10日 AFP】背の低い欧州系の男性は、早期脱毛症になるリスクが高いとする新たな研究結果が8日、発表された。

    同論文の主執筆者で、独ボン大学(University of Bonn)のシュテファニー・ハイルマン・ハインバッハ(Stefanie Heilmann-Heimbach)教授は、AFPの取材に「相対的に低身長の男性ほど、頭髪を失う可能性が高くなるようだ。毛髪脱毛症に関与する遺伝子の一部は、概して低身長に関連していることを、今回の研究データは示している」と語った。


    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:AFPBBNews 2017年03月10日 18:47
    http://www.afpbb.com/articles/-/3120893

    ▽関連
    Nature Communications 8, Article?number:?14694 (2017)
    doi:10.1038/ncomms14694
    Meta-analysis identifies novel risk loci and yields systematic insights into the biology of male-pattern baldness
    http://www.nature.com/articles/ncomms14694

    引用元: ・【生物学】背の低い白人男性は薄毛になりやすい 遺伝子変異を63個特定/独ボン大学©2ch.net

     背の低い白人男性は薄毛になりやすい 遺伝子変異を63個特定  - ボン大学(ドイツ) の続きを読む

    はげ

    1:
    5万2000人分の生体データを用いた調査で、著しい抜け毛・脱毛につながる遺伝子座(遺伝子の位置)を識別することに成功したことが報告されています。まだ個人の「はげ」をどうこうする段階ではありませんが、「なぜはげるのか」という遺伝的な原因の解明が進むことが期待されています。


    no title

    no title



    これはエディンバラ大学認識老化・認識疫学センターのSaskia Hagenaars氏と同センターの統計遺伝学者ウィリアム・デイヴィッド・ヒル氏らによって行われた研究で、学術誌・PLOS Geneticsに2月14日に掲載されました。


    Hagenaars氏らは、「はげ」に関するゲノム全体の共同研究を行っているイギリスの生体バンクと協力して、40歳から69歳の男性5万2000人のゲノムと健康データを調べました。その結果、著しい脱毛・抜け毛と結びついた、287の遺伝子座を正確に示すことができました。また、共通の遺伝的変異に基づいて「脱毛がない」「著しく脱毛する」を識別する予測アルゴリズムも開発したとのこと。Hagenaars氏によれば、男性を「はげ」にする遺伝的シグナルの多くは母親から受け継いだX染色体由来のものだったそうです。


    ヒル博士は、今回の研究に用いたデータは「はげの形」について集められたもので、はげ始めた年齢によるものではないので、今後、「はげ始め」を識別することができるようになればさらに強い遺伝的シグナルを理解できると期待しているとのこと。


    「個々人がはげるパターンを正確に予測するというところにはほど遠い」と、研究に携わったリカルド・マリオーニ博士は語っていますが、今回の研究で「はげ」の遺伝的原因の解明へ大きく踏み出したのは間違いないので、やがては期待されるような「はげ予測」もできるようになるのかもしれません。


    最終的に「はげ対策」までできるようになれば、悲しそうに「また髪の話してる」とつぶやくアスキーアートが使われることはなくなるはず。


               |
                |  彡⌒ミ
               \ (´・ω・`) また髪の話してる・・・
                 (|   |)::::
                  (γ /:::::::
                   し \:::
                      \


    http://gigazine.net/news/20170215-genetic-prediction-baldness/

    引用元: ・【医療】「ハゲになる遺伝子の位置」を科学者が特定、遺伝的原因の解明へ大きな一歩 [無断転載禁止]©2ch.net

     「ハゲになる遺伝子の位置」を科学者が特定、遺伝的原因の解明へ大きな一歩 の続きを読む

    1:
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35090747.html?ref=rss
    no title


    (CNN) マイク・トーマスさんは40代半ばで頭髪がほとんどなくなり、自己免疫疾患の円形脱毛症と診断された。眉やまつげも消え失せて人の視線を気にするようになり、引きこもりがちになった。「影響は生活のあらゆる局面に及んで、ひどく落ち込んだ」と振り返る。しかし今年に入って関節炎の治療に使われる錠剤を服用し始めたところ、7カ月でふさふさの頭髪が戻ってきた。


    トーマスさんは、スタンフォード大学とイエール大学が実施した臨床試験の被験者だった。この試験では、トーマスさんを含む円形脱毛症の患者66人に、やはり自己免疫疾患である関節リウマチの治療薬「ゼルヤンツ」を服用してもらった。


    その結果、被験者の半数以上は再び頭髪が生え、3分の1は失った頭髪の50%以上を取り戻した。別の研究では、がんの治療薬として承認されている「ジャカビ」を円形脱毛症の患者12人に使用してもらったところ、9人が50%以上の頭髪を取り戻した。


    円形脱毛症の患者にとって、これは大きな朗報かもしれないと研究チームは指摘する。だが気になるのは、加齢に伴って頭髪が薄くなる男性型脱毛症にも効き目があるかどうかだ。

    (以下略)

    引用元: ・【毛】円形脱毛症の人に朗報?、関節炎治療薬服用でふさふさの頭髪に [無断転載禁止]©2ch.net

     円形脱毛症の人に朗報? 関節炎治療薬服用でふさふさの頭髪に! の続きを読む

    育毛

    1:
    「薄毛に悩む人」が誤解している基本中の基本
    最も抜ける秋に必ずしておきたい髪のケア


    1年で最も抜け毛が多い季節は、実は秋。髪にとって毒となる紫外線や塩素を大量に浴びるのは夏ですが、その影響が実際に現れてくるのは2カ月ほど経ってから。抜け毛が多い秋こそ、薄毛対策をしっかりと行いたいところです。リーブ21が行った「頭髪に関する悩み度調査」によりますと、脱毛が進行している人は日本国内で推定約4200万人(2013年発表)。


    私はこれまで2万人近くの方の頭部を見てきました。お客様のお話を伺ってきて思ったのは、薄毛を促進してしまう行動が多いことです。しかも、育毛に良かれと思ってやられていることの多くが、逆に薄毛を
    招いています。 薄毛対策でまず大事なのは、毒素を除去することです。せっせと育毛剤を振りかける方も多いのですが、毒素がある限りは解決には至りませんし、毒素を消すだけでも髪が生えてくることも多いのです。


    髪にとって毒になるのは、紫外線、塩素のほか、頭皮の乾燥、血行不良、合成洗剤のシャンプー、リンス、栄養不足、眼精疲労などです。薄毛対策とは、これらを除去することから始まるのです。

    イカハゲ
    http://toyokeizai.net/articles/-/137665

    引用元: ・【緊急速報】 ハゲの原因はシャンプーとリンス!! 石鹸に切り替えるだけで毛が生える可能性も [無断転載禁止]©2ch.net

     ハゲの原因はシャンプーとリンス!! 石鹸に切り替えるだけで毛が生える可能性も の続きを読む

    このページのトップヘ