メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    がん検診

    1:
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170606/k10011007641000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

    原発事故当時4歳の子どもが、福島県の甲状腺検査のあと、がんと診断されたのに専門家で作る検討委員会に報告されていなかった問題を受けて、検討委員会は検査のあとでがんと診断された人も把握できるよう報告の基準を見直す方針を示しました。


    この問題は、福島県の甲状腺検査のあとで、これまでで最年少となる原発事故当時4歳の子どもが、県立医科大学でがんと診断されたのに専門家でつくる検討委員会に報告されていなかったものです。


    5日、問題が明らかになってから初めてとなる検討委員会の会合が福島市で開かれ、県の担当者が、「検査後の経過観察の中でがんが判明した場合などは追跡が困難で、個人の情報でもあるので報告していなかった」と説明しました。


    これに対して委員からは、「個人情報に配慮しながらもできるかぎり把握すべきだ」とか「通常の診療になると全く追跡しないのでは信頼性に関わる」といった意見が相次ぎ、検討委員会は検査のあとでがんと診断された人も把握できるよう、今後、報告の基準を見直す方針を示しました。


    また、3巡目の検査までにがんやがんの疑いと診断された人が新たに6人増え、合わせて191人となったことも報告されました。検討委員会の星北斗座長は「個人情報を守りながらどう把握できるかを検討し、報告の対象や考え方を変えていくことなると思う」と話していました。

    6月6日 5時49分

    引用元: ・【健康】福島県の甲状腺検査 報告基準を見直しへ [無断転載禁止]©2ch.net

     福島県の甲状腺検査 報告基準を見直しへ の続きを読む

    1:
    BS日テレの「深層NEWS」に30日、国立がん研究センターの斎藤博・社会と健康研究センター検診研究部長が出演し、がん検診の利用法などを解説した。

     斎藤部長は、尿の臭いでがんを見つける最先端の取り組みに注目しながらも、「健康な人に不必要な精密検査が行われないよう、十分な研究を行う必要がある」と強調した。肺、胃、大腸、乳房、子宮頸(けい)部の検診は「科学的根拠がある」として、定期的に受けることを勧めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00050118-yom-sci

    引用元: ・【尿が臭い奴はガンの可能性】国立がんセンター斎藤博氏、最先端研究を説明 [無断転載禁止]©2ch.net

     国立がんセンター斎藤博氏、最先端研究を説明、がん検診を定期的に受ける事を勧める の続きを読む

    1:
    スポニチアネックス 5/18(木) 5:00

     ドラマ「スクール☆ウォーズ」の主題歌「ヒーロー」などのヒット曲で知られる歌手の麻倉未稀(56)が乳がんを患っていることが17日、分かった。テレビ番組の企画で受診した人間ドックで見つかった。近く左乳房を切除する全摘出の手術を受ける。


     関係者によると、医療番組の企画で4月6日に人間ドックを受診した際に、左乳房にしこりがあることが分かった。同12日に再検査を受け、医師から乳がんと診断された。発見されたのは約2センチの腫瘍が2つ。医師や家族と相談し、左乳房を全摘する手術に踏み切ることを決めた。関係者は「比較的早期の発見で、現時点で転移している様子もない」と話している。


     麻倉は自覚症状が全くなかったため、医師の宣告に驚くばかりだった。大病の経験がなく、過去に受けた乳がん検診で異常が見受けられたこともなかった。「ショックはショックでした…」と振り返りながら、「主人の前で大泣きしたらすっきりしました」と話し、気持ちは前向きだ。


     発見のきっかけとなったのは、22日に放送されるTBS特番「名医のTHE太鼓判」(後7・00)。人間ドックを5年間受診していなかったため、出演依頼を快諾した。番組では現在の心境を語り、治療の方針などを明らかにするという。


     入院はしておらず、現在も普段通りの生活を続けている。キャンセルする仕事もないという。術後はいったん静養し、早期の復帰を目指す。復帰の舞台は、7月14日に都内で行う歌手庄野真代(62)とのジョイントライブとなる予定だ。


    ◆麻倉 未稀(あさくら・みき)
    本名高橋徳子。1960年(昭35)7月27日、大阪市生まれ。81年に「ミスティ・トワイライト」でデビュー。ヒット曲にドラマ「スチュワーデス物語」の主題歌「What a feeling~フラッシュダンス」など。ミュージカル女優としても活動。



    人間ドックを受診し、医師の話を聞く麻倉未稀

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000004-spnannex-ent.view-000
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000004-spnannex-ent

    引用元: ・【芸能】麻倉未稀 乳がん…番組企画の人間ドック受診で発見 全摘手術へ [無断転載禁止]©2ch.net

     麻倉未稀 乳がん…番組企画の人間ドック受診で発見 全摘手術へ の続きを読む

    1:
    真っ黒で光沢のある毛並みのラブラドールレトリバーのエスパー(メス・8才)は、つぶらな瞳をトレーナーに向けてじっと指示を待っていた。エスパーの前に置かれたのは数十人分の人間の尿検体。そのうちの1つにはがん患者の尿が入っている。順々ににおいを嗅いでいくエスパーが、ある検体の前で動きを止め、トレーナーを振り返った。


    「正解です。それが、がん患者の尿です。よくできたな」


    エスパーは日本に5頭しかいない、においでがんを見つける「がん探知犬」の1頭だ。千葉県館山市にある「がん探知犬育成センター」で日々、冒頭のような訓練と、実際のがん検査に取り組んでいる。5月2日、がん探知犬での健康診断を行う山形県金山町で町民説明会が開かれ、探知犬の存在がにわかに注目されている。同町は胃がんによる女性の死亡率が全国1位。がんの早期発見のために、1100万円の予算で探知犬による検査を実施するという。



    ■我が家の愛犬でも訓練すれば飼い主の“がん検診”ができるようになる? 

    がん探知犬育成センター代表の佐藤悠二さんが語る。「探知犬のがん発見率は99.7%。それは犬が人間の100万~1億倍もの嗅覚を持つから可能なのです。しかし、どんな犬でもがん探知犬になれるわけではなく、狩猟犬として嗅覚が発達したラブラドールレトリバーの中でも、特に優秀な嗅覚と集中力を持つほんのひと握りの犬だけしかなれません」


    がん探知犬第1号は、天才的な嗅覚を持つ水難救助犬マリーンだ。マリーンは20m近く沈んだ水死体から発せられる微量のガスを嗅ぎ当てるほどで、前出の佐藤さんにその能力を見込まれて探知犬になった。
    現在、育成センターで活動する5頭はいずれもマリーンの血を引いている。


    「2004年から探知犬の育成を始めましたが、当時の医学界は“がんににおいがあるというのは非科学的だ”と否定的でした。それでも地道な訓練を重ね、マリーンががんを探し当てる確率はほぼ100%に到達しました」(佐藤さん)


    2011年、がん探知犬の論文がイギリスの医学誌に掲載されると世界中で話題となり、今では13か国でがん探知犬の実験や育成が行われている。「日本の探知犬は優秀で、放置すればがん化する可能性がある“前がん状態”まで発見できます。病院の検査では判明しなかったのに、犬ががんを見つけたことも。いまだに“がんのにおいのもと”が何なのかは解明されていませんが、がん患者に特有のにおいがあることはわかってきています」(佐藤さん)


    佐藤さんが共同代表を務める「ドッグラボ」では、探知犬による検査を実際に受けることができる。専用の呼気採取バッグに息を吹き入れてラボに送ると、1~3週間ほどで結果がわかるという。費用は3万8000円。病院で全身のがん検査を受ければ軽く10万円を超える。カメラを体に入れるような苦痛を伴う検査もなく、時間の制約もない上に費用も低い。手軽に受けられるのが魅力的だ。


    「今はまだがんの部位をお教えできる段階には至っていません。探知犬の検査で“可能性アリ”となったら、できるだけ早く病院で適切な検査と治療を受けてください」(佐藤さん)


    犬の嗅覚が、がん治療を劇的に変える時代が来るかもしれない。

    no title


    http://www.news-postseven.com/archives/20170514_548903.html
    http://www.news-postseven.com/archives/20170514_548903.html?PAGE=2

    引用元: ・【医療】日本に5頭しかいない「がん探知犬」、発見率は99.7% [無断転載禁止]©2ch.net

     日本に5頭しかいない「がん探知犬」、発見率は99.7% の続きを読む

    1:
    線虫と呼ばれる小さな生物が、人の尿の成分の臭いを嗅ぎ分けて、がんを早期に発見するという研究を、
    大手電機メーカーの日立製作所とベンチャー企業が共同で進めることになり、2年後の実用化を目指します。日立は、がんの早期発見に向けた研究をしている九州大学の広津崇亮助教が立ち上げたベンチャー企業と共同研究を進めることになりました。


    線虫と呼ばれる体長1ミリ程度の小さな生物が、犬を超える嗅覚を持つという特性を生かして、人の尿の成分の臭いを嗅ぎ分ける検査方法で、がんの早期発見を目指します。研究グループによりますと、線虫はがん患者に特有の尿の臭いに集まる習性があり、プレートに置かれた少量の尿に線虫が、どれくらい集まったかを数える方法で、がんかどうかを判定できるとしています。


    これまでは、人による目視で線虫を数えていましたが、日立が新たに開発した装置を使うと自動化できるとしています。特殊な光を当てて線虫の集まり具合を撮影し、多く集まった箇所を白く光らせて表示することで、線虫の分布の様子が一目でわかるということです。


    両社は、病院での臨床試験を続けたうえで、早ければ2年後の実用化を目指していて、この方法を使えば、数千円程度でがん検査ができ、早期のがんの発見にもつながると説明しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170418/k10010952761000.html

    引用元: ・【医療】尿の臭いでがんの早期発見 日立とベンチャー企業が実用化へ [無断転載禁止]©2ch.net



    1:
    日立製作所は18日、体長が約1ミリの線虫に人の尿のにおいを嗅がせ、その反応からがんを発見する自動検査システムを開発したと発表した。2019年をめどに装置の量産化を目指す。1回数千円で、体への負担が少ないがん検査が可能になる。

    九州大発のベンチャー企業のHIROTSU(ヒロツ)バイオサイエンスと共同研究を進める。判定の精度は約9割に達しているといい、さまざまながんの種類も特定できるようにする。線虫は犬並みに嗅覚が鋭く、がん患者の尿に近づく一方、健常者の尿からは逃げる性質を利用する。

    ソース/京都新聞社
    http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20170418000098

    引用元: ・【医療】線虫がん検査装置、日立が量産へ 検査1回数千円、19年めど [無断転載禁止]©2ch.net

     尿の臭いでがんの早期発見 線虫による癌検査装置、日立製作所が量産へ  の続きを読む

    このページのトップヘ