メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    うつ病

    1:
    日常生活の出来事に起因するストレスを点数化し、直近半年間の蓄積状況をマグニチュード(M)の大きさに例えて表すウェブサービス「ストレスマウンテン」の京都市版を、市こころの健康増進センターがホームページ(HP)で公開した。心の健康診断を手軽に行えるようにして、うつ病の危険度を確かめ、早期の予防と対策を促す。


    サービスは、米国の心理学者が提唱する「ストレスマグニチュード」というストレス評価手法に基づいて開発した。神戸市が日本人向けに改め、2013年3月から同市のHPで公開している内容を参照した。


    京都市版では、神戸市版と同様、個人や家庭、仕事に関する計50項目のチェック欄を設け、直近6カ月の出来事で当てはまる項目を選ぶ。ストレスが積み重なり最大のM10に達すると、山が噴火するアニメーションが登場する。


    画面では項目をチェックする度に、内容に連動したアニメが出てくる仕掛けもある。神戸市版の20個に加え、京都独自に10個を作った。「自分の昇進・昇格」をチェックすると舞妓が現れて芸妓に変わり、「転勤・単身赴任」を選ぶと新幹線が通過して背景に京都タワーが立つ。


    評価結果に併せて表示される「こころの健康対策」では、市内相談窓口の一覧を見ることができる。うつ病などによる京都市内の自殺者数は、16年に過去20年間で最少の187人に減り、最多だった2000年の369人から半減した。


    市こころの健康増進センターの波床将材所長は「市民が目に見えにくいストレスと要因を可視化し、 心の変調やトラブルの兆しに気付くための道具として活用してほしい」と話している。



    写真:京都市がうつ病や自殺の予防対策としてホームページで公開を始めた「ストレスマウンテン京都」

    no title


    以下ソース:京都新聞 2017年07月03日 11時48分
    http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170703000025

    引用元: ・【京都】ストレス…噴火していませんか? ウェブで心の健康診断 京都市[07/03]©2ch.net

     ストレスをためこんでいませんか? ウェブで心の健康診断 - 京都市こころの健康増進センター の続きを読む

    1:
    過労などが原因で「心の病」を患い、労災認定された人が2016年度は498人となり、2年ぶりに過去最多を更新した。職場のパワハラが原因で認定されるケースの増加が目立つ。体の病気による労災認定は、政府の「働き方改革」で残業時間の上限規制の適用を5年間猶予されることになった運送業が突出して多く、規制の強化を求める声が出ている。


     厚生労働省が30日、16年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。労災は各地の労働基準監督署が認定する。労働者の病気やけがが業務に起因するかどうかを、労働時間や勤務形態、仕事中に起きた出来事などから総合的に判断する。うつ病など「心の病」を発症して労災を請求した人は1586人。4年連続で過去最多を更新した。


     労災認定されたのは498人。14年度(497人)を上回り、こちらも最多となった。原因別にみると、職場でのパワハラを含む「嫌がらせ、いじめ、暴行」が74件。生死に関わる病気やけが、極度の長時間労働といった「特別な出来事」(67件)や「仕事内容・仕事量の変化」(63件)などの原因を上回り、比較可能な11年度以降で初めて最多となった。


     年代別では、20代の増加が目立つ。30代~50代が前年度より微減となる中、20代は20人増えて107人となり、全体を押し上げた。


     労災認定された人のうち、自殺や自殺未遂をしたのは84人。広告大手、電通の新入社員で15年末に過労自殺した高橋まつりさん(当時24)も含まれる。労災の請求件数や認定件数の増加について、厚労省の担当者は「(電通事件で)精神障害が労災対象になることが周知されたことも要因の一つだ」としている。


     過労死問題に詳しい森岡孝二・関西大名誉教授は、パワハラが原因の労災が増えた背景について「人手不足なのに業務量が増え、働き手にかかる負荷が高まる『高圧釜』状態の職場が多い。人間関係がギスギスし、パワハラが生じやすくなっている」と分析。20代の若者が即戦力として期待される傾向が強まり、職場で過度なプレッシャーにさらされているとも指摘し、「業務量を減らしたり、親身に相談・指導したりする配慮が職場に求められている」と話す。


     体の病気による労災認定も増えた。くも膜下出血や心筋梗塞(こうそく)など「脳・心臓疾患」で労災認定された人は前年度より9人多い260人。うち107人が過労死した。職種別では「自動車運転従事者」が89人と、突出して多かった。うち29人が過労死した。


     発症前2~6カ月の時間外労働が「過労死ライン」とされる1カ月あたり80時間を下回るケースでも14人が労災認定され、うち9人が過労死した。


     政府が3月にまとめた「働き方改革実行計画」は、残業時間の上限規制について、運送業への規制適用を5年間猶予し、その後の上限規制も他業種より緩めるとした。過労死弁護団全国連絡会議幹事長の川人博弁護士は「例外規定が極めて危険であることが改めて実証された。除外業種をつくらないことが重要だ」とのコメントを出した。(村上晃一、牧内昇平)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000009-asahi-soci

     
    no title

    引用元: ・【雇用】「心の病」の労災認定、過去最多 20代の増加目立つ [無断転載禁止]©2ch.net

     職場のパワハラなどによる「心の病」の労災認定、過去最多 20代の増加目立つ の続きを読む

    1:
     千葉大学などの研究グループは、関節リウマチの治療薬として既に利用されているインターロイキン(IL)-6受容体抗体が、ある種のうつ病患者に有効である可能性が示されたと発表した。


     うつ病は、非常によく知られたメジャーな精神疾患であるが、その生理学的機序は今なお、諸説あって明瞭ではない。また、そもそもうつ病と診断されている疾患群が、特定の単一の疾患であるのか、複数の疾患の総体たるものなのか、すら明らかではない。


     ただし、うつ病について、いくつかの有効な治療薬が既に実用化されていることと、そして、にも関わらず、その治療薬に反応しない患者が存在する、ということは確かである。このような患者は、現状では、
    治療抵抗性うつ病と呼称されている。


     そしてまた、もう一つの知見として、多くの過去の研究において、うつ病患者は血液中のIL-6濃度が健常者と比較して高い、ということが確かめられている。IL-6とは、T細胞やマクロファージなどによって産出されるタンパク質の一種で、液性の免疫を制御する、サイトカインと呼ばれる物質の一つである。なお、関節リウマチの原因となるものでもある。


     今回の研究はマウスによって行われたものであるが、うつ病モデルの実験用マウスに、IL-6受容体抗体を静脈投与すると、即効性の抗うつ効果が示されることが分かったという。また、うつ症状を示すとされる、マウスの脳内の樹状突起スパインの密度減少も改善していた。つまり、IL-6の阻害は、何らかの形で抗うつ作用に関わっている可能性があるのである。この結果は、近年唱えられている、「うつ病の炎症仮説」を支持するデータの一つとなる。


     この研究の詳細は、オープンアクセスジャーナルTranslational Psychiatryに掲載されている。(藤沢文太)

    財経新聞
    http://www.zaikei.co.jp/article/20170604/375102.html

    引用元: ・【医療】リウマチの薬にうつ病治療効果が?千葉大学の研究 [無断転載禁止]©2ch.net

     リウマチの薬にうつ病治療効果か 千葉大学の研究 の続きを読む

    1:
    うつ病や統合失調症など精神疾患の患者は年々、増加傾向にあり、厚生労働省は2011年、がんや脳卒中、心臓病、糖尿病に加えて「5大疾病」に位置づけた。14年の患者数は約390万人に上る。

    http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20170514-OYTNT50072.html

    引用元: ・メンヘラ増大中 うつ病や統合失調症患者が390万人突破 [無断転載禁止]©2ch.net

     メンヘラ増大中! うつ病や統合失調症患者が390万人突破 の続きを読む

    1:
    「鬱傾向にある人」の9割以上が医療機関で診断を受けていない-。

    鬱傾向にある人の意識と行動に関する調査で、こうした結果がまとまった。調査を担った藤田保健衛生大医学部の内藤宏教授(精神神経科)は「身近な内科医に相談し、そこから精神科受診を勧める体制づくりが必要」と話している。(村島有紀)


     この調査は、鬱状態でありながら、医療機関で診断・治療を受けていない潜在的な鬱病患者がどのような行動を取っているかを明らかにするため、塩野義製薬(大阪市)がインターネット上で行った。20歳から69歳までの1万9975人を調査。


    その結果、
    (1)最近1カ月間、気分が沈んだり、憂鬱な気持ちになったりすることがよくあった
    (2)最近1カ月間、物事に対して興味がわかない、あるいは心から楽しめないことがよくあった-

    の2つの質問で、いずれかが当てはまった人を「鬱傾向あり」に分類したところ、39%(7796人)が該当した。


     鬱傾向にある人は、ない人(1万2179人)に比べ、疲労倦怠(けんたい)感の身体的不調は2・5倍、睡眠障害も2・4倍、食欲不振または過食の割合も2・8倍多かった。さらに精神的不調については、「不安で、いてもたってもいられない」「気分が重苦しく、泣きたくなる」「死にたいと思うことがある」などがある割合が、5倍以上に上っていることが分かった。


     藤田教授は「鬱病は早期発見すればカウンセリングを受けたり、生活環境を変えたりすることで、薬を飲まなくても治るケースも多い。早期発見・早期治療がその後の治療期間の短縮につながる」と、受診と診断の重要性を強調する。


     また、鬱傾向があっても、医療機関で「鬱状態」などと診断をされている人はわずか8・1%で、約9割が未診断であることも分かった。未診断者(2028人)のうち、身近な内科医がいる人は約半数で、そのうち、相談する意向のある人は約3割、実際に相談できた人は1割にとどまった。


     相談したくない人の傾向は、「医師との関係が良好でない」「医師に相談しても、不調改善の効果を期待していない」など。また、「身近な内科医がいない」ケースは、20代、30代の若年層が比較的多く、「不調に対する重症意識が低い」「医師だけでなく家族や周囲との関係性も良好でない」といったケースが目立った。


     内藤教授は「相談したくないと回答した人の意見の中では、『医者は病気は診てくれるけど、病人として見てくれない』などもあり、医師側が改善しなければならない点も多く、医師の態度教育の必要性を痛感した」とする。

    以下ソース先で
    no title

    http://www.sankei.com/life/news/170523/lif1705230034-n1.html

    引用元: ・【健康】「鬱傾向にある人」の9割が未診断 かかりつけ医との連携必要 [無断転載禁止]©2ch.net

     【驚愕】 「鬱傾向にある人」の9割が未診断。 かかりつけ医との連携が必要 の続きを読む

    このページのトップヘ