メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    医療政策

    1:
    訪日外国人旅行者が急増する中、滞在中にけがや病気で病院にかかり、医療費が未払いになるケースが増えているとみられることから、厚生労働省は16日までに未払いの実態調査に乗り出すことを決めた。近畿運輸局が昨年、大阪府で実施した調査では、訪日客を受け入れた病院の30%で未払いが発生。旅行保険に入っていなければ全額自費払いになるため、救急病院にかかり1件で約800万円というケースもあった。


    国民の保険料や税負担に直接は影響しないが、病院経営を圧迫する要因になりかねないとの懸念が広がっている。


    配信 2017/7/16 16:38
    共同通信
    https://this.kiji.is/259222716698330615?c=39546741839462401

    引用元: ・【厚労省】外国人医療費未払い調査へ 訪日客急増で厚労省方針 大阪府では3割が未払い [無断転載禁止]©2ch.net

     外国人医療費未払い(踏み倒し)調査へ  訪日客急増で厚労省方針 の続きを読む

    1:
    厚生労働省と都道府県は自営業者などが加入する国民健康保険について公費の新たな配分ルールを固めた。国保の運営主体を来年度から都道府県に移すのにあわせ、医療費削減で成果を上げた自治体に公費を重点配分する仕組みをつくる。都道府県が自発的に医療費抑制に取り組むよう促す。

    現在、市町村が運営する国保加入者は約3300万人。都道府県への移管に伴って、大企業の健康保険組合の負担を増やす「総報酬割」の導入で浮く…※続く

    配信 2017/6/28 1:30
    日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18198220Y7A620C1MM8000/

    引用元: ・【厚労省】国保、医療費削減で成果をあげた自治体 公費重点配分  [無断転載禁止]©2ch.net

     国民健康保険について医療費削減で成果をあげた自治体に公費重点配分 - 厚生労働省 の続きを読む

    1:
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170625/k10011029951000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    脳の血管が詰まったり、破れたりする「脳卒中」は治療の遅れが死亡や重い後遺症につながることから、厚生労働省は全国で24時間いつでも専門的な治療が受けられるよう、医療体制を整備していく方針を固めました。脳卒中は、脳の血管が詰まる脳梗塞や、血管が破れる脳出血などがあり、年間10万人以上が死亡していますが、発症しても早く専門的な治療を受けることができれば、死亡や後遺症のリスクを大きく下げることができます。しかし、専門の医師が少ない地域では、適切な治療をすぐに受けられないケースもあります。


    脳梗塞の患者に有効な治療法で薬で血管の詰まりを溶かす「tーPA療法」は、発症から4時間半以内に行う必要がありますが、治療を受けられた人は推計で患者のおよそ5%にとどまっています。このため、厚生労働省は脳卒中を発症した患者が、「tーPA療法」などの専門的な治療を全国で24時間いつでも受けられるよう医療体制を整備していく方針を固めました。


    具体的には、地域にいる専門の医師が連携し、担当の時間帯を割りふるなどして24時間いずれかの病院で救急搬送された患者に、専門的な治療を行える体制を整えます。また、専門の医師がいない病院に発症後まもない患者が運び込まれた場合は、脳の画像などの検査情報を別の病院にいる専門の医師に送り、具体的な指示を受けながら治療を行えるようにします。


    厚生労働省は、こうした方針を今後、都道府県に示し、医療計画などに反映するよう求めることにしています。




    早期治療とtーPA療法

    脳卒中は、発症して時間がたつほど脳のダメージが深刻になり、死亡したり、手足のまひや言葉が出なくなるといった後遺症が出たりします。山口県宇部市に住む79歳の女性は、去年12月、深夜に脳梗塞を発症しましたが、病院に行くのが遅れ、朝になってから治療を受けたため、左半身にまひが残って歩くことが出来なくなりました。現在は入院し、リハビリに取り組んでいています。


    厚生労働省が4年前に行った調査では、要介護1から5までの人のうち、介護が必要となった主なきっかけが脳卒中だったという人は22%に上り、原因の中で最も多くなっています。


    脳卒中による後遺症を最小限に抑えるには早期の治療が不可欠です。このうち脳梗塞の患者に有効で、死亡や後遺症のリスクを大きく下げることができるとされているのが、「tーPA療法」と呼ばれる治療です。「tーPA療法」は、発症後、4時間半以内に薬を投与することで血管を詰まらせている血栓を溶かします。ただし、薬の量を誤ったり、血小板の少ない患者に投与したりすると、脳出血などを引き起こすおそれがあり、専門の医師のもとで慎重に実施する必要があります。


    日本脳卒中学会は、「tーPA療法」を全国で推進してきましたが、専門の医師がいない医療機関が多く、治療を受けられたのは推計で患者のおよそ5%にとどまっています。学会では今後、病院どうしが連携したり専門の医師を増やしたりして、5年後までに実施率を10%に引き上げる目標を掲げています。
    (リンク先に続きあり)

    6月25日 18時49分

    引用元: ・【健康】脳卒中の専門治療 24時間体制整備へ 厚労省 [無断転載禁止]©2ch.net

     脳卒中の専門治療 24時間体制整備へ - 厚労省 の続きを読む

    1:
    がん遺伝子の一括検査、保険適用に…厚労省方針
    2017年06月27日 15時00分
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170627-OYT1T50073.html?from=ytop_top

     厚生労働省は、がんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めた。2018年度中の実現を目指す。個々の遺伝情報を活用して最適な治療法を選択するがんゲノム医療の加速化を狙う。


     がんは遺伝子の変異によって増殖などの仕組みが違い、効果的な薬も異なる。肺、膵臓すいぞうなどのがんでは、特定の遺伝子を調べる検査が保険適用されている。一括検査は、次世代シーケンサーと呼ばれる装置を使い、採取したがん細胞の遺伝子を網羅的に調べる。100種類以上の遺伝子を一度に調べ、その変異を検出することができ、がんの診断や治療薬の選定がより効率的に行える。


     現状では保険が利かず、一部医療機関で患者が費用を全額負担する自由診療として行われている。費用は40万~100万円程度。

    引用元: ・【医療】がん遺伝子の一括検査、保険適用に…厚労省方針 2018年度中の実現を目指す©2ch.net

     がん遺伝子の網羅的一括検査、2018年度中に保険適用の実現を目指す - 厚労省 の続きを読む

    このページのトップヘ