じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    話題

    1:
    ネット上で差別的な誹謗中傷を受けているモデルで女優の水原希子(26)が、「この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」との願いをつづった。

    水原はアメリカ人の父と韓国人の母を両親にもつアメリカ生まれのハーフ。これまでもネット上では人種差別的な表現を含む書き込みが物議をことがたびたびあったが、水原がCM出演しているサントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」の公式アカウントが7日に投稿したキャンペーン告知ツイートに対し、水原を起用していることへの批判などが多数書き込まれる事態となっていた。

    水原は15日、ツイッターを更新。
    「今この世の中では色んな争いが起きてますが、どこの国で生まれても、どこの国で育っても、どこの国に住んでいても、みんな地球人である事には変わりありません。でも、この世の中で私の事を理解してくれている人がこんなにもたくさんいるという事に気づく事ができました。一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います。全ての争いがなくなる事を心から祈っています。LOVE & PEACE」とつづった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00004193-nksports-ent

    水原希子Twitterより
    LOVE & PEACE 

    no title

    水原希子
    no title


    ★1=2017/09/16(土) 10:59:40.97
    前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505527180/

    引用元: ・【韓国人ハーフ】水原希子、差別に屈せず「みんな地球人」「私が私らしくこれからも」★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     水原希子、差別に屈せず「みんな地球人」「私が私らしくこれからも」 の続きを読む

    1:
    「豊田真由子」告白に元秘書からの反論 “痴呆症か!”新音声データ公開



    「週刊新潮」報道から2カ月半あまりの沈黙を破り、月刊『文藝春秋』10月号で騒動について語った豊田真由子代議士(42)。元秘書の証言、そして未公開データから、豊田氏の告白を検証した。

     ***

    「最初から最後まで、要は『私は悪くない、政策秘書にとんでもないミスを連発されてしまった結果だ』という言い訳に終始しています。自分を省みる視点が欠落していると感じました」

     と、件の記事の感想を語るのは、“ハゲ”と罵倒され暴力を振るわれた当の元政策秘書の男性である。

     告白記事での豊田氏の主張は、概ね、“政策秘書はミスを繰り返す男性だった”“当初は我慢していたものの、〈パニック〉(『文藝春秋』より)になって、ついつい罵倒し、殴った”“悪いのは政策秘書だ”ということになる。

     “ミスを繰り返したから”という点についても政策秘書の男性は反論するが、

    「百歩譲ってそれが事実だとしても、パニックになって殴る蹴るといった暴行を働くような人が、本当に国会議員を続けて大丈夫なのか、ということになるとも思うのですが……」(同)

     そもそも豊田氏の罵倒の対象となっているのは彼だけではない。編集部が入手している音声データには、豊田氏のこんな発言も収められている。

    〈自分はのうのうと何百万もらっといて、松森もすごいねえ!〉

    〈痴呆症か! それもそれでジジイとババアで!!〉

     ここに登場する“松森”“ババア”とは、豊田事


    以下ソース
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09121700/?all=1

    引用元: ・【この、ハゲーーっ!】「痴呆症か! それもそれでジジイとババアで!!」 豊田真由子氏の新音声データ公開! [無断転載禁止]©2ch.net

     豊田真由子議員の暴言音声データが新たに公開www 「痴呆症か! それもそれでジジイとババアで!!」 の続きを読む

    1:
    生徒に度々暴言を浴びせるなどしたとして、神奈川県の県教育委員会は厚木北高の男性教諭(51)を停職1カ月の懲戒処分にした。県教委によると、教諭は5月、担任する男子生徒が遅刻をしたため注意をした際に、ネクタイを引っ張りながら「おら、クソガキ」「ボケ、カス」などと暴言を浴びせるなど生徒4人に不適切な指導を行った。

    また、顧問を務める女子バレーボール部で平成27年4月ごろから今年6月ごろにかけて、「カス」「部活のお荷物だ」などと発言した。教諭は「一方通行の指導しか、してこなかった。伝え方を改善する必要があると感じている」と話しているという。

    以下ソース:産経ニュース 2017.9.9 10:33
    http://www.sankei.com/affairs/news/170909/afr1709090008-n1.html

    引用元: ・【神奈川】生徒のネクタイ引っ張り「おら、クソガキ」「ボケ、カス」 厚木北高教諭を停職©2ch.net

     生徒のネクタイ引っ張り「おら、クソガキ」「ボケ、カス」 厚木北高教諭を停職 の続きを読む

    1:
    日本の“私学の雄”慶応義塾大学で、教授が女子学生と不倫していた。しかも、教授は立場を利用して一方的に学生を洗脳。それを大学は見て見ぬふりで……。

     ***

     慶応大学2年生の斉藤菜穂さん(21)=仮名=に、アラビア語などの講義を担当する総合政策学部・奥田敦教授(57)が接近し始めたのは、昨年の秋だった。

    「(奥田教授に)勉強に集中するように言われてサークルも辞め、帰宅も遅くなり、“研究室に泊まるから”と、帰らないことも増えました。ボーイフレンドとも別れ、冬休みも研究室に通うようになった。“思い出も捨てなきゃいけない”と、クローゼットからぬいぐるみを出して捨ててしまい、年が明けると“こんな自分にした親が悪い”と、私たちをなじるようになりました」 と、菜穂さんの異様な振る舞いを明かすのは、彼女の母親である。以来、菜穂さんは頻繁に外泊するようになり、2月下旬には妻子のある奥田教授と二人きりで沖縄に行くこともあったという。

    “先生とだったら世界征服もできそう”“死ぬのが怖くなくなってきた”とのメモを残すようになり、人格まで変わり始めた菜穂さん。両親が探偵に調査を依頼すると、「研究室」と言っていた行先は奥田教授のマンションだったことが発覚する。ところが、大学は両親の再三の訴えにもかかわらず、事態を事実上、放置したままだった。

     母親が相談したカウンセラーは、“菜穂さんは教授への全面的な依存症”と指摘。8月17日には、菜穂さんの両親、そして教授の妻が奥田教授のマンションに集まり、“奪還劇”が繰り広げられた。部屋では、菜穂さんが震えていたという。

     奥田教授は過去にもゼミ生に同じことをしていた、と教授の妻は語る。「奥田は彼女の家族も、うちの家族も壊している。何を考えているのか、さっぱりわかりません――」

    「週刊新潮」の取材に対し、奥田教授は「ノーコメント」の一点張り。慶応義塾広報室は「大学としてできる限り真摯に対応をさせていただいておりますが、現在対応中の案件であり、これ以上の詳細は回答を控えさせていただきます」との回答だった。

     ***

    9月7日発売の「週刊新潮」では、奥田教授の“不倫講座”を4ページにわたって特集。阿鼻叫喚の奪還劇の様子や、教授の“洗脳”、それを放置した慶応大学の責任について、詳しく報じる。

    「週刊新潮」2017年9月14日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00529970-shincho-soci

    度重なる不倫講座後も教授職に留まる(慶應義塾大学SFC奥田敦研究会HPより)
    no title

    引用元: ・【社会】慶応義塾大学の奥田敦教授が女子大生と不倫、立場を利用して一方的に学生を洗脳…大学は見て見ぬふり 過去にもゼミ生を毒牙に [無断転載禁止]©2ch.net

     慶応義塾大学の奥田敦教授が女子大生と不倫。立場を利用して一方的に学生を洗脳…大学は見て見ぬふり の続きを読む

    1:
    2017.9.7 16:16

     民進党の山尾志桜里元政調会長(43)=衆院愛知7区=が7日発売の週刊文春に既婚男性との不倫疑惑を報じられた問題で、ツイッターなどでは著名人からもさまざまな批判や擁護の声が上がった。待機児童問題に取り組んでいた議員だけに、作家の百田尚樹さんは「週に4回も密会となれば、子育てしながらは難しい。保育所の待機児童問題に熱心になるのは理解できる」と皮肉たっぷりにツイートした。

     タレントのフィフィさんも「今井(絵里子)議員になんの対応もしない自民に比べりゃ、山尾議員の離党を検討してる民進はマシに見えるけど『保育園落ちた、日本シネ』でママ達の味方ってフリしてたのはタチ悪いし、しかも宮崎(謙介)議員の不倫を散々非難して、そこにガソリン問題も追加したら、離党で済ませるとかおかしいでしょ、議員辞職が妥当」と手厳しい。

     一方、作家の室井佑月さんはテレビ番組で「仕事ができる人の方が良いわけだから」とした上で、「ここで終わりになっちゃうのはもったいない」などと擁護した。ジャーナリストの江川紹子さんも「今、山尾議員に離党しろだの議員辞職しろだの言っている民進党議員は、彼女が広告塔として自分の選挙の役に立つかどうか、しか頭にない、究極の自己チュー男じゃないか、と疑っている。名を名乗って言え」と投稿した。

     山尾氏は衆院愛知7区選出で当選2回。元検事で論戦力に定評があり、「保育園落ちた日本死ね」と書き込まれた匿名ブログを国会で取り上げ、安倍晋三首相を追及して注目を集めた。(WEB編集チーム)

    http://www.sankei.com/politics/news/170907/plt1709070030-n1.html
    no title

    引用元: ・【山尾志桜里氏不倫】「週4密会での子育て…待機児童問題に熱心なのも分かる」ツイッターで著名人も批判 [無断転載禁止]©2ch.net

     「山尾志桜里氏、週4密会での子育て…待機児童問題に熱心なのも分かる」ツイッターで著名人も批判 の続きを読む

    このページのトップヘ