メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    話題

    1:
    生理休暇取得1%割れ 男女雇用機会均等法も影響
    産経新聞 5/26(金) 7:55配信

     労働基準法で定められた生理休暇を取得する女性従業員の割合が、0・9%にまで低下していたことが25日、厚生労働省の調べで分かった。ピーク時の26・2%(昭和40年)から大きく減少。男性と同様に働く女性が増加する一方、妊娠・出産に向けた母性の保護の後退が改めて浮き彫りになった。


     生理休暇は昭和22年制定の労働基準法で、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と定められている。そのため、厚労省は一定規模以上の事業所に女性従業員の生理休暇の取得状況を調査。一日でも取得した人を示す取得率は35年に19・7%、40年には26・2%と、一時4人に1人が取得していた。


     しかし、その後は雇用における男女平等を求めた男女雇用機会均等法成立への流れの中で取得率が減少。同法が制定された60年には9・2%となった。さらに、平成11年の改正法施行により、女性の残業や深夜労働などを制限した女子保護規定も撤廃され、男性並みに働く女性が増えたとみられるが、15年度は1・6%、26年度には0・9%にまで落ち込んだ。


     労働政策などに詳しい第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部の的場康子上席主任研究員は「均等法の制定や改正により、女性の活躍の場は広がったが、それは、それまで女性を守っていたものが取り去られたともいえる。妊娠や育児は制限撤廃の例外とされているが、生理中の女性の保護についても、母性保護の観点で社会的な関心が高められるべきだ」と指摘している。 (小林佳恵)


    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000085-san-bus_all

    引用元: ・【社会】「生理休暇」を取得する女性の減少が深刻 母性保護の後退が浮き彫りに [無断転載禁止]©2ch.net

     「生理休暇」を取得する女性の減少が深刻。 母性保護の後退が浮き彫りに の続きを読む

    1:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16870290V20C17A5CR8000/

    2017/5/25 23:30日本経済新聞 電子版

     東京電力福島第1原子力発電所の事故後、放射性セシウムを含む微粒子が関東地方の広い範囲に飛んできたことが、東京理科大や東京大などの研究チームの調査でわかった。事故の進展過程を知る手がかりになるほか、放射性物質の環境や健康への影響を調べる材料となる。千葉市で開催された日本地球惑星科学連合大会で25日発表した。

     見つかったのは直径1マイクロ(マイクロは百万分の1)メートルほどのガラス状微粒子で「セシウ…

    引用元: ・【調査】放射性セシウム含む微粒子 「3.11」後、都内にも飛来 [無断転載禁止]©2ch.net

     【悲報】 放射性セシウムを含む微粒子 「3.11」後、都内にも飛来 の続きを読む

    1:
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00699329-jspa-life

    こんな“おりもの”は危険。感染症やガンのサインも…【女医に聞く】
    常に女性の体から分泌されている「おりもの」。これってそもそも何なの? 病気の時には変化するの?そんな疑問を解消すべく、女性特有の悩みを専門としている産婦人科医・上田弥生医師にお話を伺ってきました。


    ◆そもそも、おりものって何?

    ――そもそも、おりものとはどういう成分からできていて、どういう役割があるのでしょうか?

    「正常な状態のおりものは、

    ①外陰の皮脂腺、汗腺、バルトリン腺、スキーン腺

    ②膣壁からの漏出液

    ③膣や子宮頸管からの剥離細胞と頸管粘液

    ④子宮内膜や卵管からの分泌液

    ⑤微生物やその産生物

     で構成されています。

    引用元: ・おりものってなんなの?生理とは違うの? [無断転載禁止]©2ch.net

     おりものってなんなの? 何で臭いの? 生理とは違うの?  の続きを読む

    1:
    ITmedia NEWS 5/22(月) 16:04配信
    ヘルスケア大学
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000052-zdn_n-sci


     医師による監修をうたう医療・健康情報サイト「ヘルスケア大学」の記事に、間違いが多数含まれていると医師などが指摘している。運営元のリッチメディアはは5月22日、「指摘を受けた記事は社内で確認がとれ次第、修正する」「指摘受けていない記事についても再度、自社の企業努力として精査する」と発表した。


    →【指摘された「間違い」の例】


     ヘルスケア大学は、記事を医師が監修しているとうたう健康情報サイトで、5000人以上のドクターが参画しているという。病名などでGoogle検索すると上位にヒットすることが多く、ディー・エヌ・エー(DeNA)の医療サイト「WELQ」が閉鎖されて以降、注目が高まっている。運営元のリッチメディアは、ヘルスケア大学に加え、スキンケアに関する記事を掲載する「スキンケア大学」「メンズスキンケア大学」などを運営している。


     ヘルスケア大学をめぐっては、以前監修を手伝っていたという医師の桑満おさむさんが、「内容に間違いや不正確な点がある」と、具体的な記事をあげてたびたび指摘。5月20日付けのブログでは、膀胱炎に関する記事の誤りを多数指摘した。また、リッチメディアの社長や社員とも数回にわたって面談し、「間違った情報は健康被害の原因になる。いったん閉鎖すべき」と提言したが「走りながら、精査して訂正する」との回答だったとしている。


     リッチメディアは5月7日、「指摘を受けた記事は非公開にした上で修正し、医師の監修などを経た上で再公開する」と発表。複数の医師による監修の導入や、記事の改訂履歴を表示する仕組みを導入することも発表した。


     22日にも声明を発表。「指摘を受けた記事は社内で確認がとれ次第、修正する」「指摘を受けていないものについても再度、自社の企業努力として精査する」とし、「様々な情報から誤解を招くような状況を改善」するよう努力するとしている。


    最終更新:5/22(月) 16:04 ITmedia NEWS

    引用元: ・【医療・健康情報サイト】 「ヘルスケア大学」記事に「間違い多数」と指摘 運営元「精査する」[05/22] [無断転載禁止]©2ch.net

     リッチメディアの運営する 「ヘルスケア大学」の記事に「間違い多数」と指摘あり の続きを読む

    1:
    岡山大は、ちぎれた臓器など、生きた組織をくっつける新たな接着剤を開発した。体に優しく、接着力も強く、すぐくっつき、はがすのも容易。利点の多い新素材に、研究チームは医用以外にも広く使える「夢の生体接着剤」へつなげたいと期待している。


    組織接着剤は、主に手術時に切断面の止血や縫い合わせた傷の補修などに使う。現在、血に含まれるたんぱく質を利用したフィブリン系接着剤が市販されているが、接着力があまり強くないという弱点がある。岡山大歯学部の松本卓也教授(生体材料学)らは、骨や歯の主成分で、医用品や歯磨き剤、健康食品などに使われている「ハイドロキシアパタイト(HAp)」に着目した。


    HApはたんぱく質などを吸着する性質を持つ。研究チームは、たんぱく質をより効率よく吸着する微細構造を設計。独自の手法で成形し、シートや粉末状にした。このシートや粉末を切断面につけて押しつけると、すぐに組織のたんぱく質と反応して接着した。マウスの皮膚組織を使って接着力を比べると、従来のフィブリン系接着剤の2倍以上のひっぱり力に耐えた。


    また、水をたっぷり含ませるときれいにはがせるという。構造設計をした岡田正弘准教授は「HApは価格が安いうえ、無機素材なので加熱消毒ができ、取り扱いも容易という利点があります」と説明する。食べても大丈夫な成分なので、医用以外に、食品加工や接ぎ木や生け花など植物への応用も期待できるという。(中村通子)


    「夢の接着剤」でくっつけたマウスの心臓

    no title

    no title

    no title


    皮膚組織に対する接着力
    no title


    配信 2017年5月22日08時26分

    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK5J2HK7K5JPPZB001.html

    引用元: ・【医療】ちぎれた臓器ピタッ「夢の生体接着剤」 剥がすのも簡単 岡山大が開発 [無断転載禁止]©2ch.net

     ちぎれた臓器などをくっつける新接着剤を開発。 剥がすのも簡単 - 岡山大学 の続きを読む

    このページのトップヘ