メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    話題

    1:
    2016年3月22日、厚生労働省がロキソニンの「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出しました。このロキソニンの副作用について、私たち消費者はどう考えればいいのでしょうか?



    ロキソニンの副作用とは

    ロキソニンは腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果があり、関節リウマチや変形性関節症、腰痛、歯痛の鎮痛・消炎や急性上気道炎(いわゆる“かぜ”)の解熱・鎮痛などに用いられます。副作用としては、消化性潰瘍や血液異常、肝障害、腎障害、アスピリン喘息などがあります。この中の血液異常、肝障害、腎障害は、どの薬の副作用にも記載してあるもので、ロキソニン自体に特に多いわけではありません。



    なぜロキソニンで腸閉塞が起こるのか?

    今回、厚生労働省の指示で「重大な副作用」として追加されたのは、「小腸・大腸の狭窄・閉塞」。簡単に言うと「腸閉塞」です。メカニズムとしては、そもそも解熱鎮痛剤は消化性潰瘍を起こす危険性があります。潰瘍を形成し、腸が盛り上がったり変形したりすることで、
    狭窄や閉塞をきたす可能性があると考えられます。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13359262/

    引用元: ・神の薬ロキソニンの「重大な副作用」 腸閉塞が起こる可能性 厚労省 [無断転載禁止]©2ch.net

     消炎鎮痛剤ロキソニンの「重大な副作用」 腸閉塞が恐すぎる件 の続きを読む

    1:
    インターネット上に投稿された中傷記事で信用を傷つけられたとして、岐阜市の歯科医院「コメット歯科クリニック」(金光琢磨院長)が、岐阜県各務原市の歯科医院院長らに1億円の損害賠償を求めて提訴した。第1回口頭弁論が19日、名古屋地裁(村野裕二裁判官)で開かれた。


    訴えられた院長や代理人弁護士は出廷せず「主な関係者は岐阜県在住で、審理を岐阜地裁に移すべきだ」とする答弁書を提出した。弁護士は閉廷後、取材に「具体的な主張は今後、明らかにしていく」と話した。


    訴状などによると、訴えられた院長の依頼で、名古屋市のインターネット広告業者が2014年1~2月、ネット掲示板「2ちゃんねる」などに「患者をだまして高額なお金を得る、詐欺行為」「まるでカルト宗教」といったクリニックを中傷する記事を投稿したという。


    投稿に気付いたクリニック側が業者に発信者の情報開示などを請求し、各務原市の院長らの関与が発覚したとしている。

    https://mainichi.jp/articles/20170720/ddq/041/040/008000c

    引用元: ・2ちゃんに歯医者の同業他社が悪口 1億円提訴 [無断転載禁止]©2ch.net

     2ちゃんねるに岐阜の歯医者が同業他社の悪口を投稿で1億円の損害賠償を求められるwwww の続きを読む

    1:
    ■老眼が自然に治ることはない
    【Yes】治ったように感じたら核白内障


    ■ブルーベリーは目の健康にいい
    【No】確かなエビデンスがない


    ■目が疲れたらマッサージ
    【No】網膜剥離や白内障の原因に


    ■近視は病気ではない
    【No】強度近視は病気


    ■目に優しいコンタクトならドライアイでもOK
    【No】ドライアイはコンタクトに向いてない


    ■コンタクトは保存液に入れておけば安心
    【No】保存液に洗浄力はほとんどない


    ■眼球体操では目はよくならない
    【Yes】よくなるどころか網膜剥離の危険


    ■白内障は放置すると緑内障へのおそれが
    【Yes】白内障は緑内障の始まり


    ■白内障の予防薬で進行が止まる
    【No】白内障は薬では治らない


    ■手術は症状が悪化してからでいい
    【No】早く発見手術をすれば視力が回復


    ■白内障の手術はどこでも同じ
    【No】執刀医によって結果は全く違う


    ■アトピーや花粉症でも網膜剥離になる
    【Yes】目をこする、かくのは禁物


    ■網膜剥離はすぐに手術するべき
    【Yes】最高の腕の眼科外科医を見つけて



    詳しくはソースにて
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170709-00010086-jprime-life

    引用元: ・「眼球体操やブルーベリーが目にいい」はウソ 目のジョーシキがくつがえる! [無断転載禁止]©2ch.net

     「眼球体操やブルーベリーが目にいい」はウソ 目に関する常識がくつがえされる! の続きを読む

    1:
    精神病院で安易な身体拘束しないよう求める団体発足 | NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170719/k10011065341000.html
    7月19日 18時23分

    統合失調症や認知症など精神疾患の患者の体をベッドに固定する「身体拘束」について、安易に行わないよう訴える団体が設立され、今後、国に対し長時間の拘束の禁止など厳格なルールを定めることを求めていく考えを示しました。設立されたのは精神疾患の患者や家族、それに弁護士などで作る「精神科医療の身体拘束を考える会」です。


    身体拘束は精神科の病院で、はいかいや自殺などを防ぐために患者の体をベッドに固定する行為で、厚生労働省の調査では平成26年に全国で1万682人に行われ、10年間でおよそ2倍に増えています。


    19日、都内で開かれた記者会見で杏林大学の長谷川利夫教授は身体拘束に使われる器具を示し「非常に強固な器具で身動きをとれなくすることは精神の治療に悪影響だ」と指摘しました。


    会見にはことし5月に神奈川県内の病院で10日間身体拘束され、その後、転院先の病院で脳の障害で死亡したニュージーランド人の男性の母親も出席しました。母親は病院に対し身体拘束と死因との関係について説明を求めているということで「拘束された息子は全く動けず、非常にショッキングな姿だった。息子の最期は悲しいもので、縛らない医療を実現すべきだ」と訴えました。


    そのうえで会は今後、国に対し長時間の身体拘束の禁止や目標値を設けて拘束を減らすよう病院に指導するなど厳格なルールを定めることを求めていく考えを示しました。

    引用元: ・【社会】統合失調症や認知症など…精神病院で安易な身体拘束しないよう求める団体発足 [無断転載禁止]©2ch.net

     統合失調症や認知症など…精神病院で安易な身体拘束しないよう求める団体発足 の続きを読む

    1:
    英国で眼科医が、女性患者の目から27枚もの外し忘れのコンタクトレンズを発見した。英国検眼協会が発刊する専門誌『Optometry Today』が報じた。女性は、白内障手術のために医者を訪れた。医者は検査中に、眼球上の青がかった膜に意識を向けた。


    明らかになったところ、女性(67)の目には27枚ものコンタクトレンズが残っていた。女性は露ほども疑っていなかったという。最初の検査で17枚のコンタクトレンズが摘出。2回目には残りの10枚が取り除かれた。女性は、目のかゆみが歳によるものだと考えていたと語った。


    同誌によると、女性は1日使い捨て用のコンタクトレンズを35年間使っていた。手術を行った眼科医は、今までこのようなケースに遭遇したことはないと認めた。

    no title

    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201707163888332/

    引用元: ・【国際】眼科医、女性の眼球からはずし忘れのコンタクトレンズ27枚を摘出 英国 ©2ch.net

     イギリスの女性の眼球から外し忘れのコンタクトレンズ27枚を摘出wwwwwww の続きを読む

    このページのトップヘ