メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    医療問題

    過剰な薬の処方

    1:
    お年寄りがもらった薬を飲まないでとっておく(残薬)量の多さは想像を絶するかもしれない。医療費の無駄遣い極まりないと思う。

    意見を書いてよ。

    引用元: ・すごい医療費の無駄だ、驚くほどの残薬の量 [転載禁止]©2ch.net

     すごい医療費の無駄だ! 飲みきれずに残った薬の量がヤバ過ぎる の続きを読む

    福山友愛病院

    1:
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00050188-yom-soci

    精神科治療を行う、広島県福山市の福山友愛病院(361床)が昨年11~12月、統合失調症などの患者6人に本来は必要のないパーキンソン病の治療薬を投与していたことがわかった。


    病院を運営する医療法人「紘友(こうゆう)会」の末丸紘三会長の指示による投薬で、病院側は取材に「使用期限の迫った薬の在庫処理がきっかけの一つ」と説明。患者の一人は投与後、嘔吐(おうと)し、体調不良となっていた。


    病院によると、末丸会長は病院で精神科医としても勤務しており、昨年11月28日~12月6日、主治医に相談せず、パーキンソン病の治療薬「レキップ」の錠剤(2ミリ・グラム)を統合失調症などの患者6人に投与するよう看護師に指示し、複数回、飲ませた。また末丸会長は、通常の8倍の投与量を指示していた。

    引用元: ・【医療】在庫処理のため、必要ない薬を患者に大量投与。広島県の福山友愛病院 [無断転載禁止]©2ch.net

     在庫処理のため、必要ない薬を患者に大量投与。広島県の福山友愛病院 の続きを読む

    1:
    日大板橋病院(東京)で2015~16年、患者3人への鎮静剤などの投与ミスが4件相次いでいたことが15日、関係者への取材で分かった。うち1件は、鎮静剤を急速投与された70代男性が一時心肺停止となる重大事案。また同じ女児に対し、鎮静剤と解熱剤の過量投与が短期間に続いて起きていた。厚生労働省は既に病院関係者から事情を聴いており、今後対応策などを詳しく確認する。


    病院側はミスを認め「あってはならないことで深くおわびする。再発防止策を講じている」とのコメントを出した。


    写真:日大板橋病院
    no title


    以下ソース:共同通信 2017/3/16 05:19
    https://this.kiji.is/214790442288039419?c=39546741839462401

    引用元: ・【東京】日大板橋病院で投与ミス4件 鎮静剤など、心肺停止も©2ch.net

     日大板橋病院で投与ミス4件 鎮静剤や解熱剤などの急速投与や過量投与により心肺停止も・・・ の続きを読む

    医療用麻薬

    1:
    3月9日 7時52分
     札幌市の病院で、厳重な管理が義務づけられている医療用麻薬の在庫が3年ほど前から帳簿の数量と合わなくなっていることが、北海道厚生局麻薬取締部などへの取材でわかりました。麻薬取締部は担当していた薬剤師が麻薬を廃棄した可能性もあると見て詳しく調べています。


     医療用麻薬の管理が問題になっているのは札幌市厚別区にある医療法人潤和会が運営する「札幌ひばりが丘病院」です。医療用麻薬は犯罪など目的外に使われるのを防ぐためカギのかかる場所に保管し
    都道府県知事に申請して資格を得た医師や薬剤師などが品目ごとに在庫量を帳簿に記載するなど厳重な管理が法律で義務づけられています。


     しかし、この病院では3年ほど前から、がんの痛みを和らげるフェンタニルやオキシコドンなど30数品目の麻薬の在庫が、帳簿に記載された数量とあわなくなっていることが麻薬取締部などへの取材でわかりました。麻薬取締部は、北海道と合同でこれまで2度にわたって病院に立ち入り検査を行い、その結果管理を担当していた複数の薬剤師が帳簿に記載しないまま麻薬を廃棄した可能性もあるということです。


     麻薬取締部は当時の薬剤師などから事情を聴いて、麻薬の管理の状況について詳しく調べています。病院の事務長はNHKの取材に対し、「立ち入り検査を受けたのは事実で捜査には協力している。現段階では何も話せない」と話しています。



    【医療麻薬管理の課題】

     医療用麻薬はがんの痛みを和らげる効果があるとして医療現場で使われている一方でずさんな管理が行われるとほかの目的で使用されたり、犯罪につながったりするおそれがあります。最近でも病院の医師や看護師などが自分で使う目的で不正に所持していた問題が各地で相次いでいます。このため医療現場では、麻薬はカギのかかる場所に保管し資格を得た医師や薬剤師などだけが品目ごとに数量を帳簿に記載するほか、廃棄する際も必ず別の職員の立ち会いの元で行うなど厳重に管理することが義務づけられています。


     また、年に1度は取り扱ったすべての麻薬の在庫量を都道府県に書類で届け出る必要があります。しかし、自治体の担当者は「医療機関側が正直に申告しているのが前提なので、書類にうその記載をしていても見抜くのは難しい」と話しています。

     NHK
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170309/k10010904041000.html

    引用元: ・【社会】医療用麻薬 帳簿に記載せず薬剤師が廃棄か 札幌 [無断転載禁止]©2ch.net

     医療法人潤和会「札幌ひばりが丘病院」で医療用麻薬の在庫数が3年前から合っていない件 の続きを読む

    市立柏病院

    1:
    千葉県柏市内の老人ホームに入居していたパーキンソン病患者の男性(72)が昨年12月、市立柏病院で介護タクシーを呼ぶよう頼んだところ断られ、約1カ月後に別の場所で遺体で発見されていたことが病院関係者らへの取材で分かった。


    男性は要介護3で歩行にはつえが必要だったが、直線距離で約3キロあるホームまで歩いて帰ろうとした可能性があるという。


    病院関係者らによると、男性は昨年12月下旬に同病院で診察を受けた後、介護タクシーを呼んでホームに帰ろうとした。電話をかけるのに必要な現金を持ち合わせていなかったため、病院案内窓口で電話を依頼したが看護師から「対応は難しい」と断られたという。


    男性は「そうですよね」と言って立ち去ったがその後行方が分からなくなり、ホーム側はその日のうちに病院と警察に連絡。1月下旬になって病院から約1.5キロ離れた川の近くで遺体で見つかった。死因は凍死で、行方不明になった日が死亡日とされたという。現場は空き地や草むらが広がる道路からは少し離れた場所だった。


    病院の対応と男性の死亡の因果関係はわからないものの、6日にあった市議会一般質問では病院の対応を疑問視する声が上がった。市保健福祉部の佐藤靖理事は「男性には個々の患者の要望に応えるのは困難と伝え、理解もいただいた」と説明。質問に立った末永康文市議(護憲市民会議)は取材に「1人で帰るのが無理と気づかないのは問題。丁寧に対応すれば命は奪われなかった」と批判した。


    病院は取材に「外来患者は1日500人以上おり、対応には限界がある」と話している。


    以下ソース:毎日新聞 2017年3月7日 21時53分(最終更新 3月7日 22時29分)
    http://mainichi.jp/articles/20170308/k00/00m/040/136000c

    ★1の立った日付2017/03/07(火) 22:45:21.94
    【千葉】病院に配車断られ…パーキンソン病患者の男性遺体で発見 柏市
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1488894321/

    引用元: ・【千葉】病院に配車断られ…パーキンソン病患者の男性遺体で発見 柏市★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     市立柏病院で看護師にタクシーの配車を断られ…パーキンソン病患者の男性、遺体で発見される の続きを読む

    このページのトップヘ