じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    医療問題

    1:
    無痛分娩で死産の女性らが順天堂大を提訴 一時心肺停止に陥り死産
    産經新聞:2017.9.19 07:11更新
    http://www.sankei.com/affairs/news/170919/afr1709190003-n1.html

     順天堂大順天堂医院(東京都)で平成27年、麻酔を使って出産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」の際に子宮が破裂して死産になったのは医師らの過失が原因だとして、入院していた女性と夫が病院を運営する学校法人と医師らに計約1億4千万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴したことが18日、代理人弁護士への取材で分かった。
     女性自身も一時心肺停止となった。無痛分娩をめぐっては、麻酔後に死亡したり重い障害を負ったりする事例が相次ぎ、厚生労働省が実態把握を進めている。提訴は15日。訴状によると、女性は27年2月4日、第1子の女児を出産するため順天堂医院に入院。知らない間に陣痛促進剤を投与され、6日に体調が急変した。同日中に心肺停止状態に陥り、死産となった。
    陣痛促進剤の添付文書には陣痛が強くなりすぎ、胎児が仮死状態になったり、子宮が破裂したりする恐れがあると記載されているが、こうしたリスクについて事前の説明はなかった。順天堂医院は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

    引用元: ・【提訴】無痛分娩で死産の女性らが順天堂大(東京)を提訴 一時心肺停止に陥り、子宮が破裂し死産©2ch.net

     無痛分娩で死産の女性らが順天堂大(東京)を提訴 一時心肺停止に陥り、子宮が破裂し死産 の続きを読む

    1:
    群馬大学付属病院で手術の後に患者が相次いで死亡した問題で、遺族らが執刀医らの医師免許を取り消すよう厚生労働省に求めました。

     遺族:「(医師らと)対面してみて反省の色が見られなかった。医師として働いて頂きたくない」

     群馬大学付属病院では、肝臓の手術の後に死亡した患者36人について、日本外科学会から必要のない手術を行ったことなどが指摘されています。遺族らは医師としての倫理に欠けているとして、当時の執刀医ら2人の医師免許を取り消すよう求める要望書を7日、厚労省に提出しました。遺族側によりますと、執刀した医師と当時、医学部の教授だった医師は、遺族との面談で「手術に問題はなかった」と説明し、謝罪はなかったということです。

    引用元: ・群大病院で36人死んだ手術の執刀医の医師免許取り消すよう厚労省に要望書 [無断転載禁止]©2ch.net

     群馬大学付属病院で死んだ36人の患者の遺族が執刀医の医師免許取り消すよう厚労省に要望書 の続きを読む

    1:
    兵庫医科大学病院(兵庫県西宮市武庫川町)は29日、厚生労働省の通知で手術後に廃棄するよう定められている医療機器を、洗浄して患者130人に再使用していたと発表した。同病院によると、感染症など患者の健康被害は確認されていないが、手術後1年間は経過観察を行うという。


    この機器は、骨に穴を空けるドリルの先端に取り付ける金属製器具4種類。昨年12月から今年7月末にかけ、医療機器の洗浄を担当する複数の看護師が事前協議をせずに、手術で1度使った器具を洗浄、滅菌し、整形外科と脳神経外科で135回の手術に再使用していた。


    7月中旬に厚労省から西宮市保健所に情報提供があり、8月1日、同保健所と近畿厚生局が立ち入り検査。その後、同病院を文書で是正指導した。


    病院によると、看護師らは「厚労省の通知は知っていたが、滅菌して安全性が担保されていれば再使用しても問題ないと思っていた」と説明。同病院は看護師らの処分を検討する。

    以下ソース:神戸新聞 2017/8/29 18:33
    https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201708/0010505773.shtml

    引用元: ・【医療】兵庫医大病院 使い捨ての医療機器、洗って再使用 整形外科と脳神経外科で 看護師らの処分を検討©2ch.net

     兵庫医科大学病院の整形外科と脳神経外科 使い捨ての医療機器、洗って再使用 の続きを読む

    1:
    さい帯血事件
    販売元、利益数億円
    毎日新聞:2017年8月28日 15時00分
    http://mainichi.jp/articles/20170828/k00/00e/040/266000c

    no title

    再生医療安全性確保法違反の疑いで逮捕され、移送される篠崎庸雄容疑者(右から2人目)=松山空港で2017年8月27日午後4時48分、三浦博之撮影




    ■入手価格は3万円、治療費は1回300万円に

     他人のさい帯血を国に無届けで投与したとして医師ら6人が再生医療安全性確保法違反容疑で逮捕された事件で、茨城県つくば市のさい帯血保管販売会社「ビー・ビー」が、患者が支払う「治療費」の3~5割を受け取っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。さい帯血の入手価格は3万円程度とみられる一方、治療費は1回300万~400万円と高額で、愛媛や京都など4府県警の合同捜査本部は、医療とは無縁の同社が億単位の巨額の利益を上げていたとみて調べている。


     捜査本部によると、同社社長の篠崎庸雄(つねお)容疑者(52)=つくば市=は、福岡市の医療関連会社元代表の井上美奈子容疑者(59)=同市西区=と、京都市の医療法人を実質経営する坪秀祐容疑者(60)=大津市=にさい帯血を販売。東京や大阪などのクリニックに転売され、患者に投与された。同法の罰則が適用される2015年11月以降、約20都道府県で延べ約100人分のさい帯血が患者に投与されたという。


     無届けで投与されたさい帯血は、09年に破産した民間のさい帯血バンク「つくばブレーンズ」(つくば市)から流出。破産手続きの過程で、債権者だった篠崎容疑者が千数百人分を入手した。


     捜査関係者によると、篠崎容疑者が10年に設立した「ビー・ビー」から井上、坪両容疑者側に販売されたさい帯血は15年11月以前も含めると計300人分以上に上る。患者の約3割が中国を中心とした訪日外国人が占め、治療費は1回300万~400万円。3~5割は同社に、2~3割程度は井上、坪両容疑者側が受け取る仕組みで、捜査本部は「治療」とは関係がない3人らで多額の利益を山分けしたとみて、実態解明を進めている。


     篠崎、井上容疑者らは共謀し、国に必要な届け出をせずに昨年7月~今年4月ごろ、医師の首藤紳介容疑者(40)=東京都品川区=が院長の「表参道首藤クリニック」で4人に計6回、さい帯血を投与。
    また、篠崎、坪容疑者らは昨年2月~今年4月ごろ、大阪市と京都市の医療施設で3人に計4回投与したとして、27日に逮捕された。


     合同捜査本部は28日、篠崎容疑者ら6人を松山地検に同容疑で送検した。



    ▼関連スレ
    【再生医療】臍帯血販売業者と医師ら逮捕 無届け治療に関わった容疑 合同捜査本部
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1503817261/

    引用元: ・【さい帯血事件】販売元、利益数億円 入手価格3万円、治療費は1回300万円©2ch.net

     【臍帯血事件】販売元、利益数億円 入手価格3万円、治療費は1回300万円 の続きを読む

    1:
    群馬大腹くう鏡手術 遺族が医師らの行政処分を要求へ
    日本放送協会:2017年8月26日 21時28分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170826/k10011114011000.html
     
    no title


    群馬大学附属病院で腹くう鏡などの手術を受けた患者18人が相次いで死亡した問題で、執刀した医師と面会した一部の患者の家族が会見を開き、「医師には反省の色が見られない」として医師らの医療行為の停止を含む行政処分を国に求める方針を明らかにしました。


    群馬大学附属病院では、平成26年までの5年間に40代の男性医師の腹くう鏡の手術を受けた患者8人が相次いで死亡したほか、同じ医師の開腹手術を受けた患者10人も死亡し、大学の調査委員会は、病院の診療体制の不備が背景にあったなどとする報告書をまとめています。


    26日は、亡くなった患者の一部の家族が前橋市内で会見を開き、執刀した医師や上司だった元教授と先月末から26日まで3回に分けて面会してきた内容などを明らかにしました。


    それによりますと、医師らは当時の体制のもとでできる限りの努力をしたが、結果として患者の命を救えなかったことは大変残念だという趣旨のおわびの気持ちを伝えたということです。一方、手術や患者への事前の説明などには問題はなかったという認識を示したということです。


    遺族と弁護団は「問題の重大性、自身の至らない点を正確に認識し、真摯(しんし)に反省しているとは評価できない」として、来月はじめごろまでに、厚生労働省にこの医師と上司だった元教授の医療行為の停止を含む行政処分を求める方針を明らかにしました。


    亡くなった患者の家族の40代の男性は「病院の体制に問題があったにせよ、医師に反省の色が全く見られず残念でしかたない」と話していました。

    引用元: ・【医療】群馬大腹くう鏡手術18人死亡問題 遺族が医師らの行政処分を要求へ 「反省の色が全く見られず残念で仕方ない」©2ch.net

     群馬大腹腔鏡手術18人死亡問題 遺族が医師らの行政処分を要求へ の続きを読む

    このページのトップヘ