じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    医療問題

    1:
    2015年度に在日外国人や外国人旅行者を患者として受け入れた医療機関は79.7%に上り、入院患者として扱った医療機関も58.5%に上ることが2日までに、厚生労働省が初めて実施した全国調査で分かった。医療通訳を利用したところは一部にとどまっており、訪日外国人が大幅に増える中、体制整備が課題として浮かび上がった。


     外国人が安心して医療サービスを受けられる体制をつくるため、救急患者を受け付ける病院など3761の医療機関や医療通訳サービス業者、自治体などを対象に調査を実施した。1710の医療機関が寄せた回答によると、15年度に外国人の外来患者が受診したのは1363カ所、入院患者がいたのも1001カ所に上った。


     受け入れ人数を把握していた医療機関のうち、半数以上は年間20人以下の受け入れだったが、500人超のところも9.8%あった。35.8%で医療費が未収となったことがあったという。65.3%の医療機関が、日本語でのコミュニケーションが難しい外国人患者がいたと答えたが、「医療通訳を利用した経験がある」と答えたところは全体の12.7%にとどまった。現実的には、外国人患者に通訳を自ら確保するよう頼むところが多いという。


     医療通訳サービス業者に課題を聞くと、半数以上が「人材確保」を挙げた。また、都道府県や政令市など188自治体のうち、8割以上が受け入れ可能な医療機関数などを把握していなかった。〔共同〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H5V_S7A800C1000000/?n_cid=TPRN0003 2017/8/2 10:43

    引用元: ・【調査】外国人患者、8割の病院が受け入れ 入院は6割、35.8%で医療費が未収 2015年度 [無断転載禁止]©2ch.net

     外国人患者、8割の病院が受け入れ 入院は6割、35.8%で医療費が未収 2015年度 の続きを読む

    1:
    がん細胞の増殖を抑えるとされる遺伝子を注入する国内未承認の治療を行うクリニックで、期待した効果を得られなかったとする患者側とのトラブルが相次いでいる。効果や安全性が立証されないまま、保険適用外の高額な自由診療で実施するクリニックが問題となっており、専門の学会が国に対策を求めている。


     「生きられると喜んでいた夫は、裏切られた思いに突き落とされました」。東京都内のクリニックでがん遺伝子治療を受け、その後に亡くなった男性患者の妻(49)が取材に心情を語った。


     男性は2014年6月、舌がんが再発し、入院先の大学病院で余命半年と告げられた。息子が何か治療法はないかとインターネットで探し、このクリニックを見つけた。面談した妻に、クリニックの院長(当時)は「ここで命が助かります。遺伝子が変異した状態では抗がん剤や放射線は効かないので、すぐに中止してください」などと説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00050131-yom-sci

    引用元: ・【法外な治療費請求され・・】がん遺伝子治療でトラブル相次ぐ…効果得られず [無断転載禁止]©2ch.net

     がん遺伝子治療でトラブル相次ぐ…法外な治療費請求されるも効果得られず の続きを読む

    1:
    30歳男性 ペニス増大手術後に脂肪塞栓症で死ぬ スウェーデン

    米国の法医学誌『Journal of Forensic Sciences』に先月27日に掲載された報告書によると、スウェーデンで最近、30歳の男性がペニスの手術を受けた直後に死亡する事故があった。スウェーデン国家科学捜査局の病理報告によると、男性はペニスに注入した脂肪の小さな塊が静脈に侵入し、血管を通って肺に到達。肺の血管を詰まらせたことで、酸素を取り入れることができなくなって死亡したという。


    脂肪塞栓症と呼ばれるこの症状は、骨折や整形外科手術、心臓や血管のカテーテル検査などでも起こるリスクがあるが、この男性患者は健康そのものだったそうで、死亡原因をペニスの手術と特定。


    ペニス増大手術は、1980年代後半に中国系の外科医によって開発された技術で、お尻など体の別の部分から取り出した脂肪をペニスの皮膚の下に注入するというもの。


    米ニューヨーク市の「NYUランゴーン・ヘルス」クリニックの泌尿器科医、リー・チャオ氏によれば、この手術では見た目のサイズを変えるだけなので、勃起機能が改善されることはなく、むしろ脂肪注入前に、靭帯を切って伸ばすことから、男性機能に影響を及ぼすリスクがあると指摘している。


    もちろん、保険が適用されないので手術費用も高額になるが、どのくらいの患者が手術を受けているか実態は把握されていないという。


    日本でも似たような手術を行なっている美容外科はあるが、靭帯を切って伸ばす方法のほか、脂肪ではなく、ヒアルロン酸やシリコンを入れるなど、その方法はさまざまだ。

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21407.html

    引用元: ・ペニス増大手術で男性が死亡 注入した脂肪が血管を通ってペニスから肺に [無断転載禁止]©2ch.net

     ペニス増大手術で男性が死亡。 ペニスに注入した脂肪が血管を通って肺に到達 の続きを読む

    1:
    都内の総合病院で産婦人科に勤務していた30代の男性研修医が、おととし、自殺したのは、長時間労働が原因だったとして、労働基準監督署が先月31日、労災を認定したことが分かりました。(TBS系(JNN))
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6249954

    引用元: ・【マンコの臭さに耐えきれず・・】 産婦人科研修医の男性が過労自殺 半年で休みたったの5日 [無断転載禁止]©2ch.net

     産婦人科研修医の男性が過労自殺  半年間で休みたったの5日 の続きを読む

    1:
    男性のロシア人の妻(40)は5年前、京田辺市の「ふるき産婦人科」で麻酔で痛みを和らげる無痛分娩を行いました。しかし、麻酔の直後に容体が急変して一時、心肺停止になり、妻と、生まれた長女(4)は脳に重い障害が残りました。男性たちは「医師が麻酔の注入ミスをした」として、医院におよそ9億4千万円の損害賠償を求め提訴しています。


    【妻の母親】
    「出産はそんなに簡単ではないし、出産のあらゆる段階で色んなことが起こりえるから、これから出産する女性に対して、ご主人とか家族とかおばあさんとか全ての人に言いたいのは、1人しか働いていない個人の医院でお産をしないほうがいいと思う」


    ふるき産婦人科では出産時の麻酔の事故でほかにも2組が裁判を起こしています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000005-kantelev-l26

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【悲報】出産時の麻酔で医療ミス、母子共に寝たきりへ、夫らは9億4,000万円の損害賠償を求める [無断転載禁止]©2ch.net

     出産時の麻酔で医療ミス、母子共に寝たきりへ、夫らは9億4,000万円の損害賠償を求める - ふるき産婦人科 の続きを読む

    このページのトップヘ