メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    統計

    1:
    終末期の患者らの人工透析の導入を見送ったり、中止したりした経験のある医療機関は、2014年以降で約半数に上るとする調査結果を、日本透析医学会理事で川島病院(徳島市)副院長の岡田一義医師がまとめた。透析の導入見送りや中止の広がりが全国規模で明らかになったのは初めて。横浜市で開催中の同医学会で17日に発表した。


    全国の透析実施医療機関から無作為抽出した1407施設に、昨年12月から今年1月にアンケートを行い、510施設が回答した。そのうち、14年6月~16年11月に透析の導入見送りや中止の経験があると答えた医療機関は240施設(47%)だった。患者数は893人で高齢者が90%、認知症が46%だった。


    患者の高齢化が進み、体に大きな負担がかかる透析の実施に迷うケースが増えている。同医学会は14年5月、透析の導入見送りや中止の条件と踏むべき手続きを提言した。容体が極めて悪い終末期などには、医師や看護師などで作る医療チームが患者や家族らと十分話し合い、合意した内容を文書に残すよう求めた。


    提言に準拠して導入見送りや中止が行われた患者の割合は77%だった。準拠しなかったケースは「導入見送りや中止が検討されるほど悪い容体ではなかったが、本人の強い意思と家族の同意があった」や、「提言の存在を知らなかった」「提言を理解していなかった」などの理由が挙げられた。


    会田薫子東京大学特任教授(死生学)の話「透析の導入の見送りや中止を経験している医師が、予想以上に多くなってきたことがうかがえる。終末期ではない患者が透析を拒否した場合も、最善の選択ができるように医療者側が十分な情報を提供し、よく話し合う必要がある」


              ◇


    【人工透析】 
    体内の老廃物を濾過(ろか)する腎臓の機能が著しく低下した腎不全の患者に通常、週3回4時間以上かけて機械で血液を浄化する。2015年末時点の患者数は約32万5000人で平均年齢は67.9歳。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00050006-yomidr-sctch

    引用元: ・【医療】終末期の人工透析、中止広がる…2014年以降に医療機関の半数が経験 日本透析医学会で調査結果発表 [無断転載禁止]©2ch.net

     2014年以降、医療機関の半数が終末期の人工透析の中止を経験 - 日本透析医学会で調査結果発表 の続きを読む

    1:
    下着メーカーのトリンプが行った日本人女性の下着についてのアンケート調査の結果、日本人女性のバストが年々大きくなっていることが分かった。


    1980年に調査が開始された当初は、約6割がAカップで、AからCカップが全体の9割以上を占めていたが、今回の調査では、Dカップ以上の割合が51%超となり、はじめてAからCカップの割合を上回ったという。


    Dカップ以上の割合は2000年以降に急増し、2015年には約2.5倍となったほか、Eカップも約3倍に増えたとのこと。

    https://jp.sputniknews.com/japan/201706183778100/

    引用元: ・【おっぱい】日本人女性のバストが年々大きくなっていることが判明! 過半数がDカップ以上に[トリンプ調査] ©2ch.net

     日本人女性のバストが年々大きくなっていることが判明! 過半数がDカップ以上に[トリンプ調査] の続きを読む

    1:
    福岡県の化粧品会社が販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧商品で起きた小麦アレルギー問題で、藤田保健衛生大は17日、発症者の3割近くに今もアレルギー症状が残っているとの調査結果を発表した。同大によると、調査は2012年4月から14年10月までに、石鹸の使用後に小麦アレルギーと診断された2111人が対象。診察した医療機関に3月末時点での状態を尋ね、980人分の回答があった。


    980人のうち、症状が続いている人は272人(28%)。このうち115人は今年になってから小麦を摂取したところ、呼吸困難やじんましんなどの症状が出た。また、70人が小麦の摂取そのものを避けているほか、摂取量を制限している人もいるという。


    一方、通常の食事や生活ができて、3カ月以上症状が出ていないのは202人。残りの506人の現状はわからなかったという。同大の松永佳世子教授は「症状が続いている人もおり、治療法の開発が必要だ」と話している。東京都内で開催中の日本アレルギー学会で発表した。(川村剛志)

    配信 2017年6月17日18時45分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK6K5HS6K6KUBQU00J.html?iref=comtop_8_01

    引用元: ・【社会】茶のしずく石けん「今も3割がアレルギー」 大学が調査 [無断転載禁止]©2ch.net

     茶のしずく石けんの被害者を追跡調査 「今も3割がアレルギー」 - 藤田保健衛生大学 の続きを読む

    1:
     都道府県別にみた2015年の死亡率は、男女ともに青森が最も高く、長野が最も低かった。厚生労働省が14日、調査結果を公表した。北東北3県が男性の上位を占め、担当者は「保存食として塩分を多く使う寒い地域の食文化の影響で、長野は生活習慣を改善してきた効果がある」とみる。


     調査は5年ごとに実施。地域比較できるよう都道府県の年齢構成の違いをそろえ、人口10万人当たりの死亡数(都道府県別年齢調整死亡率)を算出している。全国平均は男性が前回の10年調査より58・3ポイント減の486・0人、女性が同20・0ポイント減の255・0人で、ともに下がった。


     都道府県別だと、男性は青森が585・6人で4回連続のトップで、秋田540・3人、522・5人の岩手が続いた。女性も青森が288・4人で2回連続で最も高かった。福島275・7人、茨城273・8人も上位にきた。低かったのは、男性が長野434・1人、滋賀437・9人、女性が長野227・7人、島根236・9人だった。


     一方、がん、心疾患、脳血管疾患の「3大死因」による全国死亡率は10年調査からすべて下がった。がんは男性165・3人、女性87・7人、心疾患は男性65・4人、女性34・2人、脳血管疾患は男性37・8人、女性21・0人だった。(西村圭史)


         ◇


    ■2015年の都道府県別の死亡率

    順位 【男性】      【女性】

    1位 青森 585.6  青森 288.4

    2位 秋田 540.3  福島 275.7

    3位 岩手 522.5  茨城 273.8


    45位 奈良 452.9  岡山 238.4

    46位 滋賀 437.9  島根 236.9

    47位 長野 434.1  長野 227.7

    ※都道府県ごとの年齢構成をそろえたうえで算出した人口10万人あたりの死亡数。厚労省調べ
    http://www.asahi.com/articles/ASK6G4400K6GUTFK00H.html

    引用元: ・青森県、男女ともに死亡率ワースト1位 原因は「塩分の取りすぎ」©2ch.net

     青森県、男女ともに死亡率ワースト1位 原因は「塩分の取りすぎ」 の続きを読む

    1:
    05月29日 12時53分

    全国で最も短い青森県民の平均寿命の改善につなげようと、弘前市岩木地区で1000人あまりの住民を対象にした大規模な健康調査が行われています。この健康調査は、12年前から弘前市岩木地区の1000人あまりの住民を対象に弘前大学が行っています。


    ことしは、27日から調査が始まり、地区の施設には住民が集まって健康状態や生活習慣など2000にのぼる項目を調べました。このうち、嗅覚を調べる検査では、参加者が、果物などの香りがついた紙をかいでどういう香りがするかを答えていました。また、肺の機能を調べる検査では、どれだけ息を強くはけるか調べタバコなどが原因で肺の機能が弱っていないかを確かめていました。


    弘前大学などは、これまで集まったデータを活用し、病気の早期発見や予防法の開発に生かしているということで、今後も調査を継続し精度を上げていきたいとしています。弘前大学大学院医学研究科の中路重之特任教授は、「青森の短命県返上に向けて産官学や市民が一丸となって動くための中心となるのがこの取り組みの役割です。チームワークを高めてさらに、まい進していきたい」と話していました。


    この調査は、6月5日まで行われます。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083611341.html

    引用元: ・【青森】全国で最も短い平均寿命改善へ大規模健康調査 [無断転載禁止]©2ch.net

     全国で最も短い平均寿命改善へ大規模健康調査 の続きを読む

    このページのトップヘ