メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    エイジング

    1:
     100歳を超えるような長寿に関係する遺伝子の特徴を、東京都健康長寿医療センターや慶応大などのチームが見つけた。1千人近い長寿の人の遺伝情報を集めて一般の人と比べた。長寿の人はがんや骨に関係する遺伝子に特徴があり、成果は長寿になるしくみの解明につながる可能性がある。研究が進めば、創薬などの開発にも役立つ。成果を米国の老年医学の専門誌で発表した。


     人が長生きできるかは、適度な運動や栄養といった生活習慣の要因が大きい。ただ、生まれつきの遺伝子による影響も2~3割はあるとされている。チームは、95歳以上の530人(大部分は100歳以上)と、79歳以下の4312人の血液などから遺伝情報を得て、個人ごとにDNAの塩基が異なる約24万カ所を網羅的に解析した。確認のため、中国人952人(うち447人が95歳以上)でも同様に調べた。


     すると、これまで指摘されていた「APOE」という遺伝子に加え、新たに「CLEC3B」という、がんの転移や骨の形成にかかわる遺伝子に特徴が見つかった。この遺伝子の特定の場所のDNAの塩基が置き換わっている日本人の割合が、一般の人たちでは19%なのに対し、長寿の人たちでは26%だった。同センター研究所の谷澤薫平・協力研究員によると、置き換わっている人は、95歳以上の長寿となる確率が通常の人に比べて1・5倍高い計算になるという。

     この遺伝子は「テトラネクチン…



    残り:351文字/全文:932文字

    6/5 14:57 朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5X72LWK5XULBJ008.html?iref=sp_new_news_list_n

    no title

    引用元: ・【医学】がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性 [無断転載禁止]©2ch.net

     がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性 - 健康長寿医療センターや慶応大学の研究チーム の続きを読む

    1:
    6/12(月) 15:01配信 読売新聞(ヨミドクター)
     若い頃より身長が2センチ以上低くなった中高年は、転倒する確率が2倍に高まるとの調査結果を、埼玉医大などの研究チームがまとめた。14日から名古屋市で開かれる日本老年医学会で発表する。


     要介護状態になっていない埼玉県内の60~70歳代の男女約460人を対象に、身長の変化や体力の調査を実施。2年後にアンケートを行い、過去1年間に転倒経験があったかどうかを聞いた。


     回答が得られた約380人について分析したところ、20~30歳代より身長が2センチ以上低下していた約150人では、20%が転倒を経験していた。一方、低下が2センチ未満だった人の転倒経験は10%で、発生率に2倍の差があった。身長が低下していた方が、片脚立ち時間が平均で20秒近く短いなど、体力テストの結果でも差があった。


     加齢に伴う身長低下は、背骨の圧迫骨折だけでなく、筋力低下や軟骨のすり減りなどでも起きる。高齢者の場合、転倒による骨折をきっかけに寝たきりになりやすい。調査結果をまとめた新井智之・埼玉医大講師(理学療法学科)は「2センチ以上身長が低下すると転倒リスクが高まる。自宅で簡便にリスクを確認する目安として役立ててほしい」と話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00050051-yomidr-sctch
    最終更新:6/12(月) 15:05
    読売新聞(ヨミドクター)

    引用元: ・【医療】 身長2センチ縮むと、転倒リスク2倍に…埼玉医大など中高年を調査[06/12] [無断転載禁止]©2ch.net

     身長2センチ縮むと、転倒リスク2倍に! - 埼玉医大など研究チーム調査 の続きを読む

    1:
    日本は、世界に冠たる長寿大国である。確かに日本人の平均寿命は年々延び続け、厚生労働省の最新データによれば女性は87.05歳で、男性も80.79歳。アイスランドや香港と競っているというが、人口の規模で比較すれば、日本が長寿に関しては世界第1位であることは疑いようがない。世界から注目を集めており、その秘密を探ろうと、各国の医療関係者やジャーナリストが沖縄など日本各地に押し掛けている。


     実に喜ばしい限りであるが、この種のランキングには常に落とし穴も隠されている。それは平均値の恐ろしさということでもある。100歳を超えても元気な高齢者がいる一方で、40代、50代で過労死やストレス死に襲われる日本人も増えている。個人差の大きさにも注目する必要があることはいうまでもない。


     また、見過ごされがちだが、日本では自殺者も決して少なくはない。毎年3万人近くが自ら命を絶っている。しかも、変死者の数は15万人に達するというから驚く。国際機関では変死者の半分を自殺とカウントするが、日本ではそうしていない。もし、世界基準に合わせれば、「日本の毎年の自殺者は10万人を超える」ことになり、世界有数の「自殺大国」となってしまう。長寿大国のイメージを守るために、統計上の操作が行われているといっても過言ではない。


     さらにいえば、100歳以上の人口について日米で比較をしてみると意外な結果が見えてくる。日本は6万人ほどの「百寿者」と呼ばれる人々がいる。現在のペースで行けば、10万人の大台に乗るのは時間の問題だろう。一方、アメリカには15万人ほどの「センテナリアンズ(100歳以上の人)」が健在している。こちらも増え続けているようだ。


     人口比で言えば日本はアメリカの約半分。とすれば、アメリカの百寿者が12万人程度であれば辻褄が合うはず。ところが、実際には大きく上回っている。言い換えれば、100歳以上の高齢者に限れば、なんとアメリカのほうが日本より長寿大国というわけだ。


     アメリカといえばファーストフードの普及がすさまじく、脂肪分の取りすぎで肥満や糖尿病に苦しむ人々が多い。ところが、意外にも人口比で見れば日本より100歳以上の高齢者がはるかに多いのはなぜだろうか。また、それ以上に注目すべきは現役で活躍中の高齢者の数はアメリカの方が圧倒的に多い点である。この社会的な違いはどこから生じているのだろうか。


    答えは、アメリカで急成長を遂げているアンチ・エイジングの発想にありそうだ。日本では「抗加齢」と訳されているが、医学やナノテク技術の飛躍的進歩により、身体機能や細胞のメカニズムを遺伝子レベルまで踏み込み科学的に分析できるようになってきた。であるならば、「老化や加齢もひとつの疾患」と捉え、予防や治療によって克服していこうという発想が生まれた。

    続きはサイトで
    http://biz-journal.jp/2017/06/post_19453.html

    引用元: ・【医療】米国、「精神と肉体を20歳若返らせる」が普及…「変死大国」日本、長寿大国との幻想 [無断転載禁止]©2ch.net

     米国、「精神と肉体を20歳若返らせる」が普及…「変死大国」日本、長寿大国との幻想 の続きを読む

    1:
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170604/k10011006221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

    認知症の人たちがはいかい徘徊するなどして行方がわからなくなった際に、スマートフォンのアプリを使って捜し出す訓練が、神奈川県藤沢市で行われました。神奈川県藤沢市では、スマートフォンのアプリに登録した人たちに、徘徊するなどして行方がわからなくなった認知症の人たちの服装や特徴などの情報を送り、捜してもらう取り組みを来月から始める予定です。


    4日は、市内の企業の従業員や近くの住民ら、およそ40人が参加して、自宅からいなくなった女性を見つける想定で訓練が行われました。参加者は5人1組になって、行方がわからなくなった人の特徴を基に似ている女性を捜し出し、見つけた際の連絡方法や保護の手順などを確認しました。


    参加した30代の男性は「見守りには近所の人の声かけが大切です。アプリを活用できるようになれば有効だと思います」と話していました。


    引用元: ・【健康】認知症の行方不明者 アプリを使って捜す訓練 [無断転載禁止]©2ch.net

     認知症の行方不明者や徘徊老人をアプリを使って捜す訓練 - 神奈川県藤沢市 の続きを読む

    1:
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170306-00015441-forbes-bus_all

    育毛剤やカツラといった薄毛マーケットの市場規模は4,414億円とも言われる。再生医療は薄毛に悩む1,800万人を救い、巨大市場を掴めるか─。


    薄毛に悩む男性は、日本全国で1,800万人以上いると言われている(「男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版」)。彼らをターゲットに育毛剤やカツラ、増毛術など多種多様なビジネスが展開されていて、ヘアケアの市場規模は14年度で4,414億円に上る(矢野経済研究所調べ)。


    カツラ1つとってみても、年間100万円を支出する人もいる。こだわる人は、1週間ごとにカツラを変えるという。いつも同じ髪型をしていては、不自然というわけだ。こうした人々が40歳でカツラを付け始め、60歳まで年に1度のペースで作り直せば生涯支出は2,000万円にのぼることになる。こうした薄毛マーケットに再生医療技術で挑むのが、オーガンテクノロジーズの杉村泰宏社長だ。杉村はビジネス環境をこう語る。「潜在マーケットがさらに大きいのがアメリカで、市場規模は日本の10倍程度と推定されています」



    毛髪の面積を増やせる画期的なサービス

    脱毛症に対する医療的治療法には現在、「自家単毛包植毛術」がある。これは後頭部など毛髪の生えている頭皮を切り取り、毛根を傷つけないように髪の毛を一本ずつ切り離した上で植毛するというもの。ただし、植毛した数以上に髪の毛が増えることはなく、手術による人体への侵襲性の高さが問題だ。


    医学的に発毛効果の認められているミノキシジルや、脱毛抑制効果が認められているフィナステリドなどの薬品治療もあるが、残っている毛髪以上に数を増やすことは不可能。こうした欠点を解消し、毛髪の絶対数そのものを増やすサービスが、オーガンテクノロジーズの提供する毛包器官再生による脱毛症治療である。


    同社が保有する世界特許技術の器官原基法では、髪の毛を生み出す器官「毛包」のもととなる2種類の幹細胞を大量培養して毛包原基を再生し、頭皮に移植する。再生に必要な毛包の採取はごく少量で済むため、植毛手術と比べてはるかに低侵襲で、髪の毛を複製できるので絶対数そのものを増やせると言う。
    「将来的にはiPS細胞の活用も視野に入れており、そうなれば先天性脱毛症などの解決になる可能性があります」(杉村)


    同社がこの技術開発に取り組み始めたのは08年。当時、東京理科大学の教授だった辻孝氏のグループが起業し、10年後の実用化を目標に事業を開始した。その後、辻氏が理化学研究所発生・再生科学総合研究センター器官誘導研究チームにリーダーとして迎えられ、研究に弾みがつく。資金調達も完了し、18年からの人を対象とした臨床研究、20年の実用化を目指している。


    (続きはサイトで)

    引用元: ・【毛】薄毛マーケットの市場規模は4,414億円 再生治療は薄毛に悩む1800万人を救えるか [無断転載禁止]©2ch.net

     薄毛マーケットの市場規模は4,414億円 再生治療は薄毛に悩む1800万人を救えるか の続きを読む

    このページのトップヘ