メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    研究

    1:
    歯磨きできない障がい者 乳酸菌が虫歯と歯周病を防いでいた!広島大


    「虫歯の日」にあたる毎年6月4日から10日は「歯と口の健康週間」。広島大学大学院の二川浩樹教授は、障がい者の歯科治療中、歯磨きができないのに虫歯や歯周病のない患者に出会い、虫歯菌や歯周病菌を減少させる効果がある乳酸菌の存在を発見した。この乳酸菌を使ったヨーグルトやタブレットが開発された。


     二川教授はかつて障害者施設で治療を担当していた際に、歯磨きができない女性患者(当時30歳)に出会った。患者の口腔内の衛生状態は悪く、歯石がたまったり、着色などは見られたが、虫歯や歯周病はなく、研究の末、虫歯(ミュータント)菌と歯周病菌のほか、性感染症を引き起こすカンジタ真菌に対する抗菌性がある乳酸菌を発見した。


    「L2080」と名付けた乳酸菌でヨーグルトを作って、50人の被験者を対象に2週間食べ続けてもらう実験を行なった結果、唾液の中の虫歯菌と歯周病菌を減らす効果を確認。2010年には、愛媛県の四国乳業が製品化し、関西圏で販売している。


         ===== 後略 =====


    2017年06月06日 17時32分
    (画像)
    口の中にいる歯周病菌は、歯周病だけでなく、全身疾患にも関係する(大阪大学大学院歯学研究科予防歯科学教室 HPより)
     

    全文は下記URLで

     http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20519.html
    (C) earth scientific Inc. All Rights Reserved.

    引用元: ・【医療技術】 歯磨きできない障がい者 乳酸菌が虫歯と歯周病を防いでいた!広島大[06/06] [無断転載禁止]©2ch.net

     歯磨きできない障がい者の口腔内で虫歯と歯周病を防ぐL8020乳酸菌を発見!! - 広島大学 の続きを読む

    1:
     100歳を超えるような長寿に関係する遺伝子の特徴を、東京都健康長寿医療センターや慶応大などのチームが見つけた。1千人近い長寿の人の遺伝情報を集めて一般の人と比べた。長寿の人はがんや骨に関係する遺伝子に特徴があり、成果は長寿になるしくみの解明につながる可能性がある。研究が進めば、創薬などの開発にも役立つ。成果を米国の老年医学の専門誌で発表した。


     人が長生きできるかは、適度な運動や栄養といった生活習慣の要因が大きい。ただ、生まれつきの遺伝子による影響も2~3割はあるとされている。チームは、95歳以上の530人(大部分は100歳以上)と、79歳以下の4312人の血液などから遺伝情報を得て、個人ごとにDNAの塩基が異なる約24万カ所を網羅的に解析した。確認のため、中国人952人(うち447人が95歳以上)でも同様に調べた。


     すると、これまで指摘されていた「APOE」という遺伝子に加え、新たに「CLEC3B」という、がんの転移や骨の形成にかかわる遺伝子に特徴が見つかった。この遺伝子の特定の場所のDNAの塩基が置き換わっている日本人の割合が、一般の人たちでは19%なのに対し、長寿の人たちでは26%だった。同センター研究所の谷澤薫平・協力研究員によると、置き換わっている人は、95歳以上の長寿となる確率が通常の人に比べて1・5倍高い計算になるという。

     この遺伝子は「テトラネクチン…



    残り:351文字/全文:932文字

    6/5 14:57 朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5X72LWK5XULBJ008.html?iref=sp_new_news_list_n

    no title

    引用元: ・【医学】がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性 [無断転載禁止]©2ch.net

     がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性 - 健康長寿医療センターや慶応大学の研究チーム の続きを読む

    1:
    タマネギに大腸がんの細胞を殺す力が! カナダ研究、色が濃いほどパワーアップ
     
    タマネギには血管の若返りなど、多くの健康効果が知られているが、大腸がんのがん細胞を「自殺」に追い込む力があり、予防に期待できる可能性があるという研究が、国際食品研究専門誌「Food Research International」(電子版)の2017年6月7日号に発表された。



    ■ポリフェノールの「ケルセチン」ががんハンター

    この研究をまとめたのは、カナダ・オンタリオ州にあるゲルフ大学のスレシュ・ニーシラジャン教授らのグループ。オンタリオ州は北米大陸の中でも有数のタマネギの産地だ。ゲルフ大学の6月7日付プレスリリースによると、ニーシラジャン教授は地元の特産であるタマネギの健康効果を調べるために、タマネギのポリフェノール(植物由来成分)の1つである「ケルセチン」に注目した。


    ポリフェノールとは、動くことができない植物が自身を太陽の紫外線や活性酸素、害虫、細菌などから守るために作り出す物質で、「ケルセチン」は特に抗酸化力が強いことで知られている。


    ニーシラジャン教授らは、人間の大腸がんの細胞を培養した容器の中に、オンタリオ州で採れる5種類のタマネギから抽出した「ケルセチン」を投入して比較した。すると、いずれの容器でも大腸がんは「アポトーシス」(細胞自死)と呼ばれる細胞の自殺現象を起こした。5種類のタマネギの中でも「赤タマネギ」が最も強力にがん細胞を殺したという。


    「アポトーシス」は古くなったり、傷ついたりした細胞が自動的に崩壊し、バラバラになったタンパク質が新しい細胞の材料に使われる現象だ。あらかじめ細胞の中に、アポトーシスのプログラムが埋め込まれているといわれる。ニーシラジャン教授は「どういうメカニズムか不明だが、ケルセチンが、がん細胞が持っているアポトーシスのプログラムに作用し、自殺に追いやったとみられる」と推測している。



    ■食べるのなら「赤タマネギ」がいい理由

    「赤タマネギ」はオンタリオ州では「ルビーリング」(ルビー色の輪)といわれる品種で、5種類の中では最も色が濃い。タマネギには「アントシアニン」という色素があり、色が濃いタマネギほど多く含まれている。このアントシアニンにも強い抗酸化力があり、血液をサラサラにしたり、コレステロール値を下げたりする働きがある。ニーシラジャン教授は、アントシアニンにはケルセチンを活性化する働きがあるため、色が濃いタマネギ(つまり赤タマネギ)ほどケルセチンのがん殺傷能力が高くなると説明する。



    ニーシラジャン教授は、プレスリリースの中でこう語っている。

    「タマネギは、がん細胞が細胞死を起こす経路を活性化させ、がん細胞を殺す能力に優れていることがわかりました。この発見は、化学物質を使わなくても、タマネギの成分ケルセチンを抽出し、栄養補助食品や丸薬の形でがんとの戦いに利用できる道を開くものです。また、大腸がんだけでなく、乳がん細胞を殺すのに有効な可能性もあります。今後、人間を対象にした臨床研究を進めたいと思います」

    J-CAST NEWS:2017/6/10 11:30
    https://www.j-cast.com/healthcare/2017/06/10300269.html

    引用元: ・【医学】タマネギに大腸がんの細胞を「自殺」に追い込む力 色が濃いほどパワーアップ カナダの大学の研究グループ©2ch.net

     タマネギに大腸がんの細胞を殺す力 色が濃いほどパワーアップ - カナダの大学の研究グループ の続きを読む

    1:
    筑波大学教授 原田隆之


    ■痴漢という「病」

    痴漢は犯罪かと問うと、100人中100人がそうだと答えるだろう。もちろんそれは間違いではない。しかし、「痴漢という病」としての観点もまた重要である。このような観点が欠落しているからこそ、上で述べたような「治療」という介入が見落とされるのである。


    現に、世界的に用いられている精神障害の診断基準である「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)」には、窃触症という疾患がリストアップされており、それは「同意していない人に触ったり、身体をこすりつけたりすることから得られる反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に現れる」障害であると記載されている(太字筆者)。


    まさに痴漢は、このような病態であると言える。そして、このような衝動や行動が反復され、やめようと思ってもやめられない、まさにコントロール不能になることがこの障害の特徴であり、「性的依存症」とも言える一面も併せ持っている。痴漢は病気だから治療が必要だ、などという話をすると、「痴漢の味方をするのか」「痴漢は好きでやっているのだから、病気ではないだろう」などという感情的な反発を招くことは予想されるし、現に面と向かって批判されたこともある。


    しかし、痴漢行為を医療の枠組みからとらえ直すことは、何も犯罪としての責任を軽くしようとする企てではない。犯罪か、病気か、という二者択一ではなく、どちらの見方の必要だという複合的なとらえ方を提案しているだけである。さらに、これが最も重要な点であるが、私が拠って立つ科学的な立場からすると、痴漢だけでなく、犯罪一般に言えることだが、処罰だけでは再犯の抑制にはならないという科学的なエビデンスがある。


    「治療」というオプションを追加することではじめて、確実に再犯が抑制されるのである。センセーショナルに騒いでも、厳罰を科しても、ましてや線路上を走っても、痴漢という犯罪は抑制できない。つまり、痴漢を病気としてもとらえて治療を提唱する立場は、痴漢撲滅を叫んでさまざまな対策を講じている人たちと同じく、痴漢という犯罪をなくし、これ以上被害者を出さないようにしたいという目的で一致している。


    それに加えて、痴漢行為をやめたいと思ってもやめることができず、仕事を解雇されたり、家庭崩壊に至ったり、刑務所に入ってしまったりという、加害者側の悲劇をも未然に防ごうとする努力でもあるが、これは何も加害者を擁護しようという企みではないだろう。自業自得だと見捨てておけばよいということでもない。

    では、どのような治療を行うのか、治療にはどれだけの再犯抑止効果があるのか、私自身の行っている取り組みを紹介したい。

    (以下省略、つづきはウェブで!)

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51903?page=4


    引用元: ・【科学】筑波大教授「痴漢は病気であり、治療が必要」・・・「科学の力」で痴漢をなくす、驚きの方法 ©2ch.net

     筑波大教授「痴漢は病気であり、治療が必要」・・・「科学の力」で痴漢をなくす、その驚きの方法とは の続きを読む

    1:
    ビールやお酒を飲んだ時、顔が赤くほてったようになる人は、口腔がんや食道がんのリスクがあることを、知っておいた方がいいだろう。

    赤くなるのは、アルコールのフラッシング反応と呼ばれるもので、身体に異変が起きている証拠。一種の危険信号なのだ。これが出ている時には、紅潮の他に、吐き気、頭痛、心拍数の急上昇(心臓がドキドキする)といったことがあげられる。この時、アルコール飲料(エタノール)は肝臓でアセトアルデヒド(CH3CHO)という物質へと代謝され、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により分解されて、次のアセテート(酢酸)へと転換される。ただし、これは通常の人の場合。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170601/Mogumogunews_5695.html

    引用元: ・酒飲んで顔赤くなる人は口腔がんと食道がんに注意 発がん性物質が体内に蓄積する危険性 [無断転載禁止]©2ch.net

     酒飲んで顔赤くなる人は口腔がんと食道がんに注意 発がん性物質が体内に蓄積する危険性 の続きを読む

    このページのトップヘ