メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    産婦人科

    1:
     日本産科婦人科学会(日産婦)は24日、理事会を開き、体外受精させた受精卵の全ての染色体を調べ、異常がないものを子宮に戻す「着床前スクリーニング(PGS)」を学会指針に反して実施したとして、神戸市の大谷レディスクリニック院長の大谷徹郎医師を、会員資格停止(3年間)の懲戒処分にした。


     日産婦の指針は、受精卵検査は重い遺伝性の病気などに限定しており、PGSについては「命の選別につながる」との懸念から認めていない。だが、同クリニックは2011年以降、PGSを実施しているという。日産婦は昨年3月、大谷医師を譴責(けんせき)処分にした。その後、大谷医師側から始末書が提出されなかったため、更に重い資格停止処分にした。


     日産婦は今年2月、PGSが流産率を下げる効果があるか検証するため、一部の施設で100組の夫婦を対象に臨床研究として実施すると発表。大谷レディスクリニックは含まれていなかった。


     日産婦の苛原(いらはら)稔・倫理委員長は「(PGSが)出産率に寄与するか否か、まだ結論が出ておらず、学会の見解を守って欲しいと伝えてきたが守られなかった」と述べた。一方、大谷医師は処分に対し、「妊娠しやすくて流産しにくい治療を受けることは患者様の基本的人権です。日産婦の処分とは関係なく、治療を続ける」とする声明を出した。


     また、母親の血液で胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断を、指針に反して実施していた奥野病院(大阪市)について、日産婦は昨年12月に譴責処分にし、さらに重い処分も検討していたが、奥野幸彦院長から学会の退会届が提出されたとして受理された。


    2017年6月24日19時49分 朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6R6VJBK6RULBJ012.html?iref=sp_new_news_list_n

    引用元: ・【医療】着床前のスクリーニングで神戸の医師を懲戒処分 日本産婦人科学会「命の選別につながる」 [無断転載禁止]©2ch.net

     着床前のスクリーニングは、命の選別につながるからという理由で神戸の大谷レディスクリニック院長の大谷徹郎医師を懲戒処分 - 日本産科婦人科学会 の続きを読む

    1:
    小林麻央さんの命奪った乳がん 意外と知らない基礎知識
    dot.:2017/6/24 07:00
    https://dot.asahi.com/dot/2017062300063.html

    no title

    浸潤がんと非浸潤がん

    no title

    主なリンパ節の位置

    no title

    乳がんのステージ分類



     小林麻央さん(34)の命を奪った乳がんとはどんな病気なのか。

     乳房には母乳(乳汁)をつくる「小葉」と乳汁を乳頭まで運ぶ「乳管」からなる「乳腺組織」があり、それらを間質組織が支えている。乳がんは、この乳腺組織に発生するがんだ。乳房を正面から見て、乳頭を中心にして上下と左右の四つに分割すると、最も乳がんができやすいのは、わきの下に近い外側の上部で、約半数を占める。次に多いのが、鎖骨に近い乳房の内側上部だ。


     乳がんは乳管内にとどまっている「非浸潤がん」と乳管の外まで広がっている「浸潤がん」に大別される。非浸潤がんは血管やリンパ管に入り込んでいない早期がんで、がんの進行度を示す「病期」は、0期に分類される。この場合手術で治る可能性が高い。


     しかし非浸潤がんを放置すると多くの場合、がんは乳管の壁を破って増殖していき、浸潤がんになる。やがてリンパ管や血管に入り込み、全身に転移を起こす。最初に転移しやすいのが、わきの下にある「腋窩リンパ節」だ。さらに乳房から離れた肺や肝臓、骨などに転移していく。病期はがんが乳房の中でどれくらいの大きさか、リンパ節転移があるか、乳房から離れた臓器への転移があるか、によって決まってくる。浸潤がんでもがんの大きさが2センチ以下なら、治療で8割以上が治る。


     乳がんの特徴の一つは、ほかのがんと比べると増殖のスピードが比較的ゆっくりな場合が多いということだ。乳がんが発生してからしこりとして認識されるまでには、何年もかかる。



    ■主な症状はしこり、分泌物、ただれ

     乳管内でがんが増殖すると、乳腺組織が腫れてしこりとなる。また、がん細胞から出血すると乳頭から血液の混じった黄色や茶褐色の分泌液が出ることがある。浸潤がんの場合、皮膚のくぼみやひきつれ、乳頭の陥没が見られることがあり、まれに痛みも生じる。がんは塊をつくる際に周囲の組織を引き込みながら縮んで、硬くなる性質があるためだ。


     乳がんの症状といえばしこりが代表的だが、がんが進行してもしこりをつくらないタイプの乳がんもある。一つが「炎症性乳がん」で、皮膚が赤く腫れるのが特徴だ。毛穴がオレンジの皮のように目立つようになり、乳房が全体的に大きくなる。もう一つが「パジェット病」で、乳頭が炎症を起こし、ただれていく。どちらも発症率が低い特殊な乳がんだ。


     こうしたがんの症状はいずれも「乳腺症」や「線維腺腫」「乳腺炎」など良性の病気でも起こるもので、乳がんとの鑑別が難しいこともある。(監修:がん研有明病院乳腺センター乳腺外科部長・岩瀬拓士医師)

    引用元: ・【医学】小林麻央さんの命奪った乳がん 意外と知らない基礎知識©2ch.net

     【医学】小林麻央さんの命奪った乳がん 意外と知られていない基礎知識 の続きを読む

    1:
    新たな不妊治療で5人誕生 ミトコンドリアを注入 - 共同通信 47NEWS
    https://this.kiji.is/250160885735063553?c=39546741839462401
    2017/6/21 16:29

     体外受精の際に、精子と一緒に母親本人の細胞内にあるミトコンドリアを卵子に注入する新たな手法で、4人の女性から5人の健康な子どもが生まれたと大阪市の不妊治療クリニックが21日発表した。海外では200例を超す実施例があるが国内で子どもが生まれたのは初めて。ただ臨床研究で実際の効果が確かめられておらず、専門家からは有効性や安全性を疑問視する声が上がっている。


     実施した「HORACグランフロント大阪クリニック」によると、事前に摘出した卵巣組織の一部からエネルギーを作り出す細胞内器官のミトコンドリアを採取し、父親の精子と一緒に卵子に注入した。

    引用元: ・【医療】新たな不妊治療で5人誕生 ミトコンドリアを注入 [無断転載禁止]©2ch.net

     新たな不妊治療で5人誕生 体外受精の際に母親本人のミトコンドリアを注入 - HORACグランフロント大阪クリニック の続きを読む

    1:
    出産時の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)を行う京都府京田辺市の産婦人科医院「ふるき産婦人科」で医療過誤が相次いで発覚した問題で、2011年に無痛分娩で出産した京田辺市の別の夫婦の長女も脳に重度障害を負っていたことが13日、分かった。


    両親によると、子どもは意思疎通ができない寝たきりとなり、介護の末に3歳で亡くなったという。夫婦は13年、同医院に対し、医療ミスが原因だとして介護費や慰謝料など計約1億円を求めて提訴。京都地裁で係争している。


    訴状などによると、母子ともに妊娠中から同医院で検診を受け、異常はなかったという。11年4月19日、同医院は分娩監視装置を装着せず、無痛分娩のための硬膜外麻酔を実施し、さらに陣痛促進剤を注入した。吸引分娩と腹部を強く押した後に、帝王切開で出産したが、子どもは仮死状態で出生した。同医院は約4時間後に宇治市の総合病院に転院させた。


    夫婦側は「産婦人科診療ガイドラインに定められた監視装置を装着せずに陣痛促進剤を使用し、硬膜外麻酔を実施した」と指摘。そのうえで、「促進剤を過剰投与し、高濃度の麻酔を使用し、決められた妊婦の血圧測定もしなかった結果、低酸素脳症を発症させた」と主張している。


    ふるき産婦人科は取材に対し、「裁判になっていることなので取材に応じられない」と話した。


    同病院をめぐっては、無痛分娩による硬膜外麻酔ミスで京都市左京区の母子、京田辺市の母子の計4人が意思疎通や自発呼吸ができなくなるなど重度障害を負ったとして、2件の医療過誤訴訟が京都地裁に提訴されている。ふるき産婦人科に損害賠償を求める訴状を手に「本当に悔しい。娘を返してほしい」と語る父(京都府内)

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170614-00000000-kyt-000-4-view.jpg
     

    配信 2017年06月14日 07時30分
    京都新聞
    http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20170614000027
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000000-kyt-l26

    関連スレ ※ふるき産婦人科 他2件の訴訟
    【京都】「麻酔ミスで母子とも植物状態」 家族、京田辺市の「ふるき産婦人科」を提訴…医院側は全面的に争う姿勢★2
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1496836646/
    【社会】無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 夫らが京都の産婦人科医院に9億4千万円の損害賠償を求め提訴★3
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497397055/

    引用元: ・【京都】「娘を返してほしい」 京田辺市の「ふるき産婦人科」 無痛分娩で脳障害3件目発覚 3歳で死亡 [無断転載禁止]©2ch.net

     京田辺市の「ふるき産婦人科」 無痛分娩で脳障害3件目発覚!! 脳に重度障害を負い3歳で死亡 の続きを読む

    1:
     出産時に麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で、麻酔のミスで妊婦だったロシア人女性(40)=京都市左京区=と生まれた長女(4)が植物状態になったとして、2人と大学教授の夫(55)、親族の計4人が、京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に計約9億4千万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こした。代理人弁護士が12日、明らかにした。提訴は昨年12月28日。


     訴状などによると、女性は平成24年11月、同医院で長女を無痛分娩により出産するため、脊髄を保護する硬膜の外側(硬膜外腔)に腰から注射し、局所麻酔薬を投与する硬膜外麻酔を受けた。だが約20分後に容体が急変し、意識を消失。救急搬送先の病院で帝王切開で長女を出産した。


     女性は「心肺停止後脳症」と診断され、現在まで意識が回復せず植物状態。長女も出産直後から植物状態のままだという。


     原告側は、麻酔の針が本来より深い位置の「くも膜下腔」に達していたミスが疑われるほか、高濃度の麻酔薬を過剰投与したことが原因と訴えている。一方、同医院は「取材はお受けしません」としている。


     同医院をめぐっては1月、帝王切開の際の麻酔ミスがあったとして計約3億3千万円の損害賠償請求訴訟を起こされている。

    http://www.sankei.com/west/news/170612/wst1706120047-n1.html
    2017.6.12 20:40

    ★1:2017/06/12(月) 22:28:40.15
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497274120/

    引用元: ・【社会】無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 夫らが京都の産婦人科医院に9億4千万円の損害賠償を求め提訴★2 ©2ch.net

     無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に9億4千万円の損害賠償を求め提訴 の続きを読む

    このページのトップヘ