じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    産婦人科

    1:
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/05/kiji/20170805s00041000154000c.html
    [2017年8月5日 13:32

     テレビやラジオのパーソナリティーとして知られる坂上みき(58)が5日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(日曜正午)に出演。53歳の時に体験した出産や医師との当時のやりとりを明かした。


     坂上は47歳だった06年3月に12歳下のニュージーランド人と結婚。「みなさんが諦める年齢から」(坂上)不妊治療をスタートしたが、なかなか授からず「ダメだろうと諦めて、諦めて…」と気持ちを封印したこともあったという。それでも「内側から(子供が欲しいという)気持ちがあった」と治療を続け、実を結んだ。


     53歳での超高齢出産。「最初で最後のチャンスだから、痛みや苦しみを経験してもいいかな」と自然分娩を希望したのだという。その際医師からは「バカか。どれだけ危険なことだと思っているんだ。君のような高齢出産は、そこまで頑張っちゃいけない」と、とがめられたといい、帝王切開での出産に。「ものの10分で。ありがたいことに楽に産ませていただいた」と振り返ると、医師に感謝した。


     子育てはハプニングの連続だという。生後6カ月の時に、夫のニュージーランドの実家を訪れた際のこと。息子のお尻にあった青い母斑や、腕のBCGの注射跡を見た家族から虐待を疑われたという。「夫がうまく説明していましたけど」と坂上。国際結婚の“あるある”を笑顔で紹介していた。


    引用元: ・【芸能】53歳でママ 坂上みき 自然分娩希望に医師から説教「バカか。どれだけ危険なことだと思っているんだ」 [無断転載禁止]©2ch.net

     【高齢出産】53歳でママになった坂上みき 自然分娩希望と医師に伝えたところ… の続きを読む

    1:
    「無痛分娩」で死亡や事故の報道が続いている。ここで今一度考えてみたいのが、なぜこのようなお産の方法が取られるようになったのか。お産の痛みの程度、そして痛みのメカニズムについて、医師に聞いた。
    【BuzzFeed Japan / 朽木誠一郎】



    お母さんや赤ちゃんが亡くなったり、障害が残ったりする事例が報道されている「無痛分娩」。麻酔を使ってお産(分娩)の痛みを和らげる方法だ。ただし、無痛分娩の実施率は国によってさまざまだ。イギリスでは全分娩中の23%(2006年)、 ドイツでは全分娩中の18%(2002 - 3年)、ノルウェーでは全分娩中の26%(2005年)など、欧米の中でも状況は大きく異なる。


    一方、日本における2007年の調査では、無痛分娩率は全分娩中の2.6%と、明らかに低い。痛みを和らげることができるなら、そうした方が良さそうにも思えるが、なぜ無痛分娩はあまり普及していないのだろうか。そもそも、お産はどれくらい「痛い」? 医師に聞く「痛みの正体」



    陣痛の場所と強さをイラストで説明したもの。
    BuzzFeed Newsは日本産科麻酔学会の幹事で同学会が作成した無痛分娩Q&Aを担当した、北里大学医学部新世紀医療開発センター周生期麻酔・蘇生学准教授の加藤里絵医師を取材した。お産(分娩)は「鼻の穴からスイカが出てくるよう」と表現されることがある。狭いところから大きなものが出てくるという意味では、的を射ている。しかし、その痛みは、出産を経験していない女性、経験できない男性には想像しにくい。



    そもそも、お産はどれくらい痛いのか。加藤医師は「陣痛が始まったばかりの頃の痛みは比較的軽い」と説明する。「この頃は“生理痛のような痛み”または“お腹をくだしているときのような痛み”と感じるお母さんが多いです」お産が進み、子宮の出口が半分くらい開いてくると、「痛みは急に強くなり、痛みを感じる範囲も広がる」と加藤医師。


    「そして、子宮の出口が完全に開く頃には、へその下から腰全体、外陰部にかけてがとても強く痛むようになります。このときの痛みを“腰が砕かれそう”というお母さんもいます」 お産が進行するにつれて、痛みは外陰部から肛門の周りで特に強くなり、生まれる間際にピークに達する。「お母さんによっては、このときの痛みを“すごく強い力で引っ張られる”“焼けつくよう”と表現します」(加藤医師)


    また、新生児が妊婦の体から出てくることにより、「会陰(外陰部と肛門の間の部分)が裂けて痛みを感じることもある」そうだ。ただし、これらはあくまでも事例であり、痛みの感じ方は一人ひとり違う。そのため、出産前にお産の痛みの強さを予測することは難しいという。


    「とはいえ、お産の痛みは、がんによる痛みや関節痛など、とても強い痛みとして知られている痛みよりも、さらに強いとする研究結果もあります。お産が少なからず痛みを伴うもの、ということは事実です」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010003-bfj-soci

    引用元: ・【男性なら痛みでショック死する程の激痛!】女性のお産はどれ程「痛い」?「産みの苦しみ」の正体とは [無断転載禁止]©2ch.net

     出産の痛いはどれくらい? 「産みの苦しみ」の正体とは の続きを読む

    1:
    出産時の痛みを麻酔で和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」での死亡や重い障害の事例が相次いで発覚したことを受け、日本産婦人科医会が無痛分娩について初めての提言を出すことが9日、分かった。無痛分娩を行う場合、合併症などに適切に対応できる体制を整えることを呼びかける方針で、今夏に公表予定の母体安全に関する提言の中に盛り込まれる。


    医会は現在、国内での無痛分娩の実施状況を明らかにするため、分娩を取り扱う全国の医療機関を対象に、過去3年間分の無痛分娩の件数や人員配置などを尋ねるアンケートを実施している。結果を参考にしながら、無痛分娩を提供する医療施設に対し、器具を使って赤ちゃんを引っ張り出す分娩法や、麻酔による合併症などに適切に対応できる体制を整えることを提言する方針だ。


    医会はこれまで、出産時の合併症や大量出血の対応、搬送の判断などについて提言を行ってきたが、無痛分娩が国内で普及していなかったことなどから、今回が初めての提言となる。


    無痛分娩のニーズは近年、急速に高まっている。高齢出産や働く女性の増加に伴い、疲労やストレスが少なく、産後の回復が早い無痛分娩を選ぶ妊婦が増えているからだ。日本産科麻酔学会によると、同会員が無痛分娩を実施している施設は平成27年現在、全国に約160カ所ある。



    ■緊急時は最低3医師必要

    無痛分娩をめぐっては、大阪、兵庫、京都の4カ所の医療機関で、妊産婦の死亡など少なくとも5件の重大事例が起きていることが明らかになっている。「子供が生まれてからの日々を想像し夢を語り合ってきたが、全てが失われた」。神戸市の産婦人科で平成27年に無痛分娩の麻酔を受けた女性と生まれた男児が重い障害を負い、夫(32)は今月5日、厚生労働省などに実態調査を求める要望書を出した。


    女性は脳に重い障害を負い、意識を取り戻さないまま今年5月に死亡。男児も意識がないまま入院生活が続く。麻酔投与後、医師は外来診療を行い、女性が呼吸困難に陥ったときには、そばにいなかったという。


    米国で約1千例の産科麻酔の経験を持つ大阪大の大瀧千代講師(麻酔集中治療医学)は「海外でかなり普及して安全も確立しているが、日本では体制の整わないまま導入されている。産科医が分娩全てを行う診療所では、明らかなオーバーワーク状態であり、特に緊急時には産科医と麻酔科医、小児科医と最低でも3人の医師が必要で、産科医一人では危機的状態に陥る」と指摘する。


    厚労省研究班の調査によると、日本での無痛分娩は2・6%(19年度)。規模の小さい診療所で実施されることが多く、人員が整った一般病院ではその3分の1でしかない。一方、米国では全分娩のうち60%(2008年)、フランスでは80%(10年)が無痛分娩をしている。


    国内では無痛分娩の手順に関する共通のガイドラインもない。日本で実施が少ない理由は「子供はおなかを痛めて産むもの」といった文化的背景もあるという。ただ大瀧講師は「体制を整えれば安全に無痛分娩を行うことは十分に可能」と強調している。







    無痛分娩 脊髄の周りにある硬膜の外側の隙間に麻酔薬を注入して下半身の痛みを取り、出産の疲れを軽くする分娩方法。出産時の痛みが和らぐ一方で、出産時間が長引きやすく、赤ちゃんを器具で引っ張り出す処置が必要となったり人工的に陣痛を起こす陣痛促進剤の使用が増えたりする恐れがある。国内での正確な実施件数は分かっていない。


    無痛分娩の仕組み
    no title

    無痛分娩を巡る主な重大事例
    no title


    配信 2017.7.10 06:49更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170710/lif1707100008-n1.html

    引用元: ・【医療】麻酔使う無痛分娩「安全体制を」 日本産婦人科医会が初の提言へ 相次ぐ死亡・重度障害事例 [無断転載禁止]©2ch.net

     相次ぐ死亡・重度障害事例を受けて、麻酔を使う無痛分娩の安全体制の確立を提言 - 日本産婦人科医会 の続きを読む

    1:
    エナジー飲料の多量摂取注意 「子供、妊婦は控えて」 厚労省
    2017年7月8日09時14分
    http://www.asahi.com/articles/ASK776GYTK77UBQU01W.html

     カフェインを多く含む清涼飲料や眠気防止の薬による中毒が相次いでいるのを受け、厚生労働省は7日、カフェインの大量摂取は不眠症や下痢、吐き気などを引き起こす恐れがあるとして、エナジードリンクを1日に何本も飲まないよう、ホームページで注意を呼びかけた。


     厚労省はさらに、エナジードリンクを他のカフェインを含む製品と併せて摂取しないこと、子ども、妊婦、授乳中の人などは飲用を控えるよう注意している。厚労省からの依頼で、全国清涼飲料工業会がカフェインを多く含む市販の飲料を調べたところ、ある眠気覚ましドリンクは、100ミリリットル当たり300ミリグラムのカフェインが含まれていたという。一般的なコーヒーと比べると、5倍の濃さに相当する。


     日本中毒学会の調査では、2011年度からの5年間に少なくとも101人が病院に運ばれ、うち3人が死亡していた。(福地慶太郎)

    引用元: ・【医療】エナジー飲料の多量摂取注意 「子供、妊婦は控えて」 厚労省©2ch.net

     カフェインを多く含むエナジードリンクの多量摂取注意! 「子供、妊婦は控えて」 - 厚労省 の続きを読む

    1:
    http://www.afpbb.com/articles/-/3134160?act=all

    【7月1日 時事通信社】フランス政府は、自然な方法では出産できない女性同士のカップルや独身女性に対しても生殖医療を認める方向で検討を始めた。国家倫理諮問委員会が6月下旬、「生殖医療をすべての女性に解禁すべきだ」と提言する答申を発表し、マクロン大統領も賛成の構え。ただ、同性カップルに厳しい姿勢を取るキリスト教団体など保守層は反発しており、調整は難航が予想される。


     フランスでは現在、不妊に悩む男女のカップルにのみ、体外受精や第三者の男性による精子提供といった生殖医療を容認している。倫理委の答申によると、近年では規制を逃れて隣国のスペインやベルギーで生殖医療を受け、妊娠する仏女性が毎年2000~3000人に上るとみられる。


     こうした事態を踏まえ、答申は「家族の在り方は変化している。独身女性や女性カップルに生殖医療を禁じることは問題だ」と結論付けた。ベルギーで生殖医療を受け、女性のパートナーと生後3カ月の女児を育てる女性(29)は地元メディアに「解禁されたら2人目も考えたい」と話し、倫理委の判断を歓迎する。


     ただ、女性が他人に子供を引き渡す目的で出産する「代理母」については、代理母となる女性の心身に悪影響を及ぼす懸念があるとして答申は容認しなかった。このため、男性同士のカップルが子供を得る権利は依然制限される。(c)時事通信社

    2017/07/01 14:44(ベルギー)

    引用元: ・【フランス】生殖医療、全女性に解禁へ=同性カップル出産可能に [無断転載禁止]©2ch.net

     体外受精などの生殖医療を全女性に解禁へ=同性カップルでも出産が可能に! - フランス の続きを読む

    このページのトップヘ