メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    医薬品・薬物

    1:
    政府は、高齢がん患者に対する抗がん剤治療の効果について大規模な調査に乗り出す方針を固めた。高齢者にとって身体的な負担の重い抗がん剤投与による延命効果を疑問視する声もあるため、大規模調査に基づく科学的分析が必要と判断した。高齢化が進む中、がん治療のあり方に一石を投じるものになりそうだ。【秋本裕子、岡大介】


    抗がん剤はがん治療に効果を発揮するものの、痛みや吐き気、肺炎などの副作用を伴う。特に高齢者では、若年層や中年層と比べて他の病気を併発していることも多く、抗がん剤による副作用で体力や気力が落ちることで、結果的に延命効果は限定的になるのではないかという指摘が医療界にある。また、高価な抗がん剤の使用拡大は医療費の押し上げ要因になっている。


    厚生労働省や国立がん研究センターは、2007~08年に同センター中央病院で受診した約7000人のがん患者を対象に予備調査を実施した。がん種別(肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんなど)に、抗がん剤治療を受ける患者と、痛みを緩和する目的での放射線治療などの緩和治療中心の患者に分け、それぞれどれぐらい存命したかという生存率を年齢別に比較した。


    例えば末期の肺がん患者の場合、75歳未満では明らかに「抗がん剤治療あり」の方が延命効果が高かったが、75歳以上では大きな差が出ないとの結果が出た。同センターの担当者は「75歳以上では、抗がん剤投与の有無と生存率の差が小さい可能性を示唆する」と話す。


    しかし、75歳以上の末期肺がん患者に限ると対象者は20人程度といずれのがん種についてもサンプル数が少なく、科学的な根拠を得るためには大規模な調査が必要との判断に至った。厚労省は、全国の病院のがん患者の治療データを都道府県を通じて集約する「全国がん登録」制度などを活用して大量のデータを集め、詳細な分析を行う方針。緩和治療のあり方など「生活の質」の観点からの調査も実施する。


    学会などは、年代の区別なくがん患者の診療指針を定めているが、厚労省は調査結果を踏まえ、高齢のがん患者に特化した指針の策定を促す。結果次第で、より緩和治療を拡充するなどの方向性が示される可能性がある。



    <医療費抑制と区別を>

    高齢のがん患者に対する抗がん剤治療効果の大規模調査は、国民の2人に1人ががんになる時代に適切な治療のあり方を探る基礎データとなることが期待される。増加している高齢のがん患者に、治癒の望めない段階まで抗がん剤治療が施されているケースは少なくない。これは治療効果や安全性を調べる臨床研究の多くで70歳以上が対象外とされ、各学会が作成する診療指針でも高齢患者に関する記載が乏しいのが一因だ。


    一方、国立がん研究センターなどの予備調査で比較対象とした緩和治療も、国内の研究は進んでいない。第2次がん対策推進基本計画では「早期からの段階的な緩和医療の導入」が推奨されているが、いまだに十分ではない。大規模調査で「生活の質」の向上も含めた効果が裏付けられれば、普及の後押しにもなるだろう。


    ただし、どのような治療を選ぶかは、あくまで本人の意思が大切だ。高齢者のがん治療は「抗がん剤のやめ時を考えるべきだ」という意見も、「医療費の高騰と治療をつなげて議論すべきではない」という意見もある。患者の状態や価値観は多様で、年齢で区切れるものではない。政府内には、財政面から医療費を抑制したいとの思惑もある。大規模調査の結果を医療現場でどう生かすかについては、経済性にとどまらない慎重な議論が必要だろう。【高野聡】


    配信 2017年4月27日 07時00分

    毎日新聞 ニュースサイトを読む
    https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00m/040/143000c

    引用元: ・【医療】高齢がん患者 抗がん剤治療の効果調査へ 延命効果に疑問視 [無断転載禁止]©2ch.net

     高齢がん患者に抗がん剤治療を行うべきか  延命効果に疑問視する声 の続きを読む

    1:
    睡眠薬など44種類 服用繰り返すと副作用のおそれ

    睡眠薬や抗不安薬など精神障害の治療で広く使われている44種類の薬について、厚生労働省は承認された用量でも、服用を繰り返すと依存性が高まり、副作用が出るおそれがあるとして全国の医療機関に注意を呼びかけています。


    厚生労働省によりますと、睡眠薬と抗不安薬、それに抗てんかん薬の合わせて44種類は、承認された用量でも服用を繰り返すと依存性が高まり、服用をやめたときに不眠の症状が悪化したり、けいれんや頭痛などの副作用が起きたりするおそれがあり、こうした報告が去年6月末までに470件余り寄せられたということです。


    このため、厚生労働省は全国の医療機関に対し、医師が安易に継続して処方することがないように注意するよう呼びかけています。また、製薬会社に対しても添付文書を改訂し、継続的に使用する場合は治療上の必要性を十分に検討するとともに、使用を中止する際も症状が悪化しないよう徐々に量を減らすなどして、慎重を期すことを医療機関に呼びかけるよう指示しました。


    厚生労働省は「不眠症や不安障害などの治療は難しく、薬の使用が長期間に及ぶことも多いが、医師には処方が適切かどうか、慎重に見極めてほしい」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170422/k10010957281000.html

    引用元: ・睡眠薬や抗不安薬など、用量を守っても依存性が高まり服用を止めると症状が悪化 厚労省が注意喚起 [無断転載禁止]©2ch.net

     睡眠薬や抗不安薬など、用量を守っても依存性が高まり服用を止めると症状が悪化 厚労省が注意喚起 の続きを読む

    1:
    高額なC型肝炎治療薬の偽造品が流通していた問題で、和歌山県内の医療機関にも偽物が納入されていたことがわかった。C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品は、2017年に入り、奈良県内の薬局などで見つかっていたが、厚生労働省などによると、その後の調査で、偽物2本が、和歌山県内の医療機関に納入されていたことが新たにわかったという。

    *+*+ FNN +*+*
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00356256.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【社会】C型肝炎治療薬ハーボニーの偽造品、和歌山県内の医療機関にも偽物が納入されていた [無断転載禁止]©2ch.net

     C型肝炎治療薬ハーボニーの偽造品、和歌山県内の医療機関にも偽物が納入 の続きを読む

    1:
    奄美市にある病院でうつ病の治療や催眠導入剤として使われる向精神薬7万3000錠余りが無くなっていたことがわかりました。病院では警察や保健所に届けるとともに職員から事情を聞くなどして無くなった原因を調べています。向精神薬が無くなっていたことがわかったのは奄美市にある奄美病院です。


    21日、病院が記者会見を行い発表したところによりますと、先月、薬剤師が在庫を確認した際、向精神薬の数が足りないことに気づき病院が平成24年4月から先月までの5年間の記録と照合したところあわせて7万3000錠余りが無くなっていることがわかったということです。


    無くなっていた錠剤はいずれもうつ病の治療や催眠導入剤として使われる2種類の向精神薬で、依存性が強いほか大量に服用すると意識障害が起きる可能性もあるということです。病院では、こうした錠剤を薬局の中にある倉庫に鍵をかけて保管し、4人の薬剤師がそれぞれ1本の鍵を管理していたほか病院の総務課でも1本を管理し当直の看護師などが薬を出す場合には総務課から借り出して使っていたということです。


    病院によりますと、これまでのところ薬が原因と見られる健康被害の情報などは入っていないということで、病院では薬の紛失について警察や保健所に届けるとともに職員から聞き取り調査をして無くなった原因を調べています。記者会見で奄美病院の管理者を務める杉本東一医師は「地域や患者のみなさんにおわび申し上げます」と謝罪するとともに「管理体制に責任を感じており、原因の解明と再発防止に努めます」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055761271.html

    引用元: ・【鹿児島】奄美市の病院で向精神薬7万3000錠が紛失 [無断転載禁止]©2ch.net



    1:
    鹿児島県奄美市にある病院で、うつ病の治療や催眠導入剤として使われる向精神薬7万3000錠余りが無くなっていたことがわかりました。病院では、警察や保健所に届けるとともに、職員から事情を聞くなどして、無くなった原因を調べています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055761271.html

    引用元: ・向精神薬が7.3万錠ほどどっかいった(´・ω・`) [無断転載禁止]©2ch.net

     奄美市の病院で向精神薬7万3000錠が紛失 。 転売して金儲けか?! の続きを読む

    1:
    【4月19日 AFP】インド南部に生息するカエルの皮膚から分泌される粘液が、人間が特定の種類のインフルエンザウイルスと闘う助けになる可能性があるとの研究論文が18日、発表された。米医学誌イミュニティー(Immunity)に掲載された論文によると、このカエルはアカガエル科の「Hydrophylax bahuvistara」。色鮮やかな体色で、大きさはテニスボールほどだ。


    論文の共同執筆者で、米エモリー大学(Emory University)のインフルエンザ専門家のジョシー・ジェイコブ(Joshy Jacob)氏は「カエルは生息地によって異なるアミノ酸化合物(ペプチド)を生成する。人間も自身で宿主防御ペプチドを生成する」と説明する。


    「これは、あらゆる生命体が保持している生得的な免疫伝達物質だ。このカエルが生成するペプチドがH1型インフルエンザウイルスに効果があることを、われわれは偶然発見した」研究チームはカエルに弱い電気ショックを与えてH1型インフルエンザウイルスを撃退するとみられるペプチドを含む分泌物を採取。この抗ウイルス性ペプチドを「ウルミン(urumin)」と命名した。論文によると名前の由来は、数百年前にインド南部で使われていたむちのような形の剣にちなんだものだという。


    論文は、ウルミンは哺乳類に対する毒性はなく「インフルエンザウイルスを破壊するのみとみられる。これは電子顕微鏡で確認された」としている。研究チームが致死量のH1型インフルエンザウイルスに感染させた実験用マウスの鼻にウルミンを注入したところ、マウスは生き延びた。H1型は2009年の豚インフルエンザ流行を引き起こしたウイルスだ。


    ウルミンが人間のインフルエンザの予防的治療に使えるかどうかや、カエルが生成する他のペプチドがデング熱やジカ熱の病原ウイルスに対して有効かどうかなどを確認するためには、さらに研究を重ねる必要がある。

    顕微鏡で見たH1N1型インフルエンザウイルス
    no title


    配信 2017年04月19日 09:35 

    AFP ニュースサイトを読む
    http://www.afpbb.com/articles/-/3125579

    引用元: ・【米研究】カエルの粘液でインフルエンザ予防の可能性 [無断転載禁止]©2ch.net

     インド南部に生息するカエルの粘液でインフルエンザ予防の可能性 の続きを読む

    このページのトップヘ