1:
「物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなる」という病気である「窃盗症(クレプトマニア)」――。これまで「万引き問題」は、「犯罪」と「刑罰」という視点でのみ捉えられることが多かった。しかし、これからは「疾患」と「治療」という医学的観点で取り扱うことも重要になってくるかもしれない。


大森榎本クリニックは、東京都内で唯一、クレプトマニアの専門外来が設けられている。そこではどのような治療が行われているのだろか。同クリニックの精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に話を聞いた。



■ 薬物依存症のプログラム「SMARPP」を参考に

「当クリニックで行っているのは、認知行動療法を中心としたワークブックを使ったプログラムです。12セッションで1クール(半年間)、内容は『再発の予測と防止』と『リスクマネジメント』が中心です」

そのプログラムで参考に用いたのが「SMARPP」。国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦氏が薬物依存症患者を対象に考案したプログラムだ(参考:薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」http://healthpress.jp/2016/11/smarpp.html)。


「当院のクレプトマニアの治療プログラムは、まず『万引きをする引き金』や『万引きのリスクや衝動への対処』などを具体的に検討します。最後に再発防止計画(リスクマネジメントプラン)をつくり、患者そしてその家族と共有します」(斉藤氏)


治療プログラムに加えて、患者にとって大きなメリットは「同じ問題を抱えた仲間が集う居場所がある」というとだ。「孤独」が引き金となって始まりやすいクレプトマニアにとって大切なことなのだ。通院パターンは、週に6回もあれば3回、あるいは1回など再発リスクに応じてさまざまだが、通院という、習慣を変える行動そのものも治療のひとつに違いない。実はさまざまな依存症に共通する再発の2大リスクがある。

 

■ すべての依存症に共通する<再発の2大リスク>

「実はさまざまな依存症に共通して言えることは、『やることがなくて退屈をもてあます』『睡眠時間がきちんと取れなくなる』が、代表的な生活習慣の中での2大再発リスクなのです」(同)

では、この2大リスクを回避するには、どうすべきか。「朝、目が覚めて、『行くところがある』というのがポイントです。また、我々の専門外来を訪ねれば、同じ悩みを持つ人と体験を共有できます。そして「やめ方」を学ぶことができます。さらに、クレプトマニアを克服しようとしているのは自分だけではない――と前向きな気持ちにつながります。

 
また、通院して治療プログラムを受けている――という姿から、治療に真剣に取り組んでいることを家族も感じ取り、家族支援グループ(KFG:Kleptomania Family Group-meeting)への参加率も上がり、病気に関する理解や治療への協力が得られるようになる。家族の関係性も、良いほうに向かうことが多いようです」(同)



■ 治療のスタートは万引きで捕まってから

ところが、クレプトマニアの患者は、最初から治療プログラムを自主的に受けることは少ない。患者の多くは窃盗(万引き)で捕まり、刑事事件として刑事手続の過程において、保釈されてから通院するケースがほとんどだ。だが、通院が裁判を有利に進めるための単なるアリバイに陥るおそれもあるのではないだろうか。そこで、大森榎本クリニックでは、裁判終了後も1年間の継続通院を患者と家族に誓約書に同意してもらってから治療を開始している。


「治療プログラムの過程では、安全な日は『青色シール』、万引きをしそうになったら『黄色シール』、もし万引きしたら『赤いシール』、それらを各人がプログラムで用いるカレンダーに貼って、自身の<悪循環のパターン>を見つめ直します」「通院中の再犯は、これまで発覚したケースは1件。その方は、翌週に裁判を控えた中で再発しました。それも店員の目の前で万引きしています。


我々は、このようなケースを『反省が足りない』『意志が弱い』という見方ではなく、それだけ重症であると判断します。このような患者を断ることなく受け入れていけば、当クリニックの患者の再犯事例は増えるかもしれません。しかし、居場所や受け皿は絶対に必要です。特に高齢者のクレプトマニアは、孤独が最大の引き金ですから」(同)

http://biz-journal.jp/2017/07/post_19583.html
http://biz-journal.jp/2017/07/post_19583_2.html

※続きます

引用元: ・【医療】万引きを繰り返すのは病気…「刑罰」だけでなく「治療」が重要 [無断転載禁止]©2ch.net

2:
※続きです

■ 高齢者の万引きが社会問題に……

斉藤氏によれば、たとえ被害額が数百円の万引きであれ、常習累犯窃盗で裁判を受けて刑務所に入ると、刑事手続きにかかる人件費も含めて、2~3年で2000万円以上の税金が使われることになる。クレプトマニア患者が受刑しても、治療せずに再犯を繰り返せば社会的損失は甚大だ。そこに使われるのは、紛れもなく我々の納める税金である。

 
2025年には、日本の人口の20%が後期高齢者となる。高齢者の万引きは大きな社会問題になることが予想される。


「逆説的ですが、依存症の人は他人に頼るのが下手です。依存できる相手、つまり相談できる仲間や複数のつながりを持つ人は、依存症に陥りにくい。クレプトマニアも同じことが言えるでしょう」(同)


「万引きは許されない」と観念論をふりかざすだけでは、この問題は解決できない。 医療モデルと司法モデルが連携して対応策を考え、全国に受け皿をつくる必要がありそうだ。

※以上です

50:
>>1
以上クリニックの宣伝でした

146:
>>1

グダグダ屁理屈を並べているけど

結局は、大森ナンチャラクリニックのステマだな。
 
59:
>>1
治療?

そんなの無理に決まってるだろ刑務所にでも放り込んで一生出さないしか方法ないだろ。

泥棒の常習犯と一緒、病気なんてもんじゃなくて盗むことが息をするのと同義だから治らないよw

72:
>>1
あー、やっぱ日本は犯罪者に甘ぇなぁ…

95:
>>1
刑務所の方が飯旨いからね


213:
>>1
両腕切り落とせば出来ないぞw

3:
カメラ泥棒の水泳選手、、、名前を忘れた

6:
そもそもただの窃盗です

15:
甘えだね

22:
こんなもんいちいち考慮してたら世の中悪いことしたら全部病気のせいにして責任能力軽くなっちまうわw

病気は病気、罪は罪。罪は償って、病気は治療をすればいい。



38:
全ての犯罪は病気で解決できちゃうだろ



42:
精神病院より刑務所の方が、ずっと人道的な処遇を受けられる。精神科医の金儲けのタネになったら、墓場行きになるぞ。

45:
ただ窃盗か盗癖は区別つくからな
盗癖は経済的理由じゃないし
店員が見ててもお構い無しだし
ただの窃盗はムショに入れとくしかない

48:
精神的なものは現代医学を以ってしても誰も正確に診断することなんてできないし、しかも、基準を設けて正確にやればやるほど、実はみーんな精神病に該当しちゃう。


だから次はこんなんのも病気にしちゃえばいい、なんでもござれだよ。

「人を殺そうとする衝動に抵抗できなくなる」という病気である「殺意症」

53:
治療しても無理だよ
盗癖がある奴は重大な事件も気軽に起こすからムショ帰りを繰り返すだけだ

55:
社会の最底辺をどうするかって話だろ

スラム作られても困るしな

56:
クレプトマニアは興奮(ドーパミンとか)依存症だろ?週1か2でテニスや卓球でもさせてやれば良いのでは?

一瞬一瞬気を抜かないで球を追ってヒヤッとしたり勝ったり負けたりして刺激を与えれば良いよ

窃盗以外の刺激をあげることが治療になりそう

78:
>>56
そんなヤバい場面のないスポーツじゃあダメだろ。崖昇りとか、ボクシングとかみたいな、ガチでヤバい場面のあるものにしないと。

もしくは兵隊に出して鉄砲で撃ち合いさせるとか。

71:
病気なのかねえ
子供の頃みんな万引きの一つ二つはやるけど大人になってからはしないよ

75:
>>71
寂しいから万引きするって子供にも相手にされないなら何故相手にされないか自分を見つめなおすなんてことやらないからな年寄りは。

そんな甘えた理由で犯罪犯されたらたまったもんじゃないんだよね。

79:
>>75
実際に認知症の症状で万引きや痴漢行為、甘いものや濃い味付けのものを好むってのがあるらしいよ

前頭側頭型認知症(FTD)
https://info.ninchisho.net/type/t40

92:
>>79
認知症でそういう事するなら野放しにしちゃ駄目じゃん。

施設内で拘束しなくちゃ迷惑この上ない。

83:
そのうちすべての犯罪は脳の病気ということになりそうだな

施設に収容して薬で強制的に洗脳するんだろう

88:
ネットで話題になってると番組で紹介されてたけど。

タクシー強盗がドライバーの髪をつかみ、カネを出せと刃物を突き付けたそうだ。そこでドライバーは「悪いことをしてるとわかってるんだろ」と咄嗟に言った。そしたら犯人は掴んでた髪を離し、「カネがなくて腹が減ってる」と言った。そこでドライバーは「なら、ファミレスでおごってやる」といい、ファミレスに連れていく。


犯人は三人前位の飯を注文し、食べまくり、「こんなに親切にされたのは初めてです」と言ったんだとか。ドライバーは「悪いことをもう、するなよ」「若いなら何度でもやり直せるから」と言って、老いたドライバーは警察にも通報せず、そのまま分かれたんだとか。


すると翌日、警察から電話がかかってきた。そのタクシー強盗の若者を捕まえたという。ほかの犯罪をまたやったのかとドライバーは思ったらしい。ところがタクシー強盗を自首して出頭してきたんだとか。


この程度の優しさにも接することなく、生きてきたんだろうけど、心で泣いて出頭したんだろね。