1:
精神科医療の現場でバイブルとされている専門書があります。『精神疾患の診断・統計マニュアル』という本です。最新の第5版は900頁を超える大部ですが、ひとつ前の第4版は世界中で100万部以上も売れたのだそうです。買ったのは、精神科医だけでなく、生命保険や損害保険を扱う会社、あるいは裁判で犯罪者を担当する弁護士などでした。さらに、この本を陰で支えたのが、巨大な多国籍製薬企業(ビッグ・ファーマ)です。本連載の何回か分を割いて、「薬漬け医療」とビッグ・ファーマとの関係を探っていくことにします。


この本は、改訂版が出るたびに膨大な数の病名が追加されていき、今や一般市民の半数が、なんらかの精神疾患ありと決めつけられかねない状況に至っています。たとえば最近、メディアでときどき話題になるADHD(注意欠如・多動性障害)という病名です。落ち着きのない子供につけられるもので、米国のある精神分析医は皮肉を込めて、「子供であれば落ち着きがないのは当たり前。昔は、単に『元気な子』と呼んでいたはず」と述べています。


「恥ずかしがりや」や「ひとみしり」もありふれた性格を表す言葉でした。多少にかかわらず誰にでも認められるもので、少なくともこのマニュアルに「社交不安障害」という“病名”が掲載されるまでは、そのことになんの疑いもありませんでした【註1】。同書の執筆者のひとりは、「恥ずかしがりやは、この病気と大きくオーバーラップしており、多くが薬を必要とする状態だ」と述べたのです。

 
ちなみにこの病気は、同書によれば、

(1)人前に出るのが怖い、恥ずかしい、あるいは恥をかいたという感情が半年以上続いているか?
(2)その感情は非常に強いか、あるいは特別な理由がなく生じているか?
(3)自分では解決できないものか?
(4)まともな社会生活ができなくなるほどか?

という質問に全部イエスと答えると、診断されてしまうことになっています(最新版で若干の改定がなされている)【註2】。

この陰に、ビッグ・ファーマの存在がありました。新薬を売るためにもっともらしい病名を次々に考え出し、有名医師を操って世の中に広めたとされているのです【註3】。たとえば英国のアイザック・マークス医師は、前述した病名(社交不安障害)を最初に使った人ですが、日本の精神科医たちは当時、これを画期的な研究業績だと評価していました。



■薬の宣伝のために論文量産

しかし、この医師は後年、ジャーナリストのインタビューに答えて「数々の論文はうつの治療薬を宣伝するために書いた」と告白しているのです【註1】。PTSDという言葉が、大事件や大事故のあとのニュースでよく出てきます。「心的外傷後ストレス障害」という病名の略号で、意味は読んで字のとおりです。


1980年代に用いられるようになった言葉ですが、当時はまだぴったりの薬がなく、多くのビッグ・ファーマがこの病名に合った薬の開発と発売許可を求め、しのぎを削っていました。そこで登場したのがゾロフト(日本ではジェイゾロフト)という、うつ病の薬でした。


製薬企業はPTSDに有効であることを示すための臨床試験を繰り返しましたが、何回行っても有効性を証明することはできません。そこで、この薬を開発したビッグ・ファーマはいろいろ考えたあげく、薬が効きそうな女性だけを集めて臨床試験を行い、ついに発売許可を役所から得ることに成功したということです【註4】。


ビッグ・ファーマがこれらの病名を、本当にでっち上げたのかどうかはわかりません。しかし新しい病名が、突然世間で注目を集めるようになったとき、それは医学の進歩を意味するものではなく、陰で誰かが大儲けしていると思ったほうがよさそうです。

●参考文献
【註1】Lane C, How normal behavior became a sickness, shyness, Yale University Press, New Haven, 2007.
【註2】Crome E, et al., DSM-IV and DSM-5 social anxiety disorder in the Australian community. Aust N Z J Psychiatry 49: 227-235, 2015.
【註3】マーシャ・エンジェル、『ビッグ・ファーマ 製薬企業の真実』、栗原千絵子・斉尾武郎共監訳、篠原出版新社、2005.
【註4】デイヴィッド・ヒーリー、『ファルマゲドン 背信の医薬』、田島治監訳、中里京子訳、みすず書房、2015.

http://biz-journal.jp/2017/06/post_19590.html
http://biz-journal.jp/2017/06/post_19590_2.html

★1:2017/06/27(火) 21:51:41.14
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498567901/

引用元: ・【医療】どんな性格も精神病…薬を売るために「新病名」を量産する巨大製薬会社と医師★2 [無断転載禁止]©2ch.net

145:
>>1
ちなみに火病はアメリカで正式に病気と認定されたようですよ

169:
>>1
医療関係者だけど精神疾患が薬で治ったという例はひとつもないんだよな。

240:
>>1
精神科という闇

494:
>>1
開業医だけど、同意

心療内科の先生、安定剤、眠剤を安易に出しすぎ

対話、カウンセリングで治す姿勢を少しは見せろや

専門外からでも明らかに適応外投薬、オーバードーズになってるのが明らかな人いるぞ

495:
>>494
心療内科では世間話5分程した後に眠剤等の処方箋を受け取って終わりだった

単なる世間話だから何も改善する訳もなく1年続けてはみたけど行くの止めた

500:
>>495
これが現実だよね
親族は本人の薬好きと凡人精神科医の特性が見事にはまって廃人になった

4:
人の個性を病気にして薬漬けで金儲け
民主主義の怖いところです

8:
実際、精神科医も未知数だから脳はエスパーじゃないから「だろう」でしか診断ができないからな

しょうがない部分はある

27:
血圧130以上は病人に仕立てようとした日本の医学界もたいがいキチガイやで

9:
血圧もそうだよね
140でも全く悪くないのに

12:
>>9
同意、数値を下げて病人量産。

94:
>>9
そうなんだ、騙されかけたわ

321:
>>9
おれもそう思っていたら、高い原因が無ければいいのだけど、なぜ高いかを調べないと、一概にいえないんだって。

452:
>>9
血圧が高いって薬飲み始めて、それまで何の異常もなかった腎臓や肝臓が悪くなった

そして立ちくらみが頻発

今は薬を止めて体調はとても良い

18:
とりあえず社会に適合できない人間が存在するのは事実だ

20:
回避性人格障害

38:
>>20
自分がそれだなあ。病気だとは思わないが自分の自信のなさはそこから来てるんだなあと分かったので納得できた。新病名とは思わんが、気のせいで終わらされるよりはずっとマシ。

22:
ファッションメンヘラ
なんちゃって発達障害
ナマポが欲しくて鬱
年寄り永久入院させたい親族
虐待をごまかし支援されたいDQN親



こういう病人志願者と病気作り人とはwin-winビジネス

マーケティングうますぎ震える
病気のブランド戦略立てた奴はやり手
治療と薬代の支援金に障害年金と支出増えてるはずだがそれはいいのか?

23:
インチキ医学

24:
メンヘラ爆増 「精神障害者福祉手帳」、この20年で交付者7倍に なんか世間に閉塞感あるよね [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1498520988/

26:
ほんまやで

昔はちょっとおちつきないですねとか、行動がちょっと他より遅いみたいです~って連絡帳や通知表にちょっと書かれるだけだったのに、今は子供はなんかしらの病名つけられて病気だらけやん

こんなん新しい差別を生まなきゃええけどな

28:
ボーダーとかもでっち上げだな

84:
>>28
あいつらは思い通りにならないと包丁振り回したり、町中で叫んだりするが、それも病気ではなく、極端にキチガイ的性格にすぎないからな。

278:
>>28
デッチあげじゃなくて人格障害はガチでいるので クスリで抑えこんでもらわないと

29:
糖尿も意図的に増やしてる

34:
>>29
今糖尿で行かされてるが、数値が良いと今度は肝臓がだとよ

糖尿でレントゲン撮られたが意味あるのかね

44:
>>34
2型だと脂肪肝が元の病気が無いか検査されるのでは?

64:
>>29
ドル箱だからね
本来ならそこに至るまでになんらかの手を打たなきゃならないのに

32:
馬鹿に付ける薬が無いのに、薬漬けにして廃人化するのが精神医療

異状を訴えれば訴えるだけ、脳の活動を休止する薬が投与されるだけ

33:
愛情ホルモンと言われる、オキシトシンも似たようなもので、NHKなんかも一緒になって愛情や信頼を高める効果があるって盛んに宣伝してるし、そういう論文も量産されてる。しかし、実験に再現性がなかったり、きちんと二重盲検をやってなかったりで、結構批判されているよ。


でも、そういう意見は日本では紹介されないで、オキシトシンの効果は間違いないみたいな記事ばかり出ていて、必ずと言っていいほどオキシトシンの個人輸入購入の仕方が紹介されてるんだよな(日本で未認可)。オキシトシン研究をやってる連中も、日本で薬として承認させるためにもう必死って感じ

433:
>>33
精神薬の場合、プラセボ効果ってのがすごいあって、よく効く薬だと暗示かけて飲ませれば、ビタミン剤だって効くんだよ。オキシトシンも、そういう所があって大学の先生とかNHKが盛んに宣伝するもんだから、みんな効くものと信じて買って使うから、愛情が高まったみたいに思っちゃう。


でも、きちんと二重盲検試験をやってみると効果が薄まって、ほんとに効くんだかわかんなくなっちゃう。この薬の研究やってる連中は、暗示による効果ってのをよく知ってて悪用してると思う。

36:
病院も商売でやってんだろうからね

精神医学会では、新たな病名を命名することが名誉なことだと小田晋が言ってたわw

41:
宗教の免罪符と同じ現象だな
金のためなら真実を捻じ曲げるということが科学の分野でも起きている

45:
健常者が精神科受診してどんな病名もらうか試してほしいな

49:
健康な状態とは人体に恒常性が保たれていることで病気とはそれが崩れること

現在の社会状態を保つ事が健康なら、その状態を崩した状態が病気だからなあ…

今の社会では働く出番がない特質を持っていたり、社会を病気にする要因があるという事よね

61:
精神科医からすれば、患者=お客様だから当然だろ

なんともないです、もう来なくても大丈夫ですと言うと儲からないからね

人に悩みを相談するだけでも多少気が楽になるでしょう、また来てくださいと言うだろうね

患者が帰るときに、『お大事に』と間違えて『まいどあり~w』と言わないようにいつももの凄く気を付けているだろうな

67:
この手の記事を鵜呑みにした本当に危険な人間がそうだ医者は悪だ製薬会社の陰謀だと断薬して、ますます頭がクルクルパーになった結果が

淡路島5人殺害事件の平野達彦

http://news.merumo.ne.jp/article/genre/2612186
https://togetter.com/li/794479

集団ストーカーとかケムトレイルとか変な陰謀論に染まっている連中には要注意

81:
>>67
最初から薬を飲んでいなければ断薬なんかせずに済んだ。

280:
>>81
順番がおかしい
一般の人は服薬未服薬に関わらず人殺しの強行には及ばない

75:
私もずっと同じことを考えていた

ベンゾ系だろうとろくな説明をせず、ドンドン出す、出して依存させる

相手が以後どうなろうと一切関知しない

しかも、子供相手にまでそれをやる

まだ長い人生、一生薬漬けにさせる気だ

とても血の通った人間のすることとは思えん

92:
>>75
高血圧の薬なんかだとデータを取ってみると確かに薬を飲んだ方が病気にかからず長生きできるらしい
だけど高血圧だけど何も悪いところがない人が大多数だし薬を飲んで血圧下げても意味がある人もいれば意味がない人もいる


そもそも正常値なんてのは普通の人の大多数が入る値の事で健康を意味するものではないし正常値を外れてもなんともない人も一定数いる


データだって薬の効果の図表をちょっと弄っただけで他の薬と大差ないはずが超売れ筋の薬に早変わり
まあ私はお医者さんが出してくれる薬は全部飲みますけどね

68:
普通の人なんて実は居ないんじゃw

91:
>>68
精神病院を撤廃したイタリアが、代わりに制度した地域保健のモットーがそれ。

「近づいてみれば誰一人まともな人はいない 」