1:
国環研など、ニワトリ体細胞からiPS細胞を効率的に樹立することに成功
マイナビ:2017/05/10
http://news.mynavi.jp/news/2017/05/10/258/

国立環境研究所(国環研)などは5月8日、Oct3/4という遺伝子の働きを高めることでニワトリのiPS細胞を効率的に樹立できることを発見したと発表した。

国立環境研究所生物・生態系環境研究センター 片山雅史特別研究員、大沼学主任研究員、岩手大学連合農学研究科 福田智一教授らの研究グループによるもので、4月7日付の国際科学誌「Journal of Cellular Physiology」に掲載された。


鳥類のiPS細胞の樹立は困難であり、海外で数例の報告はあるものの、効率的なiPS細胞の樹立方法はこれまで確立されていなかった。そこで同研究グループでは今回、ニワトリをモデルとして鳥類の効率的なiPS細胞の樹立を試みた。


具体的には、ニワトリの孵化後1日のヒナ由来の体細胞へ初期化因子を導入。初期化誘導のための遺伝子として、Oct3/4(Pou5F1)、Sox2、Klf4、c-Myc、Lin28、Nanogを使用した。さらにOct3/4の転写活性を高めるためにMyoDという遺伝子の転写活性領域の一部をOct3/4に結合。これらの遺伝子をひとつのベクターに連結させて、PiggyBacトランスポゾンシステムを用いて体細胞へ導入した。この結果、ニワトリの体細胞は初期化されることが明らかになった。


このニワトリ由来の初期化細胞は長期間の継代が可能であり、同細胞の分化能力を確認したところ、三胚葉分化能力を有しており、iPS細胞であることがわかった。多能性は、FGF(Fibroblast growth factor)シグナルと、PouVおよびNanogの高発現により維持されており、哺乳類で報告されているFGF依存型のiPS/ES細胞と近い性質であるという。


同研究グループは、今回の成果をもとに、さまざまな野生鳥類のiPS細胞を樹立し、各細胞へ分化誘導することで、感染症や農薬の評価系を構築することができると説明している。



▼関連サイト
国立環境研究所の報道発表
http://www.nies.go.jp/whatsnew/20170508/20170508.html

2017年5月8日
ニワトリ体細胞からの効率的なiPS細胞の樹立
絶滅危惧鳥類に対する感染症や農薬等の影響評価への応用も!


▼関連スレ
【医療】iPSで拡張心筋症治療…京大、臨床研究申請へ [無断転載禁止]2ch.net
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494193468/

引用元: ・【医療/バイオ】ニワトリ体細胞からiPS細胞を効率的に樹立することに成功と発表 国立環境研究所などのグループ©2ch.net

7:
>>1
俺思ったんだけどもしかしたらニワトリの細胞からヒヨコができるかも…

51:
>>7
卵が先だろ!

2:
これで多くのニワトリの命が救える!

3:
no title


こういう事になるぞ?

42:
>>3
これが本当の鳥人間ってやつか

5:
ついにチキン・ジョージが誕生するのかwww

6:
iPS細胞が量産できると富裕層がよろこぶね

11:
胸肉やささみに分化させればニワトリいらず!?

28:
>>11
鶏→屠殺→ササミ

とならずに

ササミ→増殖ササミ→切り分けササミ→増殖ササミ→以降繰り返し

となるのかな
なんかこう、心情的に複雑なものがあるな
命を奪わないのはそれはまあいいのかもしれないが

12:
研究がスピードアップするね
視覚障害あたりは実用早まるかも

21:
目は見えるようになったが、夜になると鳥目になりそうね

23:
まだスタップ細胞はできないのか!

26:
スタップ細胞を闇に葬るな!

24:
結局iPSって何の役に立つの?

31:
>>24
頭髪毛根細胞の再生

32:
ニワトリって本当に偉いな。全てが人類の糧になる・・心から供養したい。

40:
いっつもこんなことばかり言ってないか

41:
>>40
発見から10年でここまで来たのが凄い。

52:
より効率的に卵を量産することができるのか

鳥インフル関係なく、各種病気関係なく
にわとり本体を育成・維持するあらゆる手間を省いて