1:
あと二年くらいしたら地域枠入学組が卒業するが果たして奨学金免除のため僻地医療をする人はどれくらいでるのだろうか

引用元: ・奨学金付き地域枠組は果たして僻地医療を選ぶのか

166:
>>1
近所の人が地方枠で地元の駅弁医に行ってるけど、親の出身地が某県離島との事で、むしろ喜んでる模様。

ただ、そんな事情を持つ人は少数派でしょうな。

2:
月に10万円ぐらいの奨学金は使わずにそのまま貯金し、大半の人は卒後一括返済して晴れて自由の身となるでしょう。

おそらく、社会問題化するでしょう・・

218:
>>2
愛大医学部地域枠で入った者です。

始まって以来、1人だけ逃げた人がいたらしいですが、かなり問題になったらしいですよ。

真面目に地域医療やりたくて入ってる人もいるんです。勝手な妄想はやめてください。

3:
でも地域枠って定員分絶対取るわけじゃなく
基準みたなかったら合格者無しで一般に定員回すんだな

4:
地域枠も大学により様々だよね
一般試験の合格者の中から
希望者を地域枠として選考するとこもあるみたいだし

5:
てか実情知らない高校生に絶対僻地行けよって強制するのは可哀想だわな

何割か免除目当てで僻地行ってくれたら大学としては御の字なのかもな

10:
地域枠は選べることなどない。世の中はそんなに甘くはないのだ

まあ十年奉公したら基礎にでも行くしかないでしょう

11:
ん?奨学金返せば自由みたいだぞ

13:
>>11
利息付けるみたいだぞ

12:
学費を年500万にして
年500万貸す奨学金を運営すればいいんだよ
で、僻地に勤めたら年450万分は免除
成績優秀なら全額免除でいいじゃない

14:
地域枠ってさあ、東京とか大阪の大学にもあるよね

15:
>東京とか大阪の大学にもあるよね

東京は伊豆七島や小笠原があるけど、大阪と神奈川は僻地が無いそうだね。

21:
地域推薦枠入学者は、一定期間県内限定の医師免許にすればいいだけ

22:
地域推薦枠は自治医大方式で義務を課したほうが良い

24:
ぶっちゃけそれでも地方にとっては十分でしょ。

医師を根こそぎ都会に持って行かれるのが問題なんだから。

25:
地域枠で入学したやつも高校も田舎な地元だし大学も田舎だしって研修くらいは都会でと消えてく

35:
やっぱいざ卒業するって時に満額返しておいて逃げちゃうのが一番いいような気がするな

36:
>>35
それが一番なんだろうけど遊びたい盛りに総額1000万の見せ金を見せられて使い込まないやつはそんなにいないんだろうなーと。

地域枠だと待遇悪くてバイト禁止のとこに廻されそうだし、なにより医者として一番大事な一人前になるまでの10年間を地域に拘束されっぱなしってのは痛いよな。


37:
奨学金が返還免除になった時、所得税の対象になる話が気になって国税庁のhp見てみたけど、奨学金によって払う税金は発生しないみたいな回答があった…。

ちゃんと請求してほしい。

38:
>>37
奨学金自体はもちろん税金は発生しないけど、このスレで取り上げられている医学生奨学金については額が大きすぎる為、所得税および住民税とかの対象になるって話だったはず。

39:
>>38
国税庁のhpでは対象にならないって書いてあると思う。

大阪局は対象にしてるみたいだけど・・

40:
>>39
ttp://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/bunshokaito/gensen/091113/another.htm
 
これのことだったら看護学生の奨学金だし、年額90万円としてあるから奨学金の範疇内に収まるものとされたんじゃないかなと

これのことじゃなかったらごめん

44:
地域医療に携わることを前提とした奨学金に応募しておいて、いざ初期研修を終え地域に赴任しなくてはならなくなった際にどっかの金融機関から金引っ張ってきて全額返還し、あとはその借金を返しつつ好きなところで働く。

JASSOの奨学金対象からあぶれた学生なんかがこういうことしそうだけどな。

48:
>>44
県によるんだろけどそれやると結構利子とられるでしょ

受給生側の私的な理由による就労拒否は利子がつくことがほとんどだと思われ

49:
>>48
自治医大みたいに、年10%複利というサラ金レベルの利子か?

91:
>>49
> >>48
> 自治医大みたいに、年10%複利というサラ金レベルの利子か?

サラ金みたいに低金利じゃないよw


長崎県医学修学資金貸与制度

貸与を受けた期間の2倍に相当する期間
貸与利率: 年 14.5 %

52:
>>48
利子ついてもいいからやろうと思う人はいるだろうね

医者になって何年か経てば借りた分くらいすぐ貯まるから

50:
2000万借りたはずがいつの間にか3000万の借金を背負っていた by自治医大生

だって。防衛医大とは違い、一括返済以外認められないのが、また厳しい。

51:
月15万円を6年間、1080万円受け取った場合
1450万一括返済ということになる(利率10%)
ttp://ameblo.jp/fighting-doctor/day-20110505.html
 
県での勤務を拒否されても400万入るのであれば、県としてはただ県外に流出されるよりはましと考えるか?

『マグロ漁船方式』とは上手い表現だ

54:
まぁリアルに自治医くらい貸しつけないと返す奴どんどこ出てきそうだよね

55:
昔の産業医大はほとんど卒業時に返還したそうです

56:
駅弁国公立は学費を年500万にしてOKという法律をつくればOK

僻地勤務で2700万分は返す制度とコミで

57:
医学部定員、増員へ=医師不足で8年間―文科省

 文部科学省は20日、医師不足が解消されていないとして2019年度までの8年間、医学部入学定員の増加を認めると発表した。増員数は各大学と調整し、年末までに決める。

 医学部の入学定員は今年度まで4年連続で増加しているが、同省は医師不足が依然続いていると判断。地域医療への従事を条件とした奨学金や、地域枠選抜を行う大学などで増員を認めることとした。 


時事通信 10月20日(木)19時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000126-jij-soci

60:
>>57
駅弁医いま以上に簡単になるな

64:
うちの教授なんか地域枠の連中がいない席であいつらは一生使いっぱにしてやるって言ってるからな

金払って逃げれると思ったら大きな間違いだよ

69:
地域枠って僻地勤務が強制というわけでもないのか?

70:
半強制だな


突っぱねたらもう大学医局からは永久追放だろ

71:
まあ僻地って言ってもいろいろあるからね
人口数万程度の地方都市の総合病院に自治医大卒の若い先生がいたなー

目の前にコンビニがある病院で僻地とか言われてもな

あんなんで学費免除になるんなら良いわな、って思った記憶があるわ

本当に僻地行く先生もおるのかもしれんけどな

72:
これだけ国が借金まみれなのに、超高額な医学部学費を免除しなくてもいいのでは。

年間1000万円以上かかる医大生の教育費。

人は、身分相応の職場に就いたほうが幸せになれると思う。

73:
>>72
> 年間1000万円以上かかる医大生の教育費。

まだこんな都市伝説を信じてる者がいたとは・・・

74:
国立大学法人の単科医科大学、浜松医科大学と滋賀医科大学のものを見てみる。

滋賀医科大学は看護学科のものが入っているから、浜松医科大学よりも数字が大きくなっている。


浜松医科大学 ( 千円 )
教育経費 253,647 / 教員人件費 2,931,295
授業料収益 574,569 / 入学金収益 65,198 / 検定料収益 22,887 / 附属病院収益 11,926,694

滋賀医科大学 ( 千円 )
教育経費 337,087 / 教員人件費 2,916,885
授業料収益 531,576 / 入学料収益 64,634 / 検定料収益 22,565 / 附属病院収益 12,457,615


教育経費と教員人件費を医学生の頭数で割ってみよう。


1 学年の定員 : 浜松医科大学 95 人、滋賀医科大学 85 人
医学生一人当たりの 6 年間の費用 : 浜松医科大学 33,525,000 円、滋賀医科大学 38,282,000 円

このような、大きい方にぶれているであろうおおざっぱな計算でも学生一人当たり 6 年間で 3,500 万円前後である。教員は、教育、臨床、研究をやっている。すなわち、教員人件費で、研究と診療も行い、病院収益を 120 億円ほど、年間で上げているのだ。


しかも、どちらの医科大学も、授業料収入の方が教育経費よりも大きい。教育だけについて言えば、授業料収入で黒字なのだ。税金からの補助金は、そのほとんどが付属病院や研究施設に使われていることになる。

こうして見ると、医学生一人を医師にするのに入学金と授業料、計 700 万円ほどで足りることが分かる。どこから出たのか分からない数字だけが一人歩きし、冒頭のような都市伝説が生まれてしまっているのだ。

79:
都会から来るような奴は帰っちまうからな
学力が低くてもいいから地元に残るような人間が欲しいというのが僻地医大の本音

82:
奨学金で縛りつけない地域枠は何の意味もないことがあっさり判明

「卒業後、県内で勤務する」との誓言・誓約書には何の法的拘束力もないのは事実だが、あっさり踏みにじるモラルの無さwww


県内の医師不足解消のため、弘前大医学部医学科入試で06年度から導入された「県定着枠」で入学した第1期生18人が先月卒業し、うち4人が卒業後の「初期臨床研修」先に県外の施設を選んだことが11日分かった。佐藤敬学長が同日の記者会見で明らかにした。


県定着枠は卒業後、同大や関連施設で勤務することを条件に、県内の高卒者対象の推薦入試でスタート。現在は、一般入試の中に枠がある。佐藤学長は「4人は第一希望の研修先がかなえられないなどの理由で、残念ながら近隣の県を選んだ。(初期研修の)2年を終えたら県内に戻って後期研修に入ると、私との面接で表明している」と説明。「研修後は本県医療に貢献することを期待する」と話した。定着枠を含む医学科全卒業生97人のうち、36人が県内で初期研修を行うという。

84:
>>82
弘前は今定員105人のうちAOと地域枠で55人取ってる

さすが田舎駅弁医、笑わしてくれるなw

83:
俺の県の国立医大は、地域枠が30名。
センター八割あれば楽勝。七割五分でも合格。
教育学部や工学部の中間層と同レベル。
地元民のほとんどは地域枠合格者。

一般枠合格者は、関東や関西の有名進学校で占めるため京大非医レベル。奨学金をもらっていない地域枠合格者は、平気で県外の病院へ行ってしまう。地域枠合格者は、軽量入試で合格させてもらったのだから、最低五年は、地元で奉公しろよ。難関を突破した県外出身者でも、残ってくれる人もいるんだから。

85:
そうか、さすがに弘前ほどではないが、うちの県は地域枠35名。

それに一般入試も面接点を点数化(100点)したため、地元勢が六割。

兄貴の時代は、地元勢二割弱。

バカでも入れる国立医大に成り下がった。

89:
>>85
三重大か?

てか地域枠多い大学は上位層の学生が敬遠する
予備校でチューターやってるからよく話聞くけど都市部の学生はかなり不公平感持ってるからね

まあ旭川医大と弘前大は酷い
聞いた話だが弘前大は弘前高校で入試やってるらしいな、もう完全にグルじゃん

144:
>>89
まぁ都市部の学生からしたら不公平だよなw

86:
地方国立医は定員の半数が
推薦・AO・地域枠というところも多い

87:
旭川医大 北海道民率

推薦 10/10 100%
AO  40/40 100%
前期 28/40 70%
後期 15/22 68%
トータル 93/112 83%

http://www.asahikawa-med.ac.jp/bureau/nyusi/date/23isenbatsudate.pdf

88:
>>87
うわぁ、俺が入った時よりひどくなっているな

110:
単に医師過剰にして医者の価値を落として都会で働きたいとか贅沢言えない様な状況に追い込めばいい。

てか早く特定看護師制度導入進めればいい。多くの医療行為なんて看護師でも務まるだろ。

医者は看護師には手に負えない治療か統括責任者として一つの科に数人いれば十分にすればいい。

そうすりゃ医者なんかすぐにあぶれるさ。登販にドラッグストア追い出された薬剤師みたいにね。

111:
>>108
その対策自治医大のまんまじゃん

114:
アメリカのように、日本も普通の大学卒後してからメディカルスクールに四年行く。

そうすれば、貧乏人は医師になれないだろう。
今の司法試験と同じことになるな。

115:
そうしたらいいか。
なんでも増やせばいいというものじゃないし。