1:
もしかして自転車って最先端の世界最高の乗り物なんじゃ!?

自転車で健康寿命が延びる――オランダ・ユトレヒト大学で研究 - BBCニュース
http://www.bbc.com/japanese/video-34524760

長生きに効く自転車の乗り方|竹田陽介ブログ
http://ameblo.jp/doctor-away/entry-11010434709.html

自転車に乗る人は長生きする 平均寿命が大きく伸びる 調査結果
http://longride.info/general/2694/
 

”仏パリ心臓血管研究所(Paris Cardiovascular Centre)のエロワ・マリヨン(Eloi Marijon)氏率いる研究チームが、自転車ロードレースの最高峰ツール・ド・フランス(Tour de France)のフランス人参加選手を対象に行った調査によると、男性のプロ自転車競技選手は、同世代の一般人と比較して、平均で何と6.3年も長生きする可能性が高いという。


自転車活用拡大推進によって都市と人々が得る4つの果実(渋滞軽減、重大事故減少、健康増進による医療費軽減、排ガスや騒音・CO2減少)等 TBS 情報制作局プロデューサー  国土交通省提供資料
http://www.mlit.go.jp/common/000108300.pdf

引用元: ・自転車って健康に良く長寿につながり環境にも良いし [無断転載禁止]©2ch.net

2:
自転車の環境性能、健康効果を調べれば調べるほど、今世界中の都市が自動車を減らして自転車の利用を増やす政策を推進している理由に納得するよね。

3:
予防医学医療先進国ドイツのことわざ『トラック一杯の薬より一台の自転車』 総合内科専門医 矢木 真一
http://web.archive.org/web/20140811155540/http://www.heisei.or.jp/docterseye224.htm
川崎病院勤務時は中庄~岡山間を自転車通勤しておりました。

2009年から本格的に乗り始め、ほぼ毎日25キロの通勤をしていたところ95キロあった体重は82キロまで下がり、献血時の血圧測定で140mmHgを超えていた血圧は正常化し、脂肪肝によるものと思われたGOT・GPT高値は正常化するわ、右の頬に出ていた慢性の吹き出物は消失するわで深夜のテレホンショッピング、雑誌の広告も真っ青な効果でした。


海外に、「トラック一杯の薬より一台の自転車」という諺がありますが、その通りであることを実感いたしました。長距離を走るなら是非ロードバイク(ハンドルが下に曲がっているやつ)を購入したいところですが、如何せん高価です。まずは家のママチャリのサドルを高めに設定し、タイヤの空気圧を高めにしてチェーンの注油をするだけでもかなり快適に走れるようになります。


本格的に走りたいという方は是非スポーツバイクの購入をおすすめします。後輪のギアが8枚以上あればスポーツバイクと考えて問題ありません。あとは自転車屋の店長に相談しながら好みで選べばよいでしょう。

7:
自転車で通勤したい! アメリカ・ニューヨークでも進む自動車離れと自転車活用拡大(この現象は先進諸国の都市部で共通)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35447
 
欧米では自転車通勤があたり前
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/live/197

自転車の健康効果と社会的な利益
no title
   no title

no title
  no title

no title
  no title

no title
  no title

no title
  no title

no title
  no title


5 Cycling Weight-Loss Successes | Bicycling
http://www.bicycling.com/food/5-cycling-weight-loss-successes

自転車活用によって人々が得られる健康上の利益 Cycling - health benefits - Better Health Channel  ストレス解消効果により、うつ症状の改善にもつながる。
https://www.betterhealth.vic.gov.au/health/healthyliving/cycling-health-benefits

8:
車がなきゃな

自転車に乗る前は五年に一回あるかないかの車とのニアミスが自転車に乗るようになったら週二回になったわ

BBAほんと左右確認しないわ停止線に従わないわ

9:
自転車の斜め横断や信号無視や路地からの飛び出し危険な状況でも無停止なんかが無ければな

とどのつまり乗る奴次第

10:
「自転車に御乗んなさい」──漱石の英国滞在と日本の近代化|英国の歴史学者がたどる | クーリエ・ジャポン

夏目さんもこう言ってるし、もう自転車乗るしかないな。

11:
公益財団法人 長寿科学振興財団 若さを保つ運動?自転車 | 健康長寿ネット
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-training/bicycle.html

12:
地球にやさしい ・・・が、人にはやさしくない

14:
自動車を減らして自転車を増やすと重大事故が激減するのは世界中の統計でも明らかなので、自転車は相対的に他の乗り物より遥かに人にやさしいよ。
http://www.nikkansports.com/general/news/1797152.html

 
>(昨年一年間の交通事故死者の)事故時の状況をみると、歩行中が1638人で3割以上を占め、乗用車乗車中の1042人、自転車乗車中の709人と続いた。

そして歩行者死亡における加害車両のほとんどは自動車(そして交通刑務所懲役者のほぼ100%は自動車運転手で、凶悪犯としての実名報道も多い)。
http://anond.hatelabo.jp/20170326003616

 
だからこそ自動車から自転車への乗り換えが地域全体の交通安全を高めるとして各国で自動車を減らして自転車増やそう政策が進んでいる。人々の移動手段が徒歩、自転車、公共交通の時代、今より遥かに重大事故は少なかった。つまり、交通安全を考えれば、そういう社会にしていくのが正解ということになるね。


ノルウェーの首都オスロも確かに自家用自動車禁止になるんだったかな
http://getnews.jp/archives/1589546
 
そして国民の電動アシスト自転車購入を多額の補助金でサポートして自転車の活用拡大を推進するとのこと。オスロは「電動自転車」の街へ。購入者に最高約7万円プレゼントするほどに自転車活用拡大推進に本気腰。
http://www.huffingtonpost.jp/asaki-abumi/oslo-bicycle_b_8848840.html

 
脱・自動車依存社会 ドイツの取り組み 高齢化も見据え交通網整備、主役のひとつは自転車
http://blog.livedoor.jp/trike_shop/archives/1773205.html

15:
オランダが世界有数の自転車先進国になった歴史が6分ほどにまとめられたビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=XuBdf9jYj7o



ざっくり解説↓ かつてはオランダも自動車乱用による大気汚染、重大事故頻発、騒音公害や渋滞に苦しんでいた。それを自転車活用推進で解決した。
https://www.facebook.com/cycletokyo/posts/10151980064083786
 

自動車を抑制、減少させて自転車を増やすと重大事故が減るというのは、日本の交通統計でも同様であり欧州でも同様。
http://one-europe.net/eurographics/europeans-are-good-bicycle-travellers
 

自転車活用の推進で環境や交通渋滞、交通事故の大幅削減に成功したオランダ
http://gigazine.net/news/20130812-cycling-popular-in-netherland/


自転車は人にやさしく、自動車から自転車への乗り換えが重大事故も公害も渋滞も減らし地域の公益を向上させるからこそ、オランダもロンドンもパリも他多数の先進諸外国の特に都市部が自転車活用拡大推進に舵を切った。東京も自転車の活用をどんどん増やそうと自転車インフラ整備を進めている。


中国でさえ公害対策で自動車規制強化、自転車シェアリング推進で人にやさしい環境を取り戻そうとしているほどだよ。

17:
世界中で自動車減らして自転車を増やすのがトレンドだね。たしかに自動車が減れば減るほど重大事故も公害も渋滞も減るから、合理的ではある。自動車ではなく自転車に乗ることは、社会貢献でもあるんだよね

18:
脱クルマへ 自転車 「推進法」成立 社会的な交通手段としての自転車の役割拡大 [無断転載禁止]©2ch.net
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/bicycle/1482024697/


政府も医療費減、重大事故減、渋滞減、公害減につながる自転車活用を推進するそうだ。イギリス、特にロンドンでは自転車インフラ整備が急速に進んでいるが、その根拠は公害と渋滞を重大事故を減らすという狙いもあるが、自転車の健康増進効果で社会全体でかかる医療費をもっと低くしよう、というのもあるようだ。フランスやオランダにおける調査でも自転車の健康増進効果による健康寿命の増進、長寿への効果が示されているので、それも追い風となっている。


自動車から自転車への乗り換え推進によって自動車を減らして自転車を増やすと、人々の利益、公益になるということだね。

自転車の利用拡大は商店街を救う 
http://cyclist.sanspo.com/266093
 

 さらに、クルマを減らして自転車の利用が増えると地元商店街が潤うというデータも出そろってきているようです。


東ロンドンの入り口にあるオシャレなエクスマス・マーケット通りは最近改修を受け、配達車両など以外は基本的に通らない半歩行者天国に。同時にスポーツ賭博店などが撤退しアルチザン系ベーカリーが入るなど商店街としてアップグレード変身中。自転車駐輪ラックもたくさん増えた。


 欧州などでの平均では、クルマを街中心から締め出して歩行者と自転車だけにすると、25%ほど売上が上がる。イギリス同様に自転車活用には後発のニューヨーク市では、自転車レーンの敷設で49%売上がアップした商店街の例も報告されています。

19:
トヨタの排気ガスが蔓延する日本では自転車は健康に悪いです

20:
だから自動車を廃止して自転車に置き換えるんだろ?運送、運客業以外の自家用車は全廃し、期間内に車両を供出すれば相当額の自転車クーポンと交換する。

400年も昔に刀狩ができたんだから、自動車狩ができないはずはない。

21:
>>20
お前、トヨタ様の前でも同じこと言えんの?(´・ω・`)

23:
>>21
トヨタはレクサスブランドで自転車を売ってた
http://www.cyclesports.jp/articles/detail/28933

24:
クルマを使わない人に現金を──ワシントンD.C.の法案は自動車通勤を減らせるか?|WIRED.jp
http://wired.jp/2017/04/08/try-give-money/

アメリカ、ワシントンDCも「自動車なんて使わず自転車乗ろうね」を推進中。確かに自動車が減れば重大事故も公害も渋滞も社会の医療費も減る(自転車の健康増進効果により)からね。


自動車を減らして自転車を増やすと交通安全が向上し、街の空気も清浄化し、騒音も解消され、救急車が渋滞で進まなくなることもなくなる。自転車の健康効果で医療費は減るし寿命も長くなる。だからこそアメリカでさえ特に都市部で自動車を減らして自転車を増やす政策が進んでる。自転車インフラ整備、そしてこうした、自動車を減らすために自動車を使わない人に対しての優遇制度を作ったりね。クルマを乱用しないという社会貢献の意義の大きさを各国の特に都市部の担当官は示している。

25:
日本も片道二十km程度だったら自転車通勤を勧めるようにすればいいんだよ。

1時間もあれば届く距離だし、渋滞も緩和されるから自転車レーンも整備されやすくなる。

26:
二輪車レーンは違法駐車天国になってかえって走りにくいんだよなぁ

いざとなれば本線でも充分に加速できる単車と違って自転車だとよっぽど民度が高いとこじゃないとデメリットが大きいわ

31:
>>26
ハンドサインを出して違法駐車車両を追い越せば良いだけ

交通弱者優先が原則なので、後続の自動車は止まるか速度を落とすしか方法が無い。

29:
自転車は健康になるが
交通事故で一発必殺

32:
トラック クルマの排ガスと健康被害

・受動排ガス(車道を走るサイクリストがトラック クルマの排ガス吸引で健康被害を受けること)と疾患リスク

・肺がんリスク 328倍 脳梗塞リスク 721倍
 心筋梗塞リスク 128倍 舌癌リスク 621倍
 COPDリスク 168倍 胃がんリスク 282倍

33:
バイク離れ、クルマ離れ、そして自転車活用拡大推進政策。世界的に高まる環境意識と健康意識。自転車が順風満帆すぎる。しかも長生き、長寿できるだなんて最高すぎる。

34:
チャリ業界はサイクリストが交通量が多い車道を鼻と口剥き出しで走ればトラックやクルマが吐き出す排ガスや車道に溜まった発ガン性物質まみれの金属摩耗粉塵やpet材の微細粉末がクルマやトラックが走る度に巻き上げられ有害摩耗粉塵を大量に吸引する事実を隠蔽するのに躍起になってる。

35:
たしかに都内の車道走ると鼻の中が真っ黒になるな

他所だとそこまでならないのにタバコ吸ってるのと同じ効果がある

36:
そのうち日産のリーフみたいな車だらけになるんじゃね

それまで堪えよう

37:
イギリスも自転車の健康増進効果があまりにも高いので、自動車を減らして自転車を増やす政策をしているぐらいだからねえ。

そうすることにより医療費も減って、公害も重大事故も渋滞も減ると良い事尽くめな為。