1:
新規人工インスリンの化学合成に成功

 東北大学は4月11日、ウシ膵臓由来の天然のインスリンに含まれるジスルフィド結合のひとつをジセレニド結合に置換した新規人工インスリン「セレノインスリン」の化学合成に成功したと発表した。この研究は、東海大学理学部化学科の荒井堅太講師および岩岡道夫教授、東北大学学際科学フロンティア研究所(多元物質科学研究所兼任)の奥村正樹助教、多元物質科学研究所の渡部聡研究員および同研究所(生命科学研究科および理学研究科化学専攻兼任)の稲葉謙次教授、大阪大学蛋白質研究所の北條裕信教授らの共同研究チームによるもの。


同研究成果は、ドイツの国際化学誌「Angewandte Chemie International Edition」電子版に4月10日付けで掲載されている。


 糖尿病患者にとって、インスリン製剤は命をつなぐ唯一の薬剤である一方、高頻度での皮下投与は肉体的・精神的な負担が大きい。創薬分野では、こうした患者の負担をできるだけ軽減しようと、長時間にわたって体内で循環・作用し、インスリンの基礎分泌を補助する新規持効型インスリン製剤の開発が大きな課題のひとつとなっている。


 投与後に血流によって体内を循環したインスリンは、最終的に腎臓内でインスリン分解酵素(Insulin Degrading Enzyme; IDE)によって分解され尿として排出される。今回の研究では、このIDEに対して高い分解耐性を示すインスリンを人工的に作成することができれば、長時間体内を循環する新しいタイプの持効型インスリン製剤の開発につながると考えたという。


 インスリンは2本の異なるポリペプチド鎖のA鎖およびB鎖が、硫黄(S)原子同士のジスルフィド(SS)結合によって安定化されており、A鎖とB鎖からインスリンを得ようとしても鎖内のSS結合が優先して機能してしまうため、本来の目的のインスリンはほとんど得られない。そこで、研究チームは、Sよりもさらに反応性に富んだセレン(Se)原子に着目し、SをSeに置き換えたインスリンA鎖およびB鎖を用いれば、迅速に鎖間でジセレニド(SeSe)結合が形成されるため、両ペプチド鎖の会合反応を効率的に行えるのではないかと仮説を立てた。


さらに、SeSe結合はSS結合よりも安定しており、インスリン分子に対して立体構造の“硬さ”と、それに起因するIDE分解耐性を同時に付与できるものと予想。このようなコンセプトのもと、まずはSe含有インスリンA鎖およびB鎖の化学合成に着手し、それらを得ることに成功した。さらに各ペプチド鎖を最適な条件下で混合し反応させることで、目的のセレノインスリンを最大27%の単離収率で得ることに成功したという。


 次に、X線結晶構造解析によって、セレノインスリンの三次元立体構造を解析したところ、人工のセレノインスリンは天然インスリンと同様の立体構造を有していることが判明。また、インスリン同様の生理機能を保持していることも確認した。さらにIDEを用い、天然インスリンおよびセレノインスリンの分解実験を行ったところ、セレノインスリンは天然インスリンよりも分解速度が著しく遅いことが判明したという。以上の結果から、セレノインスリンは体内での薬効が長時間持続すると考えられ、新規持効型インスリン製剤としての応用が期待されるとしている。
https://www.m3.com/open/clinical/news/article/520399/

引用元: ・【医療】新規人工インスリンの化学合成に成功©2ch.net

2:
すごいのコレ

3:
素晴らしいねこれ

4:
インスリンオブジョイトイ

5:
糖尿病の新薬か

6:
毎日注射してる人が楽になるってこと?

7:
研究者さんたち ありがとう
実用化はよはよ

8:
セレンを含むインスリンか

10:
それもいいけど、糖尿病は治らないのか。新しい島を膵臓の中に作るとかしてさあ。

11:
1型の俺も助けてくれ
注射面倒臭い
外食出来ない

12:
エイリアンに見えた。
新規人エイリアン

13:
おれには新規人、エインスリンに見えたぜ

14:
エイスリン・ウィッシュアート

15:
注射しないといけないのは変わらないか

16:
自律神経失調症を1錠で直す薬合成できないかな

17:
注射でなくシップとかでインシュリンを体内に入れる方法はまだ確立されてないのかい。

18:
人工インスリンはとっくの昔に開発されてる
目新しいものではない
また分解しにくく効果が長いという特性はインスリンの場合マイナスに働く

インスリンは血液中のブドウ糖を細胞にとりくみ血糖値を下げる効果があるが効きすぎると低血糖により意識を失うことも多い
インスリンを利用してる人は投与後のクルマの運転は自粛するようになってる(違反すると危険運転になる場合もある)
そのためインスリンは飲食直前に投与して食事が終わって血糖値が上がるときにだけ効いて直ぐに効かなくなるものが望ましい

今回の合成インスリンは実用化は難しい
使う場合は効果が短い既存のインスリンに極少量混ぜて使うことになるだろう

インスリンの価格が高い理由の一つに製薬会社がインスリンの合成手法の特許を次々開発しインスリン合成関連特許の独占を行っているからと聞く
これにめげず研究を続けてもらいたい

24:
>>18
ヒューマログね、

今、インスリン分解酵素によって分解され難い薬の開発が進んでいる点では、インスリン分解酵素にレジスタンスなインスリンが薬効としてマイナスに働くという解釈は全くの間違い。

もちろん、多量のセレン摂取による副作用の点は考慮すべきだが、新しいアプローチとしては良いのでは?

19:
なんでも良いから安く

23:
インスリン注射は不摂生が原因の二型より、生まれつきの一が型の人の方が注射射つから朗報か

26:
昨年末に具合悪くなって病院行ったらいきなり1型糖尿病の宣告されたわ。親族に1も2病歴ある人なし。
30代のオッサンだぞww
子供の病気かと思ってました
注射は大人でも相当に負担だね、子供凄いわ
研究進んで欲しいね

27:
東北大学なら、実用化狩野だな

31:
 
 
 
コストダウンよろしく。