脂肪細胞由来の幹細胞

1:
http://www.afpbb.com/articles/-/3121637?act=all

【3月16日 AFP】米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する治験を受けた女性患者3人が失明していたことが15日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に発表された報告から明らかになった。この治験は効果がまだ立証されていないものだったという。


 失明したのは進行性の眼疾患「黄斑変性症」を患っていた72~88歳の女性3人で、2015年にフロリダ州の医療機関で「乾燥型黄斑変性症における細胞の硝子体内注入の安全性と効果を評価する調査」と題した治験を受けていた。


 この治験は米国立衛生研究所(NIH)が運営する治験や臨床試験に関する情報提供サイト「クリニカルトライアルズ・ドット・ゴブ(ClinicalTrials.gov)」に掲載されていたため、患者らは正規の治験だと考えていた。しかし、3人は治験を受けた直後から網膜剥離や出血などの合併症に悩み、結果的に視力を完全に失ったという。


 論文を共著したマイアミ大学(University of Miami)のトーマス・アルビニ(Thomas Albini)准教授は、合併症が起きた原因として、幹細胞の混合過程で汚染が起きたか、目に注入された後で幹細胞が変異した可能性が考えられると指摘している。


 専門家らによれば、脂肪由来幹細胞が黄斑変性症に関わる網膜細胞に成長するかどうかを調べた研究はまだほとんどなく、問題の治験で使用された手法が視力回復を助けるという科学的根拠はないという。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

2017/03/16 15:19(マイアミ/米国)

引用元: ・【国際】幹細胞使った治験で女性3人失明、米 [無断転載禁止]©2ch.net

10:
>>1
>脂肪由来幹細胞が黄斑変性症に関わる網膜細胞に成長するかどうかを調べた研究はまだほとんどなく


先ず動物実験からやれよ
研究も殆ど無い段階でいきなり人間からとかアホか

118:
>>10
ほっといても失明するなら、可能性に賭ける事も有るだろ。

121:
>>118
失明だけじゃすまない可能性もあるだろ。

148:
>>1
>専門家らによれば、脂肪由来幹細胞が黄斑変性症に関わる網膜細胞に成長するかどうかを調べた研究はまだほとんどなく、問題の治験で使用された手法が視力回復を助けるという科学的根拠はないという。



なんでこんなのを使っちゃうの?

180:
>>1
山中教授グループに任せず
功を焦った不器用なアメリカ人

4:
治験こわすぎ

143:
>>4
治験ってこういったリスクもあるから必要なんだろ

治験する時点では100%安全ならする必要がないし、当然治験するまでに色々安全性を確かめはするんだろうけど100%にはならない

というか一般治療になったとしても100%安全ってことは無いんだがね

6:
iPSとは別物なの?

114:
>>6
別。
森本やバカンティ(どちらも虚言で、実際は実行してない)のように「幹細胞をそのまま注射した」としている。おそらくは分化してないか、別の細胞になったかだろう。

理研神戸の笹井ビルでやってるのは、iPS細胞からの分化させた細胞。

12:
なんというモルモット状態

14:
動物で試さなかったの?
すげー初歩的なところでつまづいてる感じなんだが

15:
若い人じゃないのが唯一の救い

25:
>>15
全くだ…既に棺桶に片足突っ込んだ状態だから光を失ってもまだ諦めつくかもしれんからな

119:
>>15
今どきは大した病気もせずに100歳まで生きる人も珍しくないぞ。88歳なら12年、72歳なら30年近くだ

お前は目の治療を受けるはずだったのに病院のミスで失明させられて全盲で30年も耐えられるか

16:
外国の治験はこえーな
国内は大分安全だけど

20:
>>16
大分といえば(熊本だったっけ)
化血県が日本脳炎ウィルスワクチンウィルスばら撒いて、老人ホームの人たちが複数、日本脳炎になったニュースが去年あったな

19:
こんなミイラみたいな
婆さんで治験するなよw

そりゃ失敗するわwwww

22:
レーシックもそろそろ20年30年の時限爆弾が炸裂しそうかな

28:
いい加減犯罪者使って治験やれよ
拘束時間を必要以上にとれることといい
社会から隔離されてることといい
生活を管理できることといい
失敗してもまぁいいことといい
いいことづくめじゃん

31:
>>28
人権団体が間違いなく勝って、ますます歪んだ勢力が強くなる。

44:
>>28
全く以て正論
死刑囚で心置きなくやってほしい

61:
>>44 28
万が一に100人殺したシリアルキラーが1万人救う薬の開発に貢献しちゃうと英雄になっちゃうから駄目なんじゃないの

30:
いきなり人体実験しちゃったのか、凄いな…

33:
米国の場合、日本と違って、こんな風にモルモットにしようが、医療ミスで殺そうが、訴えられる事は無い。というのは、何が起きても訴えない、文句を言わないという契約書にサインしないと医療を行なわない仕組みになっている。


人権やら医療は人徳と考える日本人とは根本から異なる。だから、遥かに上回る数で死んでいても、米国では医療ミスでの訴訟は起きない。

50:
>>33
いや、訴訟大国アメリカで訴えないとかないからw

インフォームド・コンセントという文言も、カリフォルニアのサルゴ事件での医療過誤訴訟で用いられ、その判例から、インフォームド・コンセントが一般化したわけだし。

医療費の中に、医療過誤の保険費用を最初から織り込んでいるくらい訴訟は起きる。

159:
>>33
日本でも書かされるよ。
心臓手術関係は全件書かされる。
簡単なカテーテルでも書かされる。

36:
目の難病にiPS移植、2年半の経過良好 理研など(2017/3/16 19:04)
https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201703/0010004057.shtml

世界で初めて人工多能性幹細胞(iPS細胞)を移植した目の難病
「滲出型加齢黄斑変性」の患者について、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市中央区) の高橋政代プロジェクトリーダーらの共同研究グループが16日、2年半たっても経過が良好であると発表した。 米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの同日号に掲載された。

43:
眼の治験なんて絶対無理!!

46:
ESじゃもう無理だろう
iPSじゃないと

51:
おそらく両目はしないよね。

54:
>>51
だよねえ
両目なら怖すぎる

52:
歳も歳だし一か八かって感じでやったんだろうな

55:
いや黄斑変性症って普通に失明に至る病気だからね、重度だと

この記事だけじゃ細部がわからんから治療が失明を促したのか、効果がなくて結果失明したのか判断できん

56:
乾燥型黄斑変性は治療法がほぼ無い進行性の疾患だからって、ダメ元でやっちゃったのかなぁ?

無茶しやがって・・・

57:
治験を受けたのは、最後の賭けだったんだろうな
十分な看護をしてやってくれ
歳も歳だしな
後の治療への道筋作りに貢献してくれた

58:
どうせほっといても失明する人だったんじゃないの?

65:
いくらなんでも動物実験はしろよ

犬で成功すればだいたい人間でもそんなに酷いことは起こらない

マウスはダメ。たとえば有名な話だけどマウス相手だと水でがん細胞を殺せちゃったりする

66:
海外治験は税金かからない上に、
日本側のコーディネーター挟まなければ、マージンもいらないから割が良いんだよ。

86:
いきなり治験て。

黄斑変性でipsに先行されて勝てないから、いきなり一発狙いで実験したんか?

173:
>>86
たぶんこれ

91:
患者はどうせ他に治療法が無いから参加するんだろ?

倫理も安全性も関係あるか。
治験どんどんやれよ。
トップを走らないでどうするよ。

105:
日本と違ってお金がないと高度な医療が受けられない社会だから、治験となると低所得の患者が飛び付くように参加するんだよね。


因みに加齢黄斑変性はアメリカの失明原因1位。

122:
72歳から88歳

若い人じゃなくて良かったよ

123:
>高橋政代(神戸理化学研究所網膜再生医療研究開発プロジェクト代表)は、2014年9 月12日に自己由来のiPS細胞から作成した網膜を患者へ移植する臨床研究を世界で初めて実施した。
>これは加齢黄斑変性の治療を目的としたものである。これまで動物実験でのみ行われてきた人工的に作成した網膜を生体に移植する研究を実際に人体に応用した初期の例である。
>約一年後、該当する患者の視力はほとんど下がらず、腫瘍の発生もないと報告された。ただし、VEGF阻害剤投与では視力の改善が一般に見られるので(上述)、
>現在のところはVEGF阻害剤投与の方が施術の容易さ、コスト、視力回復の成績、のすべてにおいて優れていると考えられる。


すでにそこそこ安全な治療法があるのに、あえて革新的な治療に挑戦して失明とかギャンブラーだな

国によっては保険の問題でハイリスクな治検にチャレンジするしか選択肢がなかったりするのかな

76:
年寄りを使った人体実験やん

146:
治験はやっぱり怖い
楽でいいなとか思ってたもんだが

2:
お先真っ暗