じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    痛み

    1: 2016/08/12(金) 08:27:15.55 ID:CAP_USER9
    医師の間で「絶対に罹りたくない病気」として挙げられるのが急性上腸間膜動脈閉塞症だ。小腸や大腸の一部に酸素や栄養を送る上腸間膜動脈が突然詰まる病気で、早期に治療しないと、症状が急速に悪化して死に至る。

    「七転八倒するほどの激しい腹痛に始まり、筋硬直などの腹膜炎症状が起こります。発症してから時間が経過すると、腸がむくんで麻痺することにより腸の内容物が停滞してしまい、腸閉塞状態に陥る。すると腹部の膨満、脱水症状、激しい嘔吐や血便などが引き起こされる。

    救急搬送されてきた患者さんが、発狂しながら糞尿を撒き散らし、のたうち回って苦しんでいる姿を見たことがあります」(都内の救急救命医)

    腸管が壊死するため、助かったとしても発症後は人工肛門の造設手術を必要とするケースが多く、生活は大きく変わってしまう。

    ※週刊ポスト2016年8月19・26日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20160811_436806.html

    引用元: ・【話題】医師が「絶対にかかりたくない病気」 発狂し糞尿まき散らす人も ©2ch.net

     医師が「絶対にかかりたくない病気」 の続きを読む

    2020年問題

    1: 2016/08/14(日) 13:38:11.15 ID:CAP_USER
    http://nikkan-spa.jp/1163618

     新薬高騰による医療財政の破綻なども危惧されている昨今の日本。なんでも国内の製薬会社もまた没落の苦境に立たされているという。


    国内ドル箱新薬の特許が切れ

     2007年度のデータでは世界の売り上げ10億ドル以上の製品のうち、15品目が日本国内の製薬会社の開発による新薬という好調ぶりを見せていた。しかし、それら世界の売り上げ上位の薬の特許期間が、2016~2020年に立て続けに切れることで、ジェネリック薬品が市場に出回ることになるのだ。

    「海外で開発された薬で10億ドル以上の売上を誇っている薬は、ほとんどが抗体医薬品と呼ばれる特殊な製法で作られた単価が高い薬ばかりです。この数年内に特許期間が切れる国内製薬会社の稼ぎ頭とも言える薬は、それに比べると単価の安く、需要の高い(患者数の多い)薬で、統合失調症やうつ病で処方されるエビリファイ、高血圧患者に処方されるオルメテック、頻尿治療薬のベシケアといった薬が名を連ねています」(30代・製薬業界関係者)


    日本の患者の“安かろう悪かろう神話”にスキあり

     しかし、いくら海外のジェネリック薬品が出たとしても、実際に国内の製薬会社の売上が大きく落ち込むことなどあり得るのだろうか?「ジェネリック薬品の普及率は数量ベースで日本は40~50%程度、欧米では70%を超えています。この差の理由は、欧米は政策として医療費抑制のためにジェネリック薬品を推奨しているから。アメリカでは民間保険の制度上ジェネリック薬品が普及しやすいんです。

     国民皆保険制度を維持している日本は、薬が高価だとしても平等な医療を受けることができる。また、患者側の“安かろう悪かろう神話”がいまだ根強いこともあり、なかなか普及していない。それだけ海外の企業にとっては、日本は高価な新薬を気前よく消費してくれる“オイシイ市場”なわけですが」(同)

     このように日本の製薬市場では先発品が安価なジェネリック薬品に駆逐されるのに十分な状況があることに加え、欧米などの製薬会社は自社開発の新薬をジェネリック薬品事業でも展開し、最後まで収益をきっちり回収する体制も万全。

     いっぽう、国内では某有名ジェネリックメーカーですら2017年にやっと海外の市場開拓を始めるという段階。海外の市場に日本企業が入り込む余地はないかもしれない。


    バイオ分野開発の遅れを懸念する声も

     また、従来の製法による新薬開発はすでに出尽くした感があり、世界的にバイオ技術による製薬の研究開発へ舵を切りつつあるという指摘も多い。「欧米諸国だと新しい医薬品開発を専門にするベンチャー企業も多く、大学や研究期間とも密接な連携が取れています。
     
    基礎研究や開発費を比較すると日本企業が出遅れている感は否めないですね。それに関しては影響力の強い医師会と製薬会社との癒着も一因でしょう。日本で最もバイオ薬品に強かった某製薬企業も外資系企業に事実上、買収されてしまいましたから」(同)
     
     国内製薬会社が今後生き残っていくためには、ジェネリック薬品事業・バイオ分野での新薬開発へ大きくシフトチェンジを図る必要があるようだ。
    <取材・文/日刊SPA!取材班>

    引用元: ・【医薬】日本の製薬会社が抱えている「2020年問題」 高価な新薬が立て続けに特許切れ [無断転載禁止]©2ch.net

     日本の製薬会社が抱えている「2020年問題」 高価な新薬が立て続けに特許切れに の続きを読む

    モルヒネ

    1: 2016/08/18(木) 21:29:02.12 ID:CAP_USER
    モルヒネに代わる「副作用のない」鎮痛薬を開発か、研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3097909


    【8月18日 AFP】科学者チームは17日、モルヒネと同等の鎮痛効果を持つが、副作用がないと考えられる合成薬剤を開発したと発表した。モルヒネなどのオピオイド系鎮痛薬は強い副作用があるため、非常に危険で中毒性が高いとされている。


     英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された研究論文によると、研究チームが用いたビッグデータの手法は、革新的な薬剤の開発に前途有望な道を開くものだという。「数兆」に及ぶ候補のふるい分けによって同定されたこの新化合物は、マウスを用いた実験で、痛みの抑制作用を誘発する脳内の既知の分子経路を活性化した。


     だが、この化合物は、モルヒネや、オキシコドンやオキシコンチンなどの処方薬とは異なり、正常な呼吸を減速したり阻害したりする可能性のある第二の経路を活性化することはなかった。オピオイド類による呼吸の抑制により、米国だけで毎年約3万人の死者が発生している。米国では、オピオイドの使用と乱用がまん延のレベルにまで達している。


     また「PZM21」と命名されたこの新薬は、実験用マウスに依存性を形成しなかった。マウスはモルヒネや処方鎮痛薬に対して、人間と同様に容易に中毒になる。実験では、PZM21を投与される小部屋と、中性食塩水を投与される小部屋のどちらかをマウスが好む傾向はみられなかった。研究チームは、PZM21が「呼吸障害の明らかな排除を伴う、長く持続する無痛覚」をもたらすと総括した。


     さらに、この新化合物の3つ目の利点は、便秘を引き起こさないことだと、研究チームは指摘している。米国では、オピオイド類に起因する便秘症を緩和するための薬のコマーシャルがテレビで放映されている。アヘンとその誘導体は、痛みを和らげる(さらには多幸感をもたらす)ために4000年以上前から使われてきた。


     近代医療の時代になっても、アヘン原料のケシから抽出されるモルヒネは、手術後の回復のためや戦場などで、最適の鎮痛薬として今なお用いられている。


     論文の主執筆者3人のうちの一人で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(University of California, San Francisco)薬学部のブライアン・ショイシェット(Brian Shoichet)教授は「だが、これも危険であることは明白だ」と話す。 「標準的なオピオイド類に代わる、より安全性の高い鎮痛薬を探求する取り組みが数十年続けられている」


     こうした取り組みの大半では、副作用を取り除くために薬剤の化学構造に手を加えることが試みられてきた。 ショイシェット教授と、米スタンフォード大学(Stanford University)、米ノースカロライナ大学(University of North Carolina)、独フリードリヒ・アレクサンダー大学(Friedrich-Alexander University)などの共同研究者らは、従来とは根本的に異なるアプローチを採用した。

    引用元: ・【薬学】モルヒネに代わる「副作用のない」鎮痛薬を開発か [無断転載禁止]©2ch.net

     モルヒネに代わる「副作用のない」鎮痛薬を開発か の続きを読む

    研修医

    1: 2016/08/18(木) 20:07:09.92 ID:CAP_USER9
    女性研修医自殺で労災申請 残業最長月250時間、遺族「長時間労働が原因」
    産経新聞:2016.8.17 17:54更新
    http://www.sankei.com/affairs/news/160817/afr1608170018-n1.html

     新潟市民病院(新潟市)に勤務していた女性研修医=当時(37)=が今年1月に自殺したのは、残業が最長で月約250時間に上った長時間労働が原因だとして、遺族が17日、新潟労働基準監督署に労災申請した。

     記者会見した遺族や代理人弁護士によると、女性は昨年4月から研修医として勤務していたが、同年秋ごろから眠れないなどの不調を訴えるようになり、今年1月に自殺した。

     遺族らが病院から開示を受けた通勤記録やカルテの閲覧歴を調べたところ、女性は毎月、過労死ラインとされる月80時間を上回る月100時間以上の残業を繰り返し、最長だった昨年8月は251時間だった。

     女性の夫は「病院は個人の労働時間をしっかりと把握しておらず残念だ。病院は体質を改めてほしい」と話した。新潟市民病院は「コメントは控える」としている。
     

    引用元: ・【労働】女性研修医自殺で労災申請 残業最長月250時間、遺族「長時間労働が原因」 新潟・新潟市 [08/17]©2ch.net

     女性研修医自殺で労災申請 残業最長月250時間 新潟・新潟市 の続きを読む

    このページのトップヘ