メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    1:
    数十人の国際的に著名な研究者たちが関わるメタアナリシスにより、セロトニン遺伝子・ストレス・うつ病などの相互関係について調べた2003年の研究結果は的外れな内容であった可能性が示唆されています。
    科学者たちはこれまで長年にわたって、ストレスにさらされた人の脳内で「セロトニン」に関連する遺伝子がうつ病にどのような影響を及ぼすのかを研究してきました。


    「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる抗うつ薬が臨床的にうつ病患者の症状をかなりの割合で和らげることからも、多くの科学者たちが「セロトニンに影響を及ぼす遺伝子の違いがうつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」と考えていました。


    実際、「2003年に公開された著名な研究論文」では、遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時にうつ病を発症する可能性がより高い、と記しています。この2003年の研究以降の十数年の間に多くの科学者たちがセロトニン・遺伝子・ストレスについての研究を行ってきたことから、ワシントン大学医学部の研究者たちは過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。


    「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで、実際、オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。間違いを指摘される形となった2003年に公開された論文は、これまでに4000回以上にわたって同分野の研究論文上で引用されており、同研究論文を引用した「セロトニン遺伝子」「ストレスのかかる生活習慣」「うつ病リスクとの関連性」といったテーマの論文は100件以上発表されています。


    今回のメタアナリシスの結果をまとめた論文はJournal of Molecular Psychiatry上で公開されています。
    研究グループを率いたのは医学と生物統計学の助教授であるロバート・C・カルバーハウス氏で、「我々の目標は、セロトニン遺伝子とうつ病に関するデータをすべて集め、内容を見直すことでした」「我々はすべてのデータで同じ統計分析を行って結果を組み合わせたあと、セロトニン遺伝子はうつ病が引き起こすストレス変化に影響を及ぼさないことを確認しました」としています。


    これまで、同分野の研究では遺伝子変異を持つ患者はストレスを受けるとうつ病を発症する可能性が高いと言われてきました。メタアナリシスに携わった医学博士のラウラ・ジーン・ビェルト氏は「セロトニン遺伝子の変異により『ストレスを受けたときにうつ病に陥りやすくなる』という考えは、これまでとても合理的な仮説であった」と語っています。


    ただし、今回の研究結果は、これまで考えられてきたような「特定の遺伝子がうつ病と関連している」ということを否定していますが、「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」はメタアナリシスの結果からも明らかだそうです。なお、カルバーハウス氏とビェルト氏は、特定のセロトニン遺伝子がうつ病の潜在的危険因子から除外されたことで、研究者はうつ病発症に影響を与える可能性のある他の遺伝子や環境に焦点を当てることができるようになると述べています。


    http://gigazine.net/news/20170417-genetic-link-stress-depression/

    ★1:2017/04/18(火) 00:48:50.00
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492444130/

    引用元: ・【医学】セロトニンとうつ病との関係を調べた研究結果が的外れであった可能性★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     セロトニンとうつ病との関係を調べた研究結果が的外れであった可能性 の続きを読む

    1:
    炭酸飲料を含む砂糖入りの飲料を日常的に飲むことの危険性については、科学的にはっきりしている。虫歯、肥満、糖尿病や心臓発作、脳卒中のリスクを高める。その他にも発症する可能性のある病気は枚挙にいとまがない。ダイエットの炭酸飲料についての科学的知見は、そこまで確かでない。コーラからダイエットコーラに切り替えれば、砂糖の消費量は減らせるが、他の問題を引き起こすかもしれない。人工甘味料は、必ずしも原因だとはされていないものの、体重増や糖尿病、心臓病との関連が指摘されている。


      20日に同じ研究者グループが発表した2つの研究結果は、ダイエットにせよ通常のタイプにせよ炭酸飲料を飲む人に、その習慣を完全にやめさせるよう促す全く新しい理由を提示した。一つは医学誌「ストローク」に掲載された論文で、人工甘味料の入った飲料摂取と脳卒中やアルツハイマー病を含む認知症のリスク増加との間に関係があることが分かったとしている。もう一つは「アルツハイマー・アンド・ディメンシャ」に載った研究報告で、砂糖入り飲料の消費増とアルツハイマー病発症前のパターンとの関連を指摘している。


      研究は米ボストン大学医学大学院の研究者らが、数十年にわたる観察データを蓄積している「フラミンガム心臓研究」のデータ分析などを通して行った。フラミンガム心臓研究は1948年に5000人超のボランティア参加者に対する観察・研究からスタートし、71年からはその子どもたちを含め、2002年からは孫たちも含めるといった世代をまたぐ研究で知られる。


      アルツハイマー協会科学イニシアチブのディレクター、ディーン・ハートリー氏は、相関関係は必ずしも因果関係を意味するものではないと指摘。その上で、今回の研究は今後のさらなる研究のための重要な出発点となったと評価した。同氏は炭酸飲料についてはダイエットも通常のタイプも共に避けるのが最も安全だとし、「両方共に悪いと思う。普通の水が常に良い」と話した。

    ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-21/OOQRJD6KLVR401

    引用元: ・【医療】炭酸飲料の飲み過ぎ、アルツハイマー病と関連か-米国で最新研究©2ch.net

     炭酸飲料の飲み過ぎ、アルツハイマー病と関連か - 米国で最新研究 の続きを読む

    1:
    岡大が犬の歯の再生に成功

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025513541.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    岡山大学などの研究グループが、犬のあごの骨から歯の元になる細胞の塊を取り出し天然の歯とほぼ同じ構造を持つ歯を再生させることに成功したと発表しました。人の歯の再生につながる研究だとしています。


    岡山大学の窪木拓男教授や大島正充助教らの研究グループは、犬のあごの骨の中から歯胚と呼ばれる歯の元になる細胞の集合体を取り出して分解したあと、上皮細胞と間葉細胞という2つに分けて特殊な技術を使って元の歯胚の形に再生しました。


    研究グループがこの再生させた歯胚を同じ犬のあごの骨に戻したところ、およそ半年後に歯が生えてきたことを確認したということです。生えてきた歯は構造が天然の歯とほぼ同じで、内部には神経も作られているとみられるということです。研究グループでは、ひとつの歯胚から複数の歯胚を作ったりiPS細胞から歯胚を作り出したりできるようになれば人の歯の再生につながるとしています。


    研究グループの大島正充助教は、「歯の再生が成功したことで人への応用の可能性も高まった。大人の歯の再生ができるようにしていきたい」と話しています。

    04/13 12:26

    引用元: ・岡大が犬の歯の再生に成功 再生させた歯胚を同じ犬のあごの骨に戻したところ、およそ半年後に歯が生えてきました 人への応用の可能性も©2ch.net

     犬の歯の再生に成功 人への応用の可能性も - 岡山大学などの研究グループ の続きを読む

    1:
    人工甘味料を使ったダイエットソーダなどの清涼飲料水を飲んでいた人は、脳卒中や認知症を発症する確率が高いという調査結果が20日、米心臓協会の学会誌「ストローク」に掲載された。ただし因果関係は立証できておらず、業界団体は反発している。


    一方、糖分の多い飲料でも、人工甘味料を使わない清涼飲料水やフルーツジュースなどでは、脳卒中や認知症のリスクが増大する傾向はみられなかった。


    調査はボストン大学医学校の研究チームが米マサチューセッツ州フレミンガムに住む45歳以上の2888人と、60歳以上の1484人を対象に実施し、1991~2001年にかけて糖分の多い飲料水と人工甘味料入りの飲料水を摂取した量を調査。このデータと比較して、45歳以上のグループでは以後10年間の脳卒中の発症率を調べ、60歳以上のグループでは認知症の発症率を調べた。


    その結果、人口甘味料入りの清涼飲料水を1日1回の頻度で飲んでいた人は、そうでない人に比べて、虚血性脳梗塞を発症する確率がほぼ3倍に上ることが分かった。同様に、認知症と診断される確率もほぼ3倍に上っていた。人工甘味料入り飲料の摂取頻度が週に1~6回だった人の場合、虚血性脳梗塞の発症率は2.6倍だったものの、認知症については人工甘味料入り飲料を飲まなかった人と変わらなかった。


    この結果についてボストン大学の研究者は、「消費者が情報に基づいて選択できるよう、ダイエット飲料が健康に及ぼす影響についてはさらに研究を進める必要がある」と解説している。これに対し米飲料業界団体は、低カロリーの甘味料については世界各国の政府機関が安全性を保証していると強調する声明を発表した。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35100153.html

    引用元: ・【健康】ダイエット飲料、摂取で脳の健康リスク増大か・・・米研究 [無断転載禁止]©2ch.net

     ダイエット飲料、摂取で脳の健康リスク増大か・・・米研究 の続きを読む

    1:
    http://www.afpbb.com/articles/-/3125918?act=all

    【4月21日 AFP】イタリアの裁判所がこのほど、携帯電話の長時間にわたる使用が原因で良性の脳腫瘍ができたと訴えた男性労働者の主張を認め、社会保障当局に賠償するよう命じた。イタリア北部イブレア(Ivrea)裁判所の判決は11日に言い渡されたが、20日に初めて公になった。今後、不服申し立てが行われる可能性もある。


     訴えを起こしたのは、ロベルト・ロメオ(Roberto Romeo)さん(57)。裁判では、15年にわたり、仕事で日々3~4時間の携帯電話の使用を余儀なくされていたと話した。ロメオさんは、携帯電話を悪者扱いしたくないとしながらも、使い方にはもっと気を付ける必要があると話す。そして、「最初は、右耳が常に詰まったような感覚があった。2010年に腫瘍と診断されたが、幸いなことに良性だった。ただ、聴覚神経を切除する必要があり、今は何も聞こえなくなった」とこれまでの経過を説明した。


     専門家は、腫瘍とその治療により、ロメオさんの身体機能の23%に支障が生じたと算出。これを受けて裁判所は、損害賠償として月々500ユーロ(約5万9000円)を支払うよう国民労災保険協会「INAIL」に命じた。携帯電話による健康へのリスクの有無を調べた研究の大半は、一般的な使用であれば、人の健康を脅かす深刻なリスクはないと結論付けている。


     しかし、過度の使用で一定のリスクが生じる恐れがあるとする研究結果もあり、多くの専門家らは、この比較的新しいテクノロジーに対して適切な評価を下すのは時期尚早との見解を示している。(c)AFP

    2017/04/21 12:11(ローマ/イタリア)

    引用元: ・【健康】携帯電話の長時間使用で脳腫瘍に、原告の主張認める 伊裁判所 [無断転載禁止]©2ch.net

     携帯電話の長時間使用で脳腫瘍に、原告の主張認める - イタリアの裁判所 の続きを読む

    このページのトップヘ