メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    跳び箱

    1: 2016/08/09(火) 09:57:50.21 ID:CAP_USER9
    今、小学生を中心とした子供たちの運動不足が問題になっています。というのも、しゃがめないために和式トイレが使えなかったり、手すりにつかまらないと階段を上れない、跳び箱に手をついただけで骨折するなどの子供が増えてきているのだとか。

     こうした事例を聞くにつけ、昨今の子どもたちのあまりの脆弱ぶりがうかがえます。なぜ、このような事態が起きているのでしょうか?

     その原因の一つに考えられるのが、ネットやゲームの普及により動作のバリエーションが減ったことが指摘されています。運動部ではない限り、体を動かすのは通学時と体育の授業くらい。健康的で強い体を作るには、こうした日常動作に加えて、スポーツなどによるバラエティに富んだ人体の動きが求められます。

     また、文部科学省によれば、こうした子どもたちが増えた背景には大人たちにも原因があるといいます。それは、子供の外遊びやスポーツの重要性を、学力と比べて軽視するようになったこと。確かに周りを見渡せば、気軽に遊べる公園や広場などの遊ぶ場所が、年々減っているという現状もあります。

     このヤバい小学生たちを変えるには、まずは大人の意識改善が重要といえそうです。

    http://asajo.jp/excerpt/14710

    引用元: ・【体育】ウソ!?跳び箱に手をついただけで骨折する…いま小学生の身体がヤバい! [無断転載禁止]©2ch.net

     跳び箱に手をついただけで骨折する…今どきの小学生の身体がヤバい! の続きを読む

    またいとこ

    1: 2016/08/11(木) 12:08:57.24 ID:CAP_USER
    【プレスリリース】DNAで「またいとこ」がわかる-新しい血縁判定法の開発- - 日本の研究.com
    https://research-er.jp/articles/view/49250


    ポイント

    •これまでの DNA 鑑定法では判断がほとんどできなかった 2 人の間の血縁関係(おじと甥、祖父と孫、いとこ同士、またいとこ同士など)でも、高い精度で判定できるようになりました。
    •大規模災害などにおける身元確認の精度が非常に向上することが期待されます。


    概要

    医学研究科法医学講座の玉木敬二教授、森本千恵大学院生らのグループは、口腔内細胞の DNA を用いて、これまでの方法では親子・兄弟までしか判定できなかった 2 人の間の血縁関係をまたいとこ(いとこの子ども同士)まで他人と区別できる DNA 鑑定法を開発しました。本研究により、大規模災害などにおける身元確認の精度が非常に向上することが期待されます。本研究成果は、2016 年 7 月 29 日に米国科学誌 PLOS ONE に掲載されました。


    (以下略)

    引用元: ・【統計遺伝学】DNAで「またいとこ」がわかる 新しい血縁判定法の開発 [無断転載禁止]©2ch.net

     新血縁判定法で遠い血縁も判定可能!意外にもこれまでのDNA鑑定では親子、兄弟しか分からなかった。 の続きを読む

    くも膜下出血

    1: 2016/08/09(火) 16:49:04.49 ID:nPuc+aET0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    昨夏、夫をくも膜下出血で亡くした宮本敏子氏(60・仮名)は、今も亡夫の最期の表情が脳裏に焼き付いているという。救急救命士で帝京平成大学健康メディカル学部の鈴木哲司・准教授が解説する。

    「くも膜下出血は強烈な痛みを伴います。金属バットで後頭部を思いきり殴られたような痛みと表現する人もいるほどです。誰かに殴られたのかと思って背後を睨みつけた、というのも決して大げさではないでしょう。痛みに加えて吐き気や寒気も襲い、意識を失うまでその痛みはずっと続きます」

    年間11万人以上が命を落とす脳血管疾患(脳梗塞や脳出血など)の約1割を占めるのが、くも膜下出血だ。原因の9割は脳動脈瘤の破裂によるもので、発症すると約3分の1の人が亡くなると言われる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160809-00000019-pseven-life

    くも膜下出血の痛みは強烈
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160809-00000019-pseven-000-1-view.jpg

    引用元: ・この世で一番痛い死に方 くも膜下出血は意識なくなるまで激痛続く [無断転載禁止]©2ch.net

     くも膜下出血は突然の激痛と吐き気。激痛は意識がなくなるまで続く? の続きを読む

    大動脈瘤

    1: 2016/08/09(火) 12:12:28.72 ID:CAP_USER
    【プレスリリース】腹部大動脈瘤の破裂機構を解明 農学部応用生命化学科 准教授 財満信宏らの研究チーム 血管壁内の脂肪細胞が原因 予防薬・機能性食品開発に期待 - 日本の研究.com
    https://research-er.jp/articles/view/49168


    近畿大学農学部(奈良県奈良市)応用生命化学科応用細胞生物学研究室(教授:森山達哉)の准教授 財満信宏(ざいまのぶひろ)と同研究室の大学院生 久後裕菜(くごひろな)らは、司馬遼太郎やアインシュタインの死因となった腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)が破裂する原因を明らかにしました。本件に関する論文が、ネイチャー・パブリッシング・グループが発刊する電子ジャーナル「Scientific Reports」にて、平成28年(2016年)8月8日(月)18:00(日本時間)に掲載されます。

    ※本研究は、浜松医科大学の海野直樹 准教授、田中宏樹 助教、日本水産株式会社との共同研究の成果です。


    【本件のポイント】

    •血管壁に脂肪細胞が異常出現することにより腹部大動脈瘤破裂のリスクが増加

    •EPA(エイコサペンタエン酸)高含有魚油の投与により、血管壁の脂肪細胞の数と肥大化が抑制され、腹部大動脈瘤破裂のリスクが低下することを発見

    •未だに開発されていない瘤の破裂を予防する薬や機能性食品などの開発が期待される


    【本件の概要】

    腹部大動脈瘤は、腹部大動脈が進行的に拡張することを主病変とする疾患です。拡張した大動脈は瘤状となりますが、自覚症状がほとんど無いため、病院などで偶然発見されることが多くあります。破裂すると致命的となるため、一定の大きさに達した大動脈瘤は手術が必要となります。

    本研究により、これまで不明だった脂肪細胞と腹部大動脈瘤破裂の関係について、腹部大動脈の血管壁内に異常出現する脂肪細胞が破裂の大きな原因であることを発見しました。EPA高含有魚油の投与により、血管壁の脂肪細胞の出現や肥大化が抑制され、腹部大動脈瘤の破裂のリスクが低下することも明らかになりました。本研究は、腹部大動脈瘤の破裂に脂肪細胞が関与していることを実験的に示した初めての例です。

    この研究成果は、腹部大動脈瘤の破裂を予防するための重要な標的細胞を発見したものでもあり、未だに開発されていない腹部大動脈瘤の破裂を予防する薬剤や機能性食品などの開発につながると期待されます。


    (以下略)

    引用元: ・【医学】腹部大動脈瘤の破裂機構を解明 血管壁内の脂肪細胞が原因 予防薬・機能性食品開発に期待 [無断転載禁止]©2ch.net

     腹部大動脈瘤の破裂機構を解明!予防薬・機能性食品開発に期待 の続きを読む

    このページのトップヘ