メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    1:
    東京大発のベンチャー企業「エルピクセル」(東京都)が、脳卒中の原因となる脳の血管のコブ(脳動脈瘤(りゅう) )を、磁気共鳴画像装置(MRI)などの画像から見つける人工知能(AI)を開発した。先端技術の「ディープ・ラーニング(深層学習)」で発見率を9割超に高めたという。


    同社は年内にも、病気の診断に深層学習を活用した国内初の医療用ソフトとして国に申請し、事業化を目指す。新開発の画像診断支援AIは、数秒間でコブの可能性が高い部分を判定し、コンピューター画面に赤く表示する。機械が自動的に画像などの特徴をつかむ深層学習の手法を応用し、放射線科専門医の診断の特徴を学ばせた。国内約10施設の医療機関の協力を得て試験運用し、発見精度は90%以上と実用レベルに達しているという。


    日本脳ドック学会などによると、脳動脈瘤は30歳以上の3%強に見られ、年間約1万2000人が破裂による出血で死亡。後遺症が残る患者も多く、破裂の危険性が高くなる直径5~7ミリ以上のコブを脳ドックなどで見つけて治療する必要がある。通常は、放射線科医がMRIなどの画像から、脳動脈瘤と血管表面にもとからある凹凸などと区別して診断する。


    だが、人手がかかり、診断件数には限界があった。青木茂樹・日本医学放射線学会副理事長(順天堂大教授)の話「人手不足の現場の助けになる技術だ。ただ、医学的に問題とならない脳動脈瘤もある。最終的な診断は医師に委ねるべきだ」


    深層学習
    脳の神経回路をモデルにしたAI技術。画像や音声、文章の認識精度を飛躍的に向上させ、スマートフォンの音声検索や、車の自動運転、囲碁のAIなどに幅広く活用されている。


    読売新聞(ヨミドクター) 4/24(月) 16:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010002-yomidr-sctch
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010002-yomidr-sctch.view-000

    引用元: ・【医療技術】脳卒中の原因となる脳動脈瘤、AIが「確率9割超」で発見 [無断転載禁止]©2ch.net

     脳卒中の原因となる脳動脈瘤、AIが「確率9割超」で発見 - 東大のベンチャー企業「エルピクセル」 の続きを読む

    1:
    日本臓器移植ネットワークは22日、埼玉医大総合医療センターに入院していた6歳以上10歳未満の男児が、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。15歳未満の脳死判定は13例目。

    移植ネットによると、男児は頭部外傷により21日夜に脳死判定を受けた家族が臓器提供に同意し、22日夕に摘出手術が行われる。 

    男児の肺は福岡大病院で50代女性、もう片方の肺は東大付属病院で50代女性、肝臓は国立成育医療研究センター(東京)で10歳未満の女児、腎臓の一つと膵臓(すいぞう)は藤田保健衛生大病院(愛知)で30代女性、もう片方の腎臓は防衛医大病院(埼玉)で60代男性に移植される予定。小腸は医学的理由で移植を断念した。

    以下ソース:時事通信 2017/04/22-12:24
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042200349&g=soc

    引用元: ・【医療】10歳未満男児の臓器提供へ=15歳未満の脳死13例目©2ch.net

     埼玉医大総合医療センターに入院していた6歳以上10歳未満の男児の臓器提供へ=15歳未満の脳死13例目 の続きを読む

    1:
    ▽2008年の北京五輪以降、全ての開催地で罰則のある受動喫煙防止策
    ▽全面禁煙の厚労省案なら経済への悪影響は8400億円-富士経済

    「法規制がない状態で五輪のお客さまをお迎えするのは恥ずかしい」。法案をとりまとめる自民党厚生労働部会の渡嘉敷奈緒美部会長は、議論が進まないことへの「もどかしさ」を語った。東京五輪を前に受動喫煙防止への機運が盛り上がっている今を逃すと「あらためて調整をしてまで法案提出しようという動きにはならない」という。


    争点になっているのは、公共の場を原則禁煙にするか分煙にするかという問題だ。厚生労働省は他の五輪開催国と同水準の対策が必要として、公共の建物内は全面禁煙、飲食店は原則禁煙だが小規模なバーやスナックは例外とする対策強化案を公表。自民党は飲食店経営への影響を理由に店側が「禁煙・喫煙・分煙」を選び表示を義務づける対案を提案したが、両者の溝は埋まっていない。


    塩崎恭久厚労相は、法案提出の前提となる厚労部会を開くよう党に要請するなど調整を進めているが、25日現在、健康増進法改正を議論するための部会開催予定はない。11日の記者会見では、世界保健機関(WHO)からは公共の場での喫煙の完全禁止を全国レベルで実施するよう強い要請を受けたと明かした上で、「健康増進法の今国会提出に向けて大車輪で作業していければ」と語っている

    以下省略。続きはリンク先をご覧ください。
    Bloomberg(2017年4月25日 09:23 JST)
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-25/OOJRV66S972801

    引用元: ・【煙草】「たばこのない五輪」に黄信号-全面禁煙なしに2020年迎える可能性も©2ch.net

     「たばこのない五輪」の実現に黄信号 - 骨抜きの受動喫煙防止策 の続きを読む

    1:
    高額なC型肝炎治療薬の偽造品が流通していた問題で、和歌山県内の医療機関にも偽物が納入されていたことがわかった。C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品は、2017年に入り、奈良県内の薬局などで見つかっていたが、厚生労働省などによると、その後の調査で、偽物2本が、和歌山県内の医療機関に納入されていたことが新たにわかったという。

    *+*+ FNN +*+*
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00356256.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【社会】C型肝炎治療薬ハーボニーの偽造品、和歌山県内の医療機関にも偽物が納入されていた [無断転載禁止]©2ch.net

     C型肝炎治療薬ハーボニーの偽造品、和歌山県内の医療機関にも偽物が納入 の続きを読む

    1:
    イヌを飼っていた人がネコを飼い始めると驚くことがあるそうだ。ネコ好きには先刻承知だが、ネコが飼い主とおしゃべりをする。それがネコの飼い主のいやしになっているばかりか健康効果があることがわかってきた。また、ネコのおしゃべりの中に、「ネコは生涯に一度、人間の言葉をしゃべる」という都市伝説がある。その真偽も含め、ネコの謎に迫る。



    ■「I Love You」と叫びながら鼻にキスするネコ

    女性向けのサイト「発言小町」(2017年4月8日付)に「ネコがしゃべります」という次のような投稿が載った(要約抜粋)。

    「飼い始めて半年になるオスネコがいます。最近急におしゃべりになりました。以前は一方的に私が話しかけていました。目は合うが、瞬きで返事を返す程度でしたが、最近、『にゃ~』『にゃ、にゃ~』と相づち? 意見? アドバイス? を返します。話し相手になりました。今までイヌしか飼った経験がないので、ネコがこんなにもおしゃべりだなんて知りませんでした」



    この投稿には、ネコを飼っている人から共感の投稿が相次いだ。

    「2歳の時、家に来たのですが、前の飼い主がしょっちゅうキスしていたのか、うちのネコは『I Love You』と叫びながら、自分の濡れた鼻先を私の鼻にチュッと押し付けてきます。可愛い愛情表現豊かな猫だなと思いながら頬と頬でさすってハグしています」

    「うちもおしゃべりしますよ~。電話している時、インターホンで応対している時など特にそうです。自分も会話に入り、『ウニャニャ』『ニャーォン』『ニャニャッ』と嬉しそうに話していますよ」



    実は、J-CASTヘルスケアの記者の家にも、チーコというよくしゃべるメスネコがいる。チーコは家で働いている息子が大好きで、「恋人」のつもりのようだ。息子がパソコンに向かって仕事をする横で、「ニャニャ」「ニャ~ン、ニャ~ン」「ニャオン!」と、放っておくと1時間もしゃべりっぱなし。仕事の邪魔なので相手にしないと、「なんで私の相手をしてくれないの」とばかりに、机の上の小物をネコパンチで床に落とす。


    記者が庭仕事や洗車などに精を出していると、様子を見に来て「ニャ~ニャ~」としゃべる。「お父さん、ごくろうさま」と言っているのか、それとも「サボっていると、お母さんに言いつけちゃうから」と言っているのか。どうも後者に聞こえるが。



    ■ネコはうつ患者の気持ちを読み取って寄り添う

    こうしたネコとの「対話」にはリラックス効果があるという研究がある。ネコは思っている以上に人間の気持ちを読んでいるからだ。

    スイス・チューリッヒ大学動物行動学研究所のデニス・ターナー博士は、うつ症状の患者に試してみた。動物心理学誌「Animal Psychology」(電子版)の2015年4月27日号に発表された論文によると、博士らの研究チームは、うつ症状のある患者96人(男性49人・女性47人)の自宅を、ネコを連れて訪問した。もちろん、ネコが大嫌いな人は除外した。


    そして、1~2時間ネコと一緒に過ごしてもらった。ネコを連れて行く前とネコと過ごした後の数日後、うつ症状を調べるテストを行ない、比較した。このテストは、「非常に明るい気分」から「非常に暗い気分」まで14段階で評価するもの。その結果、大半の人のうつ症状がネコと会った数日後に改善していた。中には、連れて行ったネコを「飼わせてほしい」と懇願する人もいた。


    一部の患者たちがネコと交流する様子を研究者も同席して観察した。ターナー博士によると、ネコたちは患者の心理状態をよく読み取り、その患者のうつ症状のスコア(度合い)に合った行動をしていた。極度に落ち込んでいる人に対しては大人しく寄り添うだけ、比較的明るい状態の人には、脇腹をこすってスリスリするなど。博士は「このネコたちの中立的な態度が、魅力的なペースメーカーとなり、患者の心にいい影響を与えたと思います」と語っている。

    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html
    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html?p=2
    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html?p=3
    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html?p=4

    ※続きます

    引用元: ・【医療】ネコと会話せよ!猫とのおしゃべりに健康効果あり うつの患者も明るく改善 [無断転載禁止]©2ch.net

     猫とのおしゃべりに癒し効果あり  うつの患者も明るく改善?! の続きを読む

    このページのトップヘ