メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    1:
    太っていても医学的に健康でいられるという発想は都市伝説――。
    英バーミンガム大学の研究チームによるこうした報告が、ポルトガルで開かれている欧州肥満学会議で発表された。まだ中途段階にある研究内容は論文掲載されていないが、肥満していても心臓疾患や糖尿病や高コレステロールの症状が出ていなければ後年の健康に悪影響はないという従来の説を覆す結果が得られたという。


    「太ってても健康」説は、血圧や血糖値などの代謝性に関する数値が正常値の範囲ならば、仮に体重が正常値を超えていても大丈夫だという、魅惑的なものだった。バーミンガム大の研究者たちが、1995年から2015年にかけて、英国の350万人の一般診療記録を調べて、実際はどうなのか検証した。


    調査期間の当初に肥満(体格指数=BMI30以上)しているものの、心臓疾患や高血圧、高コレステロール、糖尿病の症状が出ていない人を追跡調査した。その結果、肥満しつつ「代謝的には健康」な人たちは、正常な体重の人たちよりも、後になって心臓疾患や脳卒中、心不全などになるリスクが高いことが分かったという。



    ■「太ってても健康」は本当にでまかせなのか

    英心臓病基金のマイク・ナプトン医師は、「これほど大規模な研究が、古くから伝わる都市伝説を解明するのは、めったにないことだ」と評価する。「研究結果は、非常に真剣に受け止めるべきだ。医療関係者には留意してもらいたい」 「これまでは、肥満によって血圧やコレステロール値が上昇するから、心臓発作につながるのだと考えられていた。しかし今回、肥満という以外はまったく健康だったかもしれない人も、心臓疾患にかかるリスクが高いと判明したのが、私には新しい発見だった。太り過ぎと言うだけで、心臓発作や脳卒中の危険が高まるのだ」


    ただし今回の発表は論文が専門誌にまだ掲載されていないため、他の複数研究者による検証が行われていない。このため、結論の精度や、どれくらい健康問題のリスクが高まるのかなど、把握しにくい。



    ■ではどうするべきか

    英心臓病基金によると、心臓の健康を維持するための通常のアドバイスがここでも有効だという。つまり、たばこは吸わず、バランスのとれた食事をし、日常的に運動をしてアルコール摂取量を抑えるというものだ。これを続ければ、人は健康でいられるという。


    「ただし、個人のせいにするのではない」とナプトン医師は補足する。「これは制度を作る人たち、地方自治体の議員や食品業界の関係者や政府に対する警鐘だ。健康になるための手立てを誰もが簡単に選べるような仕組みを、こうした人たちに確実に作ってもらいたい。 」


    バーミンガム大学のリシ・カレヤケティー医師はさらに、「代謝異常の有無にかかわらず、医療従事者は率先して肥満している人たちに減量を勧め、支援すべきだ。人口全体でみると、いわゆる代謝的に健康な肥満というのは、無害な状態ではない」と指摘した。



    ■誰もが同意するのか

    その一方で、太っていても、持って生まれた遺伝子などによっては健康でいられると結論する研究もある。たとえば2012年に発表された研究論文は、代謝性疾患がなければ太っていても健康でいるのは可能だと示唆している。欧州心臓疾患ジャーナルに掲載された米サウスカロライナ大学によるこの論文では、肥満していても身体的に健康な人は、体重が正常な人に比べて、心臓病やがんにかかるリスクが特に高いわけではないと書いている。



    ■健康と肥満――計測しにくい? 

    しかし他の専門家たちは、肥満と健康のレベルを科学者が計測する方法によって結果が左右されるだけに、この分野の研究は厄介だと指摘する。英キングス・コレッジ・ロンドンで栄養学が専門のトム・サンダース名誉教授は、バーミンガム大の研究について、データの区切り方が大きな弱点だと言う。たとえば高血圧や高コレステロール状態にあるかどうかを絶対値で定義しているが、人が健康かどうかをそのような絶対値で線引きするのは不正確だし、それほど単純な話ではないと教授は指摘する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-39945161-bbc-int

    ※続きます

    引用元: ・【医学】「太ってても健康」は都市伝説 心臓疾患や脳卒中のリスクが高くなることが英研究で判明 [無断転載禁止]©2ch.net

     「太ってても健康」は都市伝説 心臓疾患や脳卒中のリスクが高くなることが英研究で判明 の続きを読む

    1:
    http://www.news24.jp/articles/2017/03/07/06355884.html

     健康志向が強まる中、糖質を抑えた食品の人気が高まっている。その波は、外食産業でも広がり、お馴染みのる「糖質オフ」定番メニューでも糖質オフの新商品が続々と登場している。顧客取り込みに向けた各社の動きを取材した。


    ■都内にあるイタリアンレストラン「ファロ資生堂」が、11日から提供するイタリアンのコース料理。実はこのメニューにはある工夫がある。 たとえばニョッキには、じゃがいもの代わりに大豆を使うことで、糖質が抑えられるという。気になるのは、その味だが―
    記者「ニョッキだ」「マッシュポテトのようなしっとりとした食感ですね」


    メニューづくりには医師が監修。それにより、このコース料理の糖質の量はごはん1杯分の糖質よりも半分ほどに抑えられたという。こうした糖質オフの食品などの市場は年々拡大傾向に。去年の見込みは3400億円を超え、5年前と比べると4割ほども拡大している。


    ■糖質に配慮したメニューを出すお店は他にもある。 都内にある長崎ちゃんぽんのチェーン店。2015年から出している糖質を抑えたメニューには麺(めん)抜きのものがある。これにより、糖質が60%カットされるという。 都内にあるパスタ店「ジョリーパスタ扇店」で、今月から発売しているというのが現行の麺に比べて25%糖質を抑えたパスタだ。また、7日から牛丼チェーンの大手・松屋が始めたメニューが、牛焼肉定食のご飯が湯豆腐になったものだ(プラス50円)。 店側によると糖質が94パーセント抑えられるという。


    ■なぜ今、外食産業で糖質を抑えたメニューが増えているのだろうか。専門家は―
    「外食業界では今、人手不足により、人件費が上昇傾向にある。円安によって原材料価格の上昇も中長期的に見込まれる。そういった中で単純に値上げすることは難しいですが、『糖質オフです』とみなさんにアピールすることで選択肢を与えてより高い単価のメニューを選んで頂くことが可能」(野村証券・皆川さん) 外食産業でも導入が広がる糖質オフメニュー。健康志向の消費者を取り込む動きは今後も続きそうだ。

    引用元: ・【健康】ご飯の代わりに湯豆腐…外食でも導入広がる「糖質オフ」 [無断転載禁止]©2ch.net

     ご飯の代わりに湯豆腐…外食でも導入広がる「糖質オフ」 の続きを読む

    1:
    乳がん検診 超音波使う新技術を開発 日立
    日本放送協会:2017年5月24日 14時11分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010993371000.html

    超音波を使う乳がんの検診で、検査をする人の技量に左右されずに高い精度で腫瘍を発見できる新しい技術を日立製作所が開発しました。日立が開発したのは、乳がんの検診のうち超音波を使う方式の新しい技術です。新しい技術では、受診者はうつ伏せになって水を満たした検査容器に乳房を入れるだけで検査を受けられます。


    従来の検診では、1つの方向から超音波を照射するため、腫瘍などの発見は検査をする人の技量に左右されていましたが、新しい技術はリング状の装置が超音波を360度から照射するため、検出の精度が大きく高まったということです。また、腫瘍の様子もより詳細に把握できることから、良性か悪性かの判定の精度も高まるとしています。


    日立では北海道大学病院と共同研究を進め、3年後の2020年をめどに実用化を目指すということです。開発に当たっている日立製作所基礎研究センタの川畑健一さんは「現状の検診よりも簡単に測れるうえ精度がよく、誰がやっても同じ結果が出る検査を目指して開発した」と話しています。



    ▼関連スレ
    【社会】日立がメインフレームのハード製造を中止、AP8800Eの後継はIBM機ベース
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495551374/

    引用元: ・【医療/企業】高い精度の乳がん検診 超音波使う新技術を日立製作所が開発 ©2ch.net

     検査する人の技量に左右されない精度の高い乳がん検査機器を日立製作所が開発。  の続きを読む

    1:
    ITmedia NEWS 5/22(月) 16:04配信
    ヘルスケア大学
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000052-zdn_n-sci


     医師による監修をうたう医療・健康情報サイト「ヘルスケア大学」の記事に、間違いが多数含まれていると医師などが指摘している。運営元のリッチメディアはは5月22日、「指摘を受けた記事は社内で確認がとれ次第、修正する」「指摘受けていない記事についても再度、自社の企業努力として精査する」と発表した。


    →【指摘された「間違い」の例】


     ヘルスケア大学は、記事を医師が監修しているとうたう健康情報サイトで、5000人以上のドクターが参画しているという。病名などでGoogle検索すると上位にヒットすることが多く、ディー・エヌ・エー(DeNA)の医療サイト「WELQ」が閉鎖されて以降、注目が高まっている。運営元のリッチメディアは、ヘルスケア大学に加え、スキンケアに関する記事を掲載する「スキンケア大学」「メンズスキンケア大学」などを運営している。


     ヘルスケア大学をめぐっては、以前監修を手伝っていたという医師の桑満おさむさんが、「内容に間違いや不正確な点がある」と、具体的な記事をあげてたびたび指摘。5月20日付けのブログでは、膀胱炎に関する記事の誤りを多数指摘した。また、リッチメディアの社長や社員とも数回にわたって面談し、「間違った情報は健康被害の原因になる。いったん閉鎖すべき」と提言したが「走りながら、精査して訂正する」との回答だったとしている。


     リッチメディアは5月7日、「指摘を受けた記事は非公開にした上で修正し、医師の監修などを経た上で再公開する」と発表。複数の医師による監修の導入や、記事の改訂履歴を表示する仕組みを導入することも発表した。


     22日にも声明を発表。「指摘を受けた記事は社内で確認がとれ次第、修正する」「指摘を受けていないものについても再度、自社の企業努力として精査する」とし、「様々な情報から誤解を招くような状況を改善」するよう努力するとしている。


    最終更新:5/22(月) 16:04 ITmedia NEWS

    引用元: ・【医療・健康情報サイト】 「ヘルスケア大学」記事に「間違い多数」と指摘 運営元「精査する」[05/22] [無断転載禁止]©2ch.net

     リッチメディアの運営する 「ヘルスケア大学」の記事に「間違い多数」と指摘あり の続きを読む

    1:
     高齢者に多い帯状疱疹ほうしんの患者が2015年以降、兵庫県内で増えていることがわかった。専門家は全国的な増加を懸念している。同県皮膚科医会が、1987年から県内30弱の定点医療機関で調査を実施。担当する医師によると、2015年の患者は1定点1か月あたり12・56人だった。前年比1・41人増で、過去最大の伸び。16年も12・30人と多かった。


     一方、同じウイルスが原因で、子供に多い水ぼうそうは、14年10月に乳幼児への定期予防接種が始まって以降、患者が減少していた。水ぼうそうが減ると、帯状疱疹が増える傾向については、国立感染症研究所が厚生労働省の審議会小委員会に提出した資料でも指摘されている。感染症には、免疫を持つ人がウイルスにさらされ、さらに免疫が強くなる「追加免疫効果」がある。


    (ここまで350文字 / 残り170文字)
    続きは会員登録が必要になります。
    2017年05月22日 15時43分読売新聞
    http://yomiuri.co.jp/science/20170522-OYT1T50050.html

    引用元: ・【医療】水ぼうそう減ったせい?…帯状疱疹、兵庫で急増 [無断転載禁止]©2ch.net

     水ぼうそうが減ると帯状疱疹が増える?! なぜか兵庫県で帯状疱疹が急増中 の続きを読む

    このページのトップヘ