メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    網膜細胞

    1:
    他人の細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)で網膜の細胞を作製し、「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑(おうはん)変性」という目の病気の患者に移植する手術を理化学研究所などのチームが28日、世界で初めて実施した。手術は無事終了し、iPS細胞による再生医療の普及に向け大きく前進した。


     チームによると、患者は兵庫県在住の60代の男性。同日午後、神戸市立医療センター中央市民病院で手術を行った。京都大iPS細胞研究所が備蓄している健常者のiPS細胞を使い、理研が網膜細胞を作製。免疫のタイプが患者と同じで、拒絶反応が起きにくいことを確認して患部に移植した。


     加齢黄斑変性は網膜の中心にある黄斑という場所の機能が加齢に伴い損なわれ、視力が低下する病気。移植後の拒絶反応や症状改善の有無などを1年間観察し、3年間の追跡調査で安全性と有効性を確認する。


     理研などは平成26年、患者自身の細胞から作ったiPS細胞で網膜細胞を作製し、移植する世界初の手術を実施。患者は視力低下が止まるなど術後約2年たっても経過は順調だ。だが移植までの準備に11カ月かかり、費用も1億円と高額なことが課題だった。他人の細胞を使うと期間は約10分の1、費用も5分の1以下で済むとしていた。


     移植手術では、網膜細胞を溶液に浮遊させて患部に注射する方法を採用した。網膜の一部を切除し、細胞をシート状に加工して埋め込んだ前回と比べ、患者の負担や感染症の恐れが少ないという。


    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170328/lif1703280037-n1.html

    引用元: ・【医療】他人のiPS細胞で網膜移植 理研、世界初の手術実施、無事終了 [無断転載禁止]©2ch.net

     世界初! 他人のiPS細胞の移植手術実施、無事終了。 再生医療の普及に向け大きく前進-理化学研究所など の続きを読む

    1:
    ほどほどの炎症が大切―組織の再生と炎症の意外な関係を解明―
    2017.02.28


    要点

    ・魚類はさまざまな組織を再生できる驚異的な能力を持つ
    ・マクロファージを欠損するゼブラフィッシュ変異体はインターロイキン1βの亢進と過度の炎症によって、再生細胞が細胞死を起こす
    ・過剰な炎症が細胞死を起こす一方、炎症そのものも組織再生の開始に必要
    ・組織の炎症応答は「諸刃の剣」として、組織再生を制御している

    概要

    炎症[用語1]は、あまりありがたくないものと考えられてきたが、炎症と組織再生の意外な関係が明らかになった。
    東京工業大学生命理工学院の川上厚志准教授らの研究グループは、ゼブラフィッシュを用いた解析により、組織再生が起こるにはちょうど良いレベルの炎症が重要であることを明らかにした。

    川上准教授らは以前の研究で、マクロファージ[用語2]などの免疫細胞を欠くゼブラフィッシュ変異体[用語3]は再生細胞が細胞死を起こして組織を再生できないことを発見した。
    今回、細胞死の誘導メカニズムを調べたところ、再生組織でのインターロイキン1β[用語4]の過剰な作用と炎症が原因であることが分かった。
    一方で、炎症応答をなくした場合にも正常に組織再生が起こらないことから、炎症そのものが組織再生に必須の役割があることも示された。

    ヒトの組織再生を活性化するーー

     全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:東京工業大学 東工大ニュース 2017.02.28
    http://www.titech.ac.jp/news/2017/037577.html

    引用元: ・【育毛速報】適度に刺激を与えると組織が再生することが判明 [無断転載禁止]©2ch.net

     【育毛速報】適度に刺激を与えると組織が再生することが判明 [無断転載禁止]©2ch.net  の続きを読む

    後天性免疫不全症候群

    1:
    2017.3.26 10:00
    (1/4ページ)
    エイズとの闘い
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n1.html?view=pc

     かつて「死の病」だったエイズは日本人が開発した世界初の薬が1987年に発売され、治療の道が開かれた。多様な薬の併用で現在は命を落とすことはほとんどなくなり、感染者や死者は激減したが、完治というゴールへの道はまだ遠い。(伊藤壽一郎)



    日本人が開発

     ウイルスで感染するエイズは、体内に侵入した病原体を攻撃する免疫機構が破壊され、肺炎やがんを発症する。81年に米国で初めて患者が報告された。4年後には日本でも見つかり、有効な治療法がないまま世界中に感染が拡大し、死者は増え続けた。


     だが87年4月、米国立衛生研究所(NIH)の上級研究員だった満屋(みつや)裕明氏が開発した初の治療薬「AZT(アジドチミジン)」が登場し、状況は一変した。 エイズウイルスが酵素を使って増殖する仕組みを阻害する働きがあり、この原理に基づきこれまでに数十種類の治療薬が生まれた。満屋氏は「多様な新薬開発のきっかけを作れてよかった」と振り返る。


     適切な治療を受ければ現在の死亡率はほぼゼロで、感染者からパートナーへの2次感染も93%は防げる。国立国際医療研究センターの岡慎一エイズ治療・研究開発センター長は「きちんと診断し治療すれば、もはやエイズはたいした病気ではない」と話す。

    続きを読む
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260026-n4.html

    引用元: ・【クローズアップ科学】 エイズ治療薬発売から30年 「死の病」克服、多剤療法が奏功 [無断転載禁止]©2ch.net

     エイズ治療薬発売から30年 「死の病」克服、多剤療法が奏功 の続きを読む

    1:
    国民の健康増進を目的にトクホ(特定保健用食品)制度が始まったのは1991年のこと。現在では数多くの商品が発売され、すっかり身近な存在となっているトクホだが、そこには国とメーカーによる壮大な“消費詐欺”の実態があった。


    トクホ全体の3分の1を占め、様々な効能がうたわれるのが「難消化性デキストリン」(※以下、難デキ)である。「ペプシスペシャル」(サントリー食品インターナショナル)や「キリンメッツコーラ」(キリンビバレッジ)、「食事と一緒に十六茶W(ダブル)」(アサヒ飲料)、「からだすこやか茶W」(日本コカ・コーラ)といった商品で、この“魔法の成分”が使われている。


    各社は「脂肪」への効果をアピールするが、「難デキには脂肪の吸収を抑制する効果はない」

    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170322/DailyShincho_519234.html
    no title

    引用元: ・「キリンメッツコーラ」に脂肪抑制効果ナシ 消費詐欺「トクホ」の大嘘 [無断転載禁止]©2ch.net

     「キリンメッツコーラ」に脂肪抑制効果ナシ?! 難消化性デキストリンの効果とは の続きを読む

    精子バンク

    1:
    自称「精子バンク」、60サイト以上 性交渉も選択肢
    精子提供の流れ
    no title

    朝日 2017年3月26日05時03分
    http://www.asahi.com/articles/ASK3T778DK3TPLBJ00G.html

     他人の精子を使った人工授精を手がける医療機関が減る一方、ネット上には「精子バンク」などと称して精子の提供を掲げるサイトが、活動休止中も含めて60以上存在する。多くは「無償」や「ボランティア」とし、個人で運営している。精液を入れた市販の注射筒を渡して、女性が自分で注入する方法のみのサイトがある一方、性交渉を選択肢とするところもある。


     都内に住む20代後半の女性は「無償の精子バンク」を運営する男性の提供で、長女(1)を生んだ。胸に抱いた長女を見つめて「そっくりでしょ」と笑う。スマホには、長女によく似たまゆ毛の男性の写真が映っていた。「男性への恐怖心や嫌悪感」で結婚はしたくなかったが、子どもは欲しかった。医療施設ではAIDを受けられないため、ネットで提供者を探した。


     複数のサイト運営者と面会し、4人目の男性に「こちらの気持ちをくみとってくれている」と感じた。1年近くにわたり月1、2回、注射筒をもらって、自分で人工授精を十数回繰り返した。うまくいかず、妊娠の確率を上げようと性交渉した結果、妊娠したという。「後悔は何もない。この子の質問には答えていきたい」と話す。


     提供した男性は関東地方の40…

    有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

    残り:521文字/全文:1008文字



    精子提供で人工授精、施設減少 ネットでは個人やりとり
    朝日 2017年3月26日05時01分
    http://www.asahi.com/articles/ASK3T5TZHK3TPLBJ008.html

     夫が不妊症の夫婦を対象に、他人の精子を使った人工授精(AID)に取り組む医療施設が、この14年で26カ所から7カ所に減ったことが朝日新聞の取材でわかった。一方、ネットを介して、個人が精子を提供する動きが出ている。規制もなく、トラブルや子どもへの影響を懸念する声もある。


     AIDは、提供精子を器具を使って人工授精する。国内では1940年代から始まったとされる。日本産科婦人科学会(日産婦)が97年に営利目的の精子提供を禁じて、対象を婚姻した夫婦に限るルールをつくり、実施施設を登録制にした。登録施設は、2003年に26カ所あったが、16年には14カ所に減少。朝日新聞の取材では、このうち現在も実施している施設は7カ所だけだった。


     減少の背景には、子どもに精子提供者の情報を知らせる「出自を知る権利」が世界的に認められつつあり、将来のトラブルを心配して提供者が減っていることなどがある。感染症検査で一時凍結した精子を使うため、妊娠率が数%という低さも敬遠される一因だ。12年に中止した施設は「出自を知る権利が認められたら対応できない」と説明。実施中の複数の施設も「提供者が集まりにくい」と回答した。


     施設が減る中、国内でAIDを最も多く手がけている慶応大学病院は、1年以上先まで予約で埋まっている。

     自民党は13年、AIDで生ま…

    残り:284文字/全文:835文字



    関連
    【第三者卵子】不妊女性の希望、課題は…2人の「母親」、出自知る権利、提供リスクも
    2017.3.22 21:15
    http://www.sankei.com/life/news/170322/lif1703220064-n1.html

    引用元: ・【人工授精】自称「精子バンク」60サイト以上で規制なし、性交渉も選択肢、一方、正規の医療施設は「出自を知る権利」で減少©2ch.net

     「精子バンク」と称して精子の提供を掲げるサイトが乱立。 一方、正規の人工授精(AID)を扱う医療施設は激減 の続きを読む

    このページのトップヘ